植松聖 帝京大学で親と同じ教員を目指すも刺青で挫折の矛盾の人生とは【画像有】

この記事は5分で読めます

神奈川県相模原市緑区にある障害者施設「津久井やまゆり園」で起こった事件の犯人として植松聖(うえまつさとし)容疑者が逮捕されました。

植松聖容疑者は自身のツイッターアカウントで、犯行直後の7月26日未明に自撮りの顔写真画像のツイートをしていたことが判明しました。

植松聖容疑者は、一体、どういった人物なのでしょうか。

植松聖容疑者は、帝京大学で父親に倣い教師を目指すも、体に入れた刺青(入れ墨)が原因でその夢は挫折してしまいました。

ここでは、植松聖容疑者のTwitterの画像や投稿を参照しながら、植松聖容疑者の経歴や人生から人物像に迫りたいと思います。

スポンサードリンク


植松聖の自撮り顔写真画像とツイッターの最後の投稿

uematsu-satoshi1

世界が平和になりますように。
beautiful Japan!!!!!!
2016年7月26日02:50(@tenka333)

黒のスーツに赤いネクタイのこの男性が植松聖(うえまつさとし)容疑者(26歳)です。

Twitterへのこのツイートは、事件直後と思われる7月26日午前2時50分に投稿されたものでした。

植松聖容疑者はこの10分後の午前3時過ぎに、近くにある神奈川県津久井警察署に自ら車で乗りつけ出頭し逮捕されました。

ツイッターアカウントは、名前が「聖」、ユーザーIDが「tenka33」として、今から約2年前の2014年11月に登録したもので、初めのツイートは2014年12月14日、友達に向けてのものでした。

ツイッターには、誕生会だったり、友だちとフェスに出かけたり、ライブや海に行ったりする植松聖容疑者の様子が投稿されていて、そこにいるのは普通の20代の若者の姿でした。

uematsu-satoshi0
facebook.com
こちらはFacebookに投稿された植松聖容疑者の画像ですが、こちらにも友人と楽しそうに過ごす植松容疑者の姿がありました。
植松聖容疑者のFacebookアカウントは、現在、本人のみが閲覧できる設定となり、「このコンテンツは現在ご利用いただけません」のメッセージとなってしまいました。(植松聖容疑者のFBアカウント

植松聖容疑者とは一体、どのような人物なのか、経歴や家族から人物像に迫りたいと思います。

スポンサードリンク


植松聖(うえまつさとし)の経歴プロフィール

植松聖(うえまつさとし)容疑者は、1990年1月20日生まれの現在、26歳です。

植松聖容疑者の自宅は、「津久井やまゆり園」から500mほど離れた神奈川県相模原市緑区にある2階建ての一軒家に住んでいました。

植松聖容疑者は道ですれ違えば必ず挨拶をする明るい好青年で、近所の人からは「さとくん」と呼ばれていました。

1人っ子の植松聖容疑者はこの一軒家に20年ほど前から両親と3人で暮らしていましたが、植松聖容疑者が大学を卒業した頃、植松聖容疑者は母親と大喧嘩をしたそうで、結局、両親は家を出ていき、それ以降、植松聖容疑者が1人で暮らすようになったそうです。

植松聖、教員の父親に倣い小学校教師を目指していた

植松聖容疑者の父親は小学校の図工教師をしていて、植松聖容疑者も小さいころから小学校の教師になることを目指していました。

地元の公立の小学校、中学校を卒業後、高校は、八王子市内にある私立の調理課に進学し、バスケ部だったそうです。

部活ひとすじの高校生活でしたが、大学は帝京大学初等教育学科に現役で合格し、今から5年前の2011年には母校である相模原市立千良木小学校で教育実習を行い、小学校の教員免許を取得しました。

植松聖容疑者は、教育実習には熱心に取り組み、子供達とも楽しく会話をするなど、子供好きの明るい先生だったそうです。

その一方で、高校時代からの友人によると、植松聖容疑者は、大学に入学後、友達の影響か、服装や髪形が派手になり、人格が変わっていったと言います。

植松聖容疑者は自分を強く見せたいとの理由で、左肩から左胸にかけて金魚の刺青を入れ、性格もケンカっぱやくなっていったのだそうです。この刺青のため、小学校の教育実習ではプールの時間が困ると友人に語っていたそうです。

植松聖、刺青が原因で教員にはなれず挫折を経験

結局、この刺青がきっかけで、植松聖容疑者は小学校の教員免許を取ったものの教員としては採用されず、目指していた教師の道は断念せざるを得なくなりました。

uematsu-satoshi2
twitter.com

こちらが、植松聖容疑者がツイッターに投稿した自身の刺青(入れ墨)の画像です。
刺青は、今や背中一面にも広がっていました。

教師になることを目指していたのに、何故、刺青(入れ墨)を入れてしまったのか、好青年の一方で、素行不良の態度を見せる植松聖容疑者の二面性が見えてきました。

植松聖、特別支援学校の教員を目指し「津久井やまゆり園」で働きはじめる

小学校の教師になる夢を絶たれた植松聖容疑者は、大学卒業後は飲料メーカーに入社しますが、給料に不満を漏らし退職し、4年前の2012年12月、22歳の時に「津久井やまゆり園」の非常勤職員として働き始め、2013年4月からは常勤職員となりました。

植松聖容疑者は、大学で取得した小学校教諭免許と、障害者施設で働く経験を活かして、特別支援学校の教員になることを目指していたのでした。

ところが、今から1年ほど前あたりから、植松聖容疑者の勤務態度が次第に変わって行ったと言います。

「疲れた」「大変」「思い通りに行かない」、そして「革命を起こす」などの発言が聞かれるようになり、気味が悪いと離れていく知人もいたとのことです。

今年の2月に植松聖容疑者と会ったという知人は、植松聖容疑者はうまく会話ができず落ち着かない様子だったと言います。

そんな今年の2月、植松聖容疑者は大胆な行動に出ます。

2016年2月14日、植松聖容疑者は、政治家に直筆の手紙を渡すため、大島理森衆議院議長公邸を訪れます。
この日は日曜日だったこともあり、手紙は受け取ってもらえませんでしたが、植松聖容疑者は翌日2月15日、再び大島理森衆議院議長公邸を訪れます。この時、植松聖容疑者は土下座をするなどして動かなかったため、手紙を渡すことに成功します。

この直筆の手紙には、今回、起こした犯行を予告するような内容が含まれていたため、大島議長は警察への通報を指示し、情報は警視庁麹町署から即日、神奈川県警に渡ります。

植松聖、衆議院議長宛てに渡した手紙が理由で解雇・措置入院へ

その後、2月19日に神奈川県警は相模原市に対して、「植松聖容疑者は他人に危害を与える恐れがある」と連絡を入れます。

この連絡を受けて、「津久井やまゆり園」側は植松聖容疑者と話し合いの場を持ち、植松聖容疑者は自ら自主退職しました。

「津久井やまゆり園」の園長によると、植松聖容疑者は、近所で噂になっているような入居者への暴力は無かったそうですが、植松聖容疑者が、突然、障碍者を差別するようになった変化を認識しており、施設職員にふさわしくないと判断したとのことです。

また、この連絡をもって相模原市は、植松聖容疑者を病院の精神科に措置入院をさせます。

入院した際の尿検査で植松聖容疑者からは大麻の陽性反応が出ていたことも明らかになっています。

措置入院中は、薬物治療やカウンセリングを行い、症状が無くなったことや、植松聖容疑者本人から反省の言葉が聞かれたたため、入院先の医師が、「他人を傷つける恐れがなくなった」と診断し、植松聖容疑者は3月2日に退院し、両親と同居していたはずでした。

植松聖、退院後は周りには普通に振る舞っていた

それから4か月あまり経った7月26日未明、植松聖容疑者は犯行に及び、警察署に出頭しました。

相模原市は、「退院の判断をした時点では、症状は改善されたことや、本人の話を参考にして最善の判断をしたと思っている。しかし、結果が重大なので、厚生労働省とも相談しながら今後の対応を検討していきたい」と話しているそうです。

一週間前に植松聖容疑者と会ったという知人によると、今年の2月のように、目を見て話すことが出来ないような様子もなく、最近の植松容疑者の様子は、大分、良くなっていたといいます。

退院後は、昨年9月の交通事故の慰謝料300万円を切り崩して生活をしていると親しい友人には話していたそうですが、来月、8月1日に地元で開催される「さがみ湖湖上祭花火大会」を楽しみにしているなど特に変わった様子は無かったと言います。

どんな心境の変化があったのか、動機の解明が待たれます。

スポンサードリンク


【こちらの記事も読まれています】
ポケモンGOをダウンロードできない理由と対処法【AppStoreや対応機種など】

フライデーNHK不倫アナウンサーは誰?斉藤孝信と早川美奈が「まるごと山梨」を降板しHPから名前を削除されていた【画像有】

【得損】家事えもん「ババロアゼリー、豆腐ごまアイス、ギリシャヨーグルト」親子で一緒に作れるひんやり夏スイーツレシピ・作り方

伊藤綾子がブログで二宮和也との交際を匂わしていたことが発覚!ブログが削除となっていた【画像有】

小林麻央 聖路加病院屋上での目撃写真や東大病院ホスピスの噂から本当はどこにいるかに迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ