滋賀学園2番セカンド井川翔選手!光アレルギーに負けずサングラスで甲子園で活躍!

この記事は2分で読めます

甲子園で始まったセンバツ高校野球で、サングラス姿でプレーする滋賀学園2番セカンドの井川翔選手が話題になっています。

注目の選手、井川翔選手のプロフィールや、光アレルギーになった経緯等を調べてみました。

スポンサードリンク



【井川翔選手のプロフィール】

名前: 井川 翔 (いかわ しょう)

生年月日: 1998年6月15日

年齢: 17歳

学年: 3年

出身地: 岐阜県山県市

中学校: 山県私立高富中学校

球歴: 岐阜中央ボーイズ(中学)

滋賀学園(高校)

身長: 168cm

体重: 60kg

血液型: O型

好きなプロ野球選手: 岩村明憲

好きな球団: 楽天

将来の夢: アメリカで野球をする

【井川翔選手は光アレルギー】

黒のサングラスを着用して登場した滋賀学園高校3年生の井川翔二塁手(17歳)。

サングラスをかけてプレーをする姿に、「あれ?」と思ったり、「何、格好つけてるの?」と思った人もいるかもしれないですね。

もしくは、ダイヤのAの御幸を思い浮かべた人もいるかもしれないですね。

実は、井川翔選手は光アレルギーで、サングラスの着用の許可をもらいプレーをしているんです。

井川翔選手の抱える光アレルギーとは、蛍光灯の明るさでさえも頭痛が起きてしまうほどのものなのだそうです。

井川翔選手に異変が起きたのは、高校1年生の秋でした。

目の瞬きが増え、激しい頭痛や急な眠気に襲われるようになり、学校の授業や、野球の練習に集中することが出来なくなってしまったのだそうです。

前が見えなくなるくらい気分が悪くなることもあったそうですが、病院に行っても原因は特定できませんでした。

ただ、可能性として、目に入った光がアレルギー症状を起こしているではとのことで、日常的にサングラスをかけるようになったのだそうです。

練習の時は、日差しの強さに応じて濃さの違うサングラスを使いわけているそうです。

サングラスをかけての練習は、最初は、視界が全く違うため距離感がつかめず苦労をしたそうですが、ハンデを乗り越え、見事レギュラーを獲得した井川翔選手。

20日の桐生第一との試合では、2安打2打点と大活躍でしたね。

ネットでは井川翔選手に対して、多くのコメントが寄せられています。

スポンサードリンク



【ネットの反応】

滋賀学園2番の井川翔くん 光アレルギーなんですね。 アレルギーがあっても負けず、頑張る姿かっこいい!

光アレルギーだけど、野球をやり続ける。 大変やと思うけど、彼には頑張ってほしい。

今日甲子園で出た滋賀学園の 井川選手光アレルギーで蛍光灯の光で 頭痛が起こるらしいでも活躍してたからまた次のし試合も頑張って欲しい

光アレルギーとか大変やな。夏なんてもっと大変やろね。井川選手応援やな!

ずっとサングラスかけてて御幸やん!って思ってたら光アレルギーだったとは… 頑張ってる姿すごくかっこよかったです!

今日試合に勝った滋賀学園の中にサングラスをかけた二塁手がいた。井川選手は光アレルギーで日常生活からサングラスを使っている。鋭い打球に食らいつき素早く一塁に送球していた姿を見ると、俺も頑張らないといけないなと思う。単純だけど高校野球にはそんな力がある気がする。

井川翔選手の滋賀学園は、大会1日目の第3試合に初出場し、群馬の桐生第一高校に9対5で勝って甲子園での初勝利をあげました。

井川翔選手も好打で大活躍と、ますます注目の選手になりそうですね。

2回戦もこの調子で、滋賀学園、そして井川翔選手の活躍を期待したいと思います!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ