川谷絵音嫁がベッキーに怒りの抗議文!謝罪より復帰優先で和解決裂か?

この記事は3分で読めます

川谷絵音の嫁が、5月13日のベッキー復帰の金スマを見て激怒し、ベッキー側に抗議文を送っていたことが週刊文春の取材で明らかになりました。

「(ベッキーの)タレント生命を左右する出来事が今週起きる」

芸能リポーターの井上公造さんが5月16日に予告していたことが現実に起こりましたね。

この週刊文春の一報に、ベッキーのサンミュージックは、5月2日にベッキーが川谷嫁に謝罪をした際に預かった川谷嫁の文書を公開。

川谷嫁は、「これから私も頑張るので、ベッキーさんも頑張ってくださいね」とベッキーの謝罪を受け入れていました。

でもその時、川谷嫁は、まさかベッキーが5月2日に会う前に、金スマでの復帰の収録を既に終了していたとは夢にも思わなかったことでしょう。

ベッキーの仕事復帰を優先させる身勝手な行動に、川谷嫁は謝罪の意を翻してしまったのでしょうか?

詳細をみていきたいと思います。

スポンサードリンク


【川谷絵音の嫁がベッキーに怒りの抗議文を送った経緯】

5月13日の金スマでテレビ復帰を果たしたベッキーですが、番組内での説明では、ベッキーはロケの2日前に参加することを表明していました。

それは、ベッキーが懇願していた川谷絵音の嫁と会うことが決まったからでした。

但し、川谷絵音の嫁がベッキーの謝罪を実際に受け入れてくれるまでは、ロケの放送はしないとの条件付きでした。

5月2日、川谷絵音の嫁とベッキーが1対1で会うことが実現し、川谷嫁はベッキーの謝罪を受け入れます。

川谷嫁はベッキーを許し激励していた!

サンミュージックが明かしたこの日の文章によると、

川谷絵音の嫁は、ベッキーの謝罪を受け入れ、

「これから私も頑張るので、ベッキーさんも頑張ってくださいね」

とベッキーを激励してくれていたのでした。

帰りのタクシー内では、

「ベッキーさんに言った言葉、私の本心なんですよ」

と話していたそうです。

これを聞いて私は、川谷絵音の嫁ってどんなに心の広い人だろうと感激してしまいました。

川谷絵音の嫁って、今、川谷絵音の子どもを妊娠中と聞きました。

大好きな人の初めての子を授かり幸せだったところに訪れたのは、

子どもの父親とベッキーとの不倫でした。

ネットでは、不倫の証拠を流出したのは自分ではないかと疑われるし、子どもの父親からは離婚を迫られます。

これだけの仕打ちをされたにも関わらず、よくベッキーのことを許せる気持ちになったものだと思いました。

でも、そんな川谷絵音の行為を裏切ることをベッキーはしてしまったのでした。

【ベッキーの謝罪は川谷嫁のためじゃなく自分のため?】

それは、

5月2日に会う前に、既に復帰のロケを行っていたことと、その事実を、ベッキー側は川谷絵音の嫁側に伝えていなかったのでした。

川谷絵音の嫁は、復帰のロケが、2人が会った5月2日の2日前の4月30日に既に収録していたことを、5月13日の金スマの放送で初めて知ったのでした。

いや、これは怒って当たり前だと思いませんか?

あれだけ謝罪をしたしたい、奥様の気持ちを優先させます!!みたく言ってた人が、

裏では、復帰のための収録をさっさと済ませていたわけですから。

これでは、仕事の復帰のために謝罪をしたかったのか、と思ってしまいますよね。

自分の行ったことを深く反省しているならば、仕事の前に謝罪でしょう、と川谷絵音の嫁が思っても仕方がないと思います。

もちろん、ベッキーには5億円にも上る違約金をこれから払わなければいけないという事情はわかります。

でも、結局は、自分のための謝罪だったのか、本当に謝る気持ちはあったのか、疑ってしまいますよね。

川谷絵音の嫁が騙された気持ちになり、ベッキー側に抗議文を送ったとしても私は納得してしまいました。

スポンサードリンク


芸能リポーターの井上公造氏さんが予告していたとおり、ベッキーのタレント生命を左右する出来事が週刊文春によって起こりましたね。

ベッキーの川谷絵音嫁にたいしての謝罪の気持ちは本当だろうと思いますが、一方、仕事復帰を急いでいる様子も見て取れますよね。

5月13日の金スマでの発言についても、言い訳がましかったり、自分が被害者であるような発言をしたりと、謝罪と自分養護がごちゃ混ぜであったような印象を受けました。

多分頭にあるのは、5億円の違約金のことなのでしょう。

でも、人に心から謝罪をしたいのであれば、それ以外のことを考慮にいれてはいけないと思います。

今のベッキーのままではテレビ復帰をしても思ったような活躍は出来ないのではないでしょうか。

今後のベッキーが心配でなりません。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ