カラオケバトル11月23日 U-18 2016王座決定戦!優勝者と出場者の結果一覧

この記事は7分で読めます

2016年11月23日に「THE カラオケバトル U-18歌うま大甲子園2016王座決定戦 4時間SP」が放送されました。

今年2016年を盛り上げてくれた18歳以下の歌うまの年間チャンピオンを決める「U-18歌うま大甲子園2016王座決定戦」。

佐々木麻衣、堀優衣、鈴木杏奈、角田龍一の最強U-18四天王に、奄美大島の歌うま中学生・安大智、千葉の弱気高校生・西岡龍生、小学生歌姫・藤井舞乃空、歌うま小学生、九州男子ら、今年現れた強者が挑みます。

U-18の年に一度の頂上決戦の優勝者は誰となるのでしょうか。

出場者全16名の予選の曲と得点の結果一覧、そして、決勝戦で優勝者となるのは誰かまで、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


カラオケバトル11月23日 U-18歌うま大甲子園2016王座決定戦 4時間SP【予選】

出場者はA~Dまでの4つのブロックに4名づつに分かれ予選を行います。各ブロックにはU-18四天王が1人づつ配置されています。各ブロックの得点上位1位が決勝に進出することができます。

更に、予選各ブロック2位の中で一番高い得点を出した者1名が敗者復活枠で決勝に進出することができます。

決勝戦は各ブロック1位の4名と、各ブロック2位の中の最高得点者1名の計5名で争われます。

【予選Aブロック】U-18歌うま大甲子園2016王座決定戦 出場者と曲・得点結果

A-1 小豆澤英輝(あずきざわあいき)(16歳・高2)

プロ歌手のDNAを持つ島根在住の高校生
母はCDを出したことのある元プロ演歌歌手、森葉子さん
プロ歌手のDNAを持ち2歳から指導されてきた高校男子

・曲 サイレント・イヴ / 辛島美登里
・得点 98.205

A-2 稲石さくら(12歳・小6)

オーディション一発合格、千葉県柏市出身のスーパー小学生
小3から自ら音楽スクールに通い始め、2015年5月の柏ちびっこのど自慢優勝を始め、数々の歌の大会で優勝してきた強者。

・曲 みんな空の下 / 絢香
・得点 98.147

初出場の稲石さくらちゃん、小豆澤英輝くんに0.058届かず。ツイッターではこんな意見もありました。次回、リベンジを期待しています!

A-3 角田龍一(17歳・高2)

天性の歌うま U-18 四天王唯一の男子
2014年10月のU-18最強王者決定戦で、練習せずにカラオケバトル初参戦で99点超えでデビューを飾るも、未だ1冠のままで今年は6戦中4回予選落ちの大スランプ状態。リベンジを果たせるか?

・曲 さらば恋人 / 堺正章
・得点 99.152

Aブロック暫定1位!

A-4 佐久間彩加(12歳・小6)

2016年に現れたu-18の新星。趣味はトロフィー集めの小6歌姫。今年の獲得トロフィー数10本。
今年6月の「夏のu-18歌うま大甲子園SP」で角田龍一を破った実力者。小学生とは思えない歌声で今回も決勝進出なるか?

・曲 桜色舞うころ / 中島美嘉
・得点 99.747

浅倉「彩加ちゃんの凄いところは、歌の気持ちいい世界にひっぱりこまれずに、ちゃんとテンポだったりタイミングがすごい正確に歌われているところ。冷静なところ」

99.747は、これまでカラオケバトルで小学生が出した最高得点記録(鈴木杏奈ちゃんの99.625)を塗り替える快挙!音程正確率は脅威の99%でした。

Aブロックからは2016年に現れた新星・佐久間彩加ちゃんがU-18四天王の角田龍一君を撃破し決勝進出!

暫定敗者復活枠:Aブロック2位の角田龍一君(99.152)

【予選Bブロック】U-18歌うま大甲子園2016王座決定戦 出場者と曲・得点結果

B-1 石橋陽彩(ひいろ)(12歳・小6)

1万人の頂点に立った千葉県習志野市出身のスーパー小学生
avex主催キラチャレ2016での優勝をきっかけにエイベックス・アーティスト・アカデミーの特待生となる。CMに出演するなど夢への階段を上るもカラオケでは今一つ点数が伸びないのが悩みの中、Mr.カラオケバトルの林部智史が直接アドバイス。言葉の子音が弱いことを指摘され高得点を目指す。

・曲 Hero / 安室奈美恵
・得点 98.466

自己ベスト更新!

B-2 前田麻耶(18歳・高3)

カラオケバトル大好き一家歌うま娘
北海道・駒沢大学付属苫小牧高等学校に通う天真爛漫女子高生
2016年9月のU-18歌うま甲子園でカラオケバトルデビュー。圧巻の歌声で魅了した。
高音オペラ魔女、翠千賀が直接アドバイス。

・曲 500マイル(Leyona ver.) / HIS
・得点 99.203

B-3 元永航太(17歳・高2)

リベンジに燃える九州演歌男子
演歌歌手・三山ひろしの大ファン。
初出場の2015年11月のU-18歌うま甲子園では99点超えで鈴木杏奈ちゃんを予選で撃破したことあり。過去の杏奈ちゃんとの対戦成績は1勝1杯。宿敵・杏奈ちゃんを破って決勝進出なるか?

・曲 Dream / 吉幾三
・得点 99.642

自己ベスト更新で男泣き!

B-4 鈴木杏奈(12歳・中1)

U-18最年少四天王にして最年少トップ7
栃木県下都賀郡在住の中学1年生。
今回で、番組最多18回目の出場。初出場は小5、2014年5月歌うまキッズU-12。
今年2016年9月のU-18歌うま甲子園では堀優衣ちゃん不在の中、100点満点で優勝。つづく2016年間チャンピオン決定戦でも100点満点で堀優衣ちゃんを破って決勝進出を果たしトップ7入りを果たす。

・曲 あゝ無情 / アン・ルイス
・得点 99.852

0.21上回り、Bブロックからは今、最も波にのる最年少四天王・鈴木杏奈ちゃんが決勝進出!

暫定敗者復活枠:Bブロック2位の元永航太君(99.642)

スポンサーリンク


【予選Cブロック】U-18歌うま大甲子園2016王座決定戦 出場者と曲・得点結果

C-1 土屋和也(17歳・高3)

つるの剛士をリスペクト。埼玉県ふじみ野市の高校に通う謎のマジック男子。目指すは歌えるマジシャン!

・曲 M(つるの剛士ver.) / PRINCESS PRINCESS
・得点 98.274

C-2 大塚麻里奈(15歳・中3)

埼玉県春日部市在住の歌うま演歌中学生
4歳から演歌歌手として活動。うさぎの人形ももたんを相方にステージで1000曲以上の歌を披露。
小4時には第26回歌の国体・日本大衆音楽祭で当時小5の堀優衣ちゃんに勝利した実力者。

・曲 珍島物語 / 天童よしみ
・得点 95.873

C-3 安大智(14歳・中2)

城南海が絶賛する奄美大島の歌うま中学生
城南海の母校・瀬戸内町立古仁屋中学校に通う。
好きな音楽はフランク永井などのムード歌謡で、元ちとせ、中村美津子などのプロ歌手の前座に抜擢される実力者。今年9月「U-18歌うま甲子園」でカラオケバトルデビュー。力強い歌声で観客を圧倒、99点超えするも鈴木杏奈ちゃんの前に予選敗退。リベンジなるか?

・曲 おまえに / フランク永井
・得点 99.755

暫定1位となるも次に控えるは優勝候補の堀優衣ちゃん…

C-4 堀優衣(16歳・高1)

U-18四天の中で最多6冠に輝くカラオケバトル最強高校生(地元栃木県足利市)。
2016年3月プロアマの頂上決戦・春のグランプリで100点満点で優勝。その後、4月と6月の「U-18歌うま大甲子園春の3時間SP、夏の3時間Sp」で番組史上初となる3大会連続100点を獲得。
しかし、2016年間チャンピオン予選では同じブロックの鈴木杏奈ちゃん100点に対し99点台で予選2位という結果となって迎えたU-18頂上決戦。

・曲 いのちの歌 / 茉奈 佳奈
・得点 99.917

浅倉大介さんから今まで聞いたことのない歌声だったことを指摘された堀優衣さん。「今日は暖かい太目の声の印象で、今日の声はよりファンになりました」

Cブロックからは追い込まれながらも圧巻の強さで堀優衣ちゃんが決勝進出!

暫定敗者復活枠:Cブロック2位の安大智君(99.755)

【予選Dブロック】U-18歌うま大甲子園2016王座決定戦 出場者と曲・得点結果

D-1 深川史那

名門音楽塾「ヴォイス」の塾長がスカウトしたイチオシの女子高生
県内唯一の音楽科のある宮崎学園高等学校に通う女子高生。
夢はシンガーソングライターで、宮崎県宮崎市から片道4時間かけて絢香、YUI、家入レオを輩出した福岡の名門音楽塾「ヴォイス」に通う。

・曲 糸 / 中島みゆき
・得点 97.830

D-2 西岡龍生(16歳・高1)

四天王になり損ねた千葉県船橋市出身の歌うま男子
ビビリに見えながらも地元千葉県船橋市主催「千人の音楽祭」で2000人の観客を前に4年連続歌声を披露した歌うま有名人。2015年9月「都道府県対抗!ご当地歌うま王決定戦」の優勝者。今年2016年6月の夏のU-18歌うま大甲子園では四天王入りのチャンスをかけて角田君と直接対決するも惜敗、前回9月のU-18歌うま甲子園では、再び四天王入りをかけ佐々木麻衣ちゃんと対決するも敗北。四天王の座を目前にするも悔し涙を流してきた。今回、翠千賀に気合注入され強気モードで優勝を目指す。

・曲 冬が来る前に / 紙ふうせん
・得点 99.801

自己ベスト更新!
音程正確率97%、表現力95点といずれも高評価!
四天王も夢じゃなくなった!!

D-3 佐々木麻衣(15歳・中3)

王者復活を誓う最強中学生

体調不良のため欠場…

D-4 藤井舞乃空(まのあ)(11歳・小6)

過去に四天王・佐々木麻衣ちゃんを倒した浪花の小学生歌姫
新しい(他の人が歌っていない)歌で勝負して勝ちたい!と選曲にこだわりを持つ。
気合をいれるためと、高得点を出すまでデザート禁止令が母親から出る。

・曲 はじまりのとき / 絢香
・得点 99.264

本番での自己ベストを更新するも西岡龍生くんには届かず敗退。

Dブロックからは覚醒した西岡龍生くんが決勝進出!

敗者復活枠は、Cブロック2位の安大智くん(99.755)となりました。

スポンサーリンク


【決勝戦】U-18歌うま大甲子園2016王座決定戦 出場者と曲・得点結果

決勝戦ルール:予選の得点が低かった順に歌唱し、最高得点者が優勝。

1. 佐久間彩加(12歳・小6)

予選(99.747)桜色舞うころ/中島美嘉
U-18四天王・角田龍一を撃破のトロフィーハンター。

・決勝曲 Everything / MISIA
・得点 98.890

2. 安大智(14歳・中2)

予選(99.755)おまえに / フランク永井
城南海イチオシ!奄美大島の秘蔵っ子

・決勝曲 思案橋ブルース / 中井昭・高橋勝とコロラティーノ
・得点 98.954

3. 西岡龍生(16歳・高1)

予選(99.801)冬が来る前に/紙ふうせん
覚醒した四天王になり損ねた男子高生

・決勝曲 テルーの唄 / 手嶌葵
・得点 98.771

4. 鈴木杏奈(12歳・中1)

予選(99.852)あゝ無情/アン・ルイス
最年少四天王にして最年少トップ7
 
・決勝曲 White Love / SPPED
・得点 99.802

音程正確率(95%)とロングトーンが伸びれば100点だったかも。
100点ではなくて心配顔の鈴木杏奈ちゃん。

5. 堀優衣(16歳・高1)(予選:99.917)

予選(99.917)いのちの歌/茉奈 佳奈
U-18最多6冠の最強高校生

・決勝曲 アメリカ橋 / 山川豊
・得点 99.768

林部智史「今日は一番戦いたくないのが優衣ちゃんですね」
朝倉大介「本当にかんぺきだったんじゃないですか。こんな場に立たされて完璧な歌を歌える練習の積み重ね」

堀優衣ちゃんはゲストから高評価を受けるも、得点わずか0.034点差で鈴木杏奈ちゃんに届きませんでした。

「U-182016王座」の優勝者には鈴木杏奈ちゃんが輝きました!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ