バイキングレシピ!グッチ裕三「豆もやしごはん&わかめスープ」ねぎだれで箸が止まらなくなる!【11月22日】

この記事は3分で読めます

2016年11月22日放送のフジTV「バイキング」坂上忍とグッチ裕三の時短!簡単!節約晩ごはんのレシピをご紹介します。

今日の晩ごはんは「豆もやしごはん&わかめスープ」+万能ねぎだれレシピです。

豆もやしごはんとは、韓国の家庭料理で定番の炊き込みご飯で、豆もやしは食物繊維が入っていて体に良いと今、話題の食材とのこと。

豆もやしごはんに万能ねぎだれをかけると、さらに箸が止まらなくなるおいしさになるんだとか。

料理の作業時間は20分です。

スポンサーリンク


【バイキングレシピ】グッチ裕三の豆もやしごはん

見た目はシンプルながら食べたら病みつきになるお味の豆もやしごはん。
グッチ裕三さんは、韓国から帰ってきた後、1週間、毎日、この豆もやしごはんを食べていたそうです。
家計も助かる絶品レシピです。

材料(2~3人分)
米 ・・2合
豆もやし ・・1袋
塩 ・・小さじ1/2

作り方
1.下準備:豆もやしのひげ根を取る。米を研ぐ。

*豆もやしのひげ根を1本1本取るのは面倒だけど、ひげ根を取らないとおいしくならず、ココが豆もやしごはんの一番大切なポイントになります。ひげ根を取ることでえぐみが減って素材のうまみが際立ちます。

*今は新米の時期とのことで、グッチ流新米のおいしい炊き方を教えてくれました。
研いだ米を5分間水に浸けた後、ざるにあげて15分水切りをすると、周りの水が中に入って固く炊いても芯が残らない。

2.炊飯:炊飯器に研いだ米2合を入れ、塩・小さじ1/2、水は2合の目盛りよりちょっと少なめにし、ひげ根を取った豆もやしを入れ、普通炊きする。

炊き上がった豆もやしごはんは、坂上忍さん曰く「豆の生ぐささがない」、グッチ裕三さん「とうもろこしみたいな香り」とのこと。

試食では「うまーーい!!」「うまいこれ!!」を連呼。
坂上さんは豆もやしは大好きで、自宅でもナムルをよくつくるとのことで、豆もやしごはんは大絶賛でした。
豆もやしごはんと万能ねぎだれの組み合わせは「最強です!」とのことで、すぐマネしよ!とおっしゃっていました。

スポンサーリンク


【バイキングレシピ】グッチ裕三の万能ねぎだれ

グッチさんの万能ねぎだれ。今回は、豆もやしごはんにかけますが、冷奴や、焼肉のたれなど、様々な料理に合うそうです。

材料
あさつき ・・8~10本
白いりごま ・・大さじ1
白だし ・・大さじ1
醤油 ・・大さじ1
ごま油 ・・大さじ1
砂糖 ・・小さじ1
一味唐辛子 ・・少々

作り方
1.あさつき(8~10本)を小口切りにする。

2.調味料:醤油・大さじ1、風味をアップさせるごま油・大さじ1、コクを加える砂糖・小さじ1、味の決め手白だし・大さじ1を混ぜ合わせる。最後に一味唐辛子を加え、お好みの辛さにします。

*韓国では白だしは入れず、お酢を入れたりするんだそう。このあたりは自由にとのことで、今回のグッチさんは白だしでいきます。

3.2の調味料に1の小口切りをしたあさつきを加え、さらに白いりごまを加え、混ぜ合わせたら出来上がり。

【バイキングレシピ】グッチ裕三のわかめスープ

わかめのお手軽スープ。
焼肉屋さんで提供されているわけめスープを自宅でも簡単においしく作るコツを教えてくれました。

材料
わかめ ・・50g
しょうが ・・20g
ごま油 ・・大さじ2
あさつき ・・適量
白ごま ・・大さじ1

・鶏がらスープ ・・2.5カップ
湯 ・・2.5カップ
鶏がらスープの素 ・・大さじ1

作り方
1.下準備:わかめ(50g)を一口大に切る。しょうが(20g)は千切りにする。

2.鍋にごま油・大さじ2を入れたら火にかけ、千切りしたしょうがを加える。

3.しょうがの香りが油に移ったら、わかめを入れ炒める。

*ごま油でわかめを炒めるのがポイント。すごい香りが出て食感もシャキッとしおいしくしあがります。

4.鶏がらスープ2.5カップを加え、煮立ったら胡椒を少々入れて味を調える。

5.器に盛りつけて仕上げに小口切りのあさつきを散らし、白ごまをひねり潰して入れたらできあがり。

先にごま油でわかめを炒めることで香りと食感をアップさせたわかめスープ。
試食では、坂上さん曰く「豆もやしごはんとわかめスープの組み合わせはヤバイな」とのこと。
わかめの抜群の歯ごたえと、うまみというかすごい元気になる!とのことでした。

シンプルな組み合わせですが、今晩のごはんはこの2品だけでいいくらいおいしい!と太鼓判の判定でした。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ