野村宏伸 芸能界から干された理由と田原俊彦との再会で再びチャンスを掴んだしくじり人生とは?

この記事は7分で読めます

野村宏伸さんが、6月6日の「しくじり先生」に出演し、芸能界から干された理由と、その後のどん底生活、そして、田原俊彦さんとの再会によって再びチャンスを掴んだ人生をテレビで語ってくれました。

1980年代~90年代に20代で大ブレイクした俳優、野村宏伸は、2005年の40歳にはほぼ無職でアルバイト生活を送っていました。

詳細を見ていきましょう。

スポンサードリンク


野村宏伸 1度目の人生のどん底は幼少期

6日6日のしくじり先生こと野村宏伸は、1965年5月3日東京生まれの、現在51歳です。

生まれた実家は板橋で、父親は化学薬品工場の2代目社長の御曹司として裕福な家庭に生まれました。

自宅は約00坪の豪邸で、庭には錦鯉が泳ぐ池があり、小学校で海外旅行にも行っていたのだそうです。欲しいものはなんでも手に入る環境だったそうです。

ところが、野村宏伸が高校1年生の時に、父親の工場は不渡りを出し倒産してしまいます。

借金の取り立てから逃れるために父、母、野村宏伸、妹の4人家族は夜逃げ同然となり、一家は離散、野村宏伸は父方のいとこの家に世話になるのをはじめ、親戚の家を転々とする生活となってしまいました。

10ヶ月後、父親は破産宣告をすることで、家族4人は再び一緒に住むことができるようになりますが、以前と比べれば慎ましやかな生活を送っていました。

また優雅な生活がしたい、そう家族全員が思っていたある日、妹がある提案をしてきました。

野村宏伸 芸能界デビューは薬師丸ひろ子の相手役

それは、角川映画の俳優オーディションでした。

薬師丸ひろ子主演の映画「メイン・テーマ」の相手役のオーディションで、優勝者には賞金500万円が、推薦人には100万円が貰えるというものでした。

賞金欲しさに参加したところ、野村宏伸はなんと、2万3千人の中から見事、選ばれ芸能界デビューを果たします。

ちなみに優勝賞金で野村宏伸は車を購入したそうです。

1984年、映画は大ヒットし、野村宏伸は、「メイン・テーマ」の大東島健役で、翌年1985年に第8回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞します。

ちなみに、この「メイン・テーマ」の相手役オーディションには唐沢寿明も応募していて、最終審査まで残っていたのだそうです。

唐沢寿明以上と森田芳光監督が選んだ野村宏伸はこの翌年の1986年には角川10周年記念映画の主演に20歳で大抜擢され、その後、アイドルとしてドラマや歌と大活躍するようになります。

父親の工場の倒産から約4年での快進撃でした。

スポンサードリンク


野村宏伸 教師びんびん物語で大ブレイク

野村宏伸が大ブレイクするきっかけとなったのが、田原俊彦とコンビを組んだテレビドラマ「びんびん物語シリーズ」でした。

1988年のシリーズ2作目のフジテレビ月9ドラマ「教師びんびん物語」は、東京の小学校を舞台とした学園ドラマで、平均視聴率22.1%、最高視聴率24.9%を記録する大ヒットとなりました。

「びんびん物語シリーズ」の榎本英樹役で大ブレイクとなった野村宏伸には、CMオファーが殺到し、契約数は10社以上にのぼり、20代での最高月収は6000万円となり、正に「勝ち組」の人生を送っていました。

欲しいと思ったものは全て買える、そんな夢の生活が到来し、600万円のキャンピングカーを衝動買いするも1回使って飽きてしまったり、1年単位でメルセデス・ベンツやポルシェ等の高級車を買い替える生活を送っていました。

「お金はずっと入ってくるもの」、野村宏伸は、そんなうぬぼれた勘違いをしていたと言います。

この時からの野村宏伸の教訓がこちら、

「稼いでいる」のではなく、「稼がせてもらっている」

自分の1人の力で稼いでいるのではなく、誰かが仕事を与えてくれているからお金をもらえている。そのありがたみをしっかり心に刻んで、謙虚な気持ちを忘れずに働きましょう。

もちろん、当時の野村宏伸はそんな気持ちに行き当たるはずもなく、金銭感覚はどんどんマヒしていきます。

ついには、2億8千万円の世田谷の豪邸を衝動買いします。頭金1億円のローン払いだったそうで、建築家と打ち合わせを重ねて自分の理想を詰め込んだ家は約100坪、1階のリビングは約50畳のある3LDKで、バーベキューのできる広大な庭がありました。

当時、離婚をした母親を呼んで一緒に暮らしたそうで、母親に喜んでもらおうと10畳の巨大なお風呂場を作ったんだそうですが、あまりにも広大すぎてお湯はすぐ冷めてしまうなど寒い風呂場となってしまったそうです。浴室をはじめ冬は全部屋に暖房を入れる必要があり、光熱費が月8万円となってしまったそうです。

野村宏伸は当時の自分を、「お金で幸せを買える」と思っていたと振り返ります。

野村宏伸からの教訓その2、

「いい車」と「いい家」≠「本当の幸せ」

当時の野村は車や家というステータスにとらわれていたと言います。一時のお金の価値に惑わされず、何が幸せなのかを絶えず自問自答し、本質を見つけてほしいと訴えます。

金銭感覚はマヒし、周りにお金を頼って変な人もよってきますが、何とかしてやろうと気軽にお金を貸してしまったといいます。

野村宏伸が芸能界から干された理由とは?

高校生で何気なく受けたオーディションで芸能界デビューし、映画やドラマが大ヒットとなり、年収1億円を突破、そんな中で、野村宏伸は会社にわがままを言いたい放題の天狗になってしまいます。(次のページにつづきます

スポンサードリンク


ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 川上秀樹
    • 2016年 6月27日 0:54

    野村宏伸さんは、私が東京都府中市の区画整理事業の測量会社に就職したときに、入れ替わりでアルバイトに来ていた学生さんだとの事で、薬師丸ひろ子さんの相手役に決まってアルバイトをやめたという事を上司に聞きました。
    懐かしい昔話を思い出しました。

スポンサードリンク

カテゴリ