玉置浩二の憩室炎(けいしつえん)はどこの病気?統合失調症が原因か?

この記事は2分で読めます

歌手の玉置浩二さん(57歳)が憩室炎(けいしつえん)で緊急入院したと報じられました。

約1ヶ月の休養が必要とのことで、今月の5公演の中止が公式サイトで発表されました。

玉置浩二さんの患っている憩室炎(けいしつえん)とはどこのどんな病気なのでしょうか。

統合失調症であることを公言している玉置浩二さんですが、憩室炎の原因となりうるのか調べてみました。

スポンサードリンク



【玉置浩二の憩室炎(けいしつえん)はどこの病気?】

心配なニュースが入ってきました。

玉置浩二さん(57歳)が、かねてから患っていた大腸憩室に細菌性の炎症(憩室炎)を起こしていることがわかり、緊急入院となったとのこと。幸い、抗生剤の点滴などでの治療のおかげで症状は回復に向かっているそうです。

この憩室炎、もうヒントを出してしまいましたが、大腸で起きる炎症で、激痛や熱などを伴う病気なのだそうです。

玉置浩二さんの場合も、先月の4月下旬、突然、高熱と腹痛が起きており、憩室炎の症状と合致していますね。

憩室炎なんて聞いたことのなので珍しい病気かと思いきや、近年、日本人の間でも増えている病気の一つで、特に、40歳以上の男性で多くみられる病気とのことです。

大腸のどこかに、便やガスなど内側からの圧力で外側に袋状の小さなくぼみ=憩室ができてしまい、その憩室に便などが詰まったりすることで炎症が起きてしまうのだそうです。

この憩室は、大腸の検査を受けた10人に1人は見つかるほど身近なもので、憩室が出来やすい人の特徴としては、年配者、便秘、腹筋に力をいれることが多い人だそうです。

憩室はが出来たとしても、中に何かが詰まって延焼とならなければ問題はないのだけど、この憩室は、一度出来てしまうと、治ることはほんとんどなく、一生そのままなので、いつ発症、再発する可能性もあるということです。

玉置浩二さんの場合も、かねてから大腸憩室を患っていたとのことなので、憩室が出来ていることは前々から知っていたようですね。

ですが、もし、憩室炎となったとしても、これも玉置浩二さんの場合に見るように、抗生物質と、食事療法で治療が可能だそうです。

但し、憩室炎と気づかず放置して症状がひどくなると、憩室が破れてしまい、破れた箇所から菌が体内に流れ出してしまうことになります。こうなると手術が必要となり、最悪の場合、全身に菌が回り(腹膜炎)命を脅かす可能性もあるとのことです。

スポンサードリンク



【玉置浩二の憩室炎(けいしつえん)の原因は統合失調症か?】

玉置浩二さんは自身の半生本で統合失調症であることを告白しています。

気分の浮き沈みや奇行などは、この統合失調症が原因とされています。

憩室炎の原因とされるのが、過度のストレスや、疲労が溜まって免疫機能が落ちていることなのだそうです。

統合失調症と戦いながら音楽活動を続ける中で、ストレスが溜まったり、体力、精神的にも疲れてしまったりということがどうやら原因となってしまったようです。

玉置浩二さんは現在、57歳ですから、年齢からも、体力的に疲れやすかったり免疫機能が落ちていたりということも考えられます。

素晴らしい音楽をまた聴かせてもらうためにも、十分な休養を取っていただき、我々の前に戻ってきてもらいたいものですね。6月の活動再開を楽しみに待ちたいと思います。

【玉置浩二のプロフィール】

1958年9月13日生まれ(57歳)

北海道旭川市出身

1973年『安全地帯』結成

1982年 安全地帯メジャーデビュー

1986年 俳優デビュー

1987年 ソロデビュー

1996年 『田園』大ヒット

2008年 病気療養(急性膵炎)のため活動休止

2010年 活動再開(12月)

《恋愛遍歴》

一般女性 (1983-1986)

薬師丸ひろ子 (1991-1998)

安藤さと子(1999-2007)

石原真理(2009:婚姻届不受理)

青田典子(2010-)

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ