かつみさゆり しくじり借金の返済利息額が2億でも離婚しない夫婦愛・家族愛に感動。

この記事は10分で読めます

関西で人気の浪花の夫婦漫才師、かつみ・さゆりが6月6日放送の「しくじり先生」に出演し、今までに払った返済借金の利息額が2億円であることを明かしました。

現在も多額の借金の返済(借金残高は1億7千万円のまま!)に苦しんでいるかつみ・さゆりは、なぜ離婚をしないのか?

何をやってもうまくいかない旦那かつみを、嫁のさゆりはなぜ見捨てなかったのか?

そこには、誰もが感動の夫婦愛・家族愛がありました。

「自分の大切な家族が困ったとき見捨てますか?」

詳細を見ていきましょう。

スポンサードリンク


かつみ・さゆりの経歴プロフィール

大阪をメインとして活躍している夫婦漫才師、かつみさゆりさん。

旦那のかつみ(太平かつみ)さんは、本名、市田克彦(いちだかつひこ)。1963年2月27日京都府生まれの、現在53歳。

1985年、23歳の時に漫才コンビ「どんきほ~て」として活動し、NHK上方漫才コンテストの最優秀賞をはじめ、数々の漫才コンテストで受賞するなど、大人気の実力派漫才師として活躍していました。

嫁のさゆり(尾崎小百合)さんは、本名、市田小百合(いちださゆり、旧姓・尾崎)。1969年7月15日まれで、年齢は、現在46歳です。

神戸市長田区の出身で、丸山中学校、夢野台高等学校を卒業後、大阪音楽大学短期大学部ピアノ科へ進学するも中退しています。

っていうか、さゆりさんの現在の年齢が46歳というのが驚きでした。身長163㎝、体重45kgと美人で美脚で、40代には見えないですよね。最近はこの言葉は使われなくなりましたが、本当の美魔女ですね。

若いころはミスコン荒らしとして知られていたそうで、バラエティ番組やイベントに出演する美人タレントとして活動していました。

そんな2人は桂三枝(文枝)の番組で共演したのをきっかけに知り合い、中田カウスの勧めにより、2000年に漫才コンビ「かつみ・さゆり」を結成します。

さゆりさんの「ぼよよ~ん」のギャグで人気を博し、現在は、劇場に出たり番組のリポーターとして活躍しています。

さゆりさんと言えば、絶対音感を持っていて、特技を活かしたピアノ芸人としても活躍していますよね。

スポンサードリンク


かつみ・さゆり 借金の利息だけで2億円!

これは何の数字?として出された数字の「「2億円」。

担任役のオードリー若林は、「大体わかる。こんなわかることねーなー」と、早々に「借金(の数字)」と当てにいきますが、正解は想像を超えたものでした。

「2億円」はなんと、かつみ・さゆりが今までに払った借金の利息の総額でした。

利息だけで2億円ということは、元の借金はいくら?と思いますが、借金の総額は1億7000万円で、かつみ・さゆりはその借金を25年間返済し続けているものの、借金の元金は1円も減っていないのでした。

どうして、2人は計画的に借金を返済することが出来ないのか、その理由をかつみ・さゆりはこう説明します。

かつみは、大口を叩いて夢ばかり語る夫で、さゆりは、世間知らずで夫の言いなりになってしまう妻だと。

かつみは大資産家の3人目の愛人の子どもだった

まずはかつみさんの生い立ちを見ていきましょう。

かつみさんは、少年時代から「絶対に金持ちになったる‼」という思いを持っていました。

かつみさんは、大資産家の3人目の愛人の子どもで、生まれた時に父親は60前ぐらいで、これまで5回ほどしか会ったことがなんだそうです。

父親は大資産家だったのですが、資金援助は一切してくれず、極貧の暮らしの中、かつみさんは、いつか父親を見返してやろうと思っていました。

1980年代は漫才ブームで、億万長者になっていく漫才師を見ていたかつみは、1984年芸能界にはいり、その時に出会った相方と「どんきほ~て」という漫才コンビを結成します。前述のとおり、新人賞総なめの実力で活躍するかつみさんは売れっ子となり、結成3年目で年収1000万円を突破します。

1986年の25歳の時に2680万円の新築マンションを購入しますが、時はバブルの世の中で、半年後にマンションが完成した頃にはマンションの価値は8000万円に上がっていました。

5000万円以上の含み益を得たかつみさんには、銀行の支店長から1000万円を借りてくれないかとの依頼が来ました。

かつみさんは1000万円を借りて、その時、流行っていた株投資をはじめます。

株に投資した1000万円は半年後には5000万円に値上がりしていました。

約1年で資産が1億3000万円となったかつみさんは、自分は投資の天才や!と思うに至ります。(実際はバブルの勢いのおかげなんですけどね。)

かつみさんの快進撃はつづき3年後の28歳で資産3億円を達成します。

味をしめたかつみさんは、次の28歳から30歳までの2年間で、この3億円を10億円にしようと意気込み、資産の全てである3億円を投資につぎ込みます。

そして、この時に覚えたのが、元金の3倍の取引ができる信用取引でした。

勝負の結果は、マイナス4億7000万円となってしまい、3億円を引いた1億7000万円の借金を背負うことになってしまいました。

かつみさんは、さゆりさんと出会う前に、すでに1億7000万円の借金を作っていたのでした。

かつみとさゆり、2人の馴れ初めとは?

一方、さゆりさんの少女時代は、両親に溺愛されて育った超箱入り娘でした。(次のページにつづきます)

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ