【得損】家事えもん「ババロアゼリー、豆腐ごまアイス、ギリシャヨーグルト」ひんやり夏スイーツレシピ・作り方

この記事は3分で読めます

2016年7月28日放送の「あのニュースで得する人損する人」で、家事えもんが紹介した夏休みに親子で一緒に作れる夏のひんやりスイーツ3種類のレシピ・作り方です。

家事えもん流ひんやり夏スイーツは、材料を混ぜて冷蔵庫に入れて放っておくだけで、お店の味に大変身しちゃう、混ぜて冷やすだけの簡単に作れるスイーツレシピ3種類です。

1. ヨーグルト×ドライフルーツ=ギリシャヨーグルト
2. 豆腐×ゴマ=絶品和風アイス
3. 2層に分かれるババロアゼリー

早速、レシピを見ていきましょう。

スポンサードリンク


ドライフルーツで超濃厚ギリシャヨーグルト風スイーツ

混ぜただけには見えない家事えもん流ひんやり夏スイーツの1つ目は、ギリシャヨーグルトです。

ヨーグルトにドライフルーツを混ぜて、冷蔵庫で冷やすだけで完成です。

◎材料
・無糖のプレーンヨーグルト 1パック(450g)
・ドライフルーツ(放送ではマンゴーでした) 90g

◎作り方
①ドライフルーツをキッチンバサミで適当な大きさに切り、プレーンヨーグルトのパックの中に直接入れる。

②ヨーグルトとドライフルーツをよく混ぜる

③冷蔵庫に一晩入れれば完成

一晩冷蔵庫で置くことで、乾燥したドライフルーツがヨーグルトに含まれる水分を含むことで、普通のヨーグルトがギリシャヨーグルトのように濃厚になります。

同時に水分を吸ったドライフルーツは軟らかくなり、みずみずしくぷるっぷるになります。
更に、ドライフルーツの糖分がヨーグルトに溶け出すことで、全体が適度の甘みになります。

放送で紹介したマンゴーの他にもパイナップルやストロベリーなど、他のドライフルーツでも応用が可能です。

スポンサードリンク


和風ひんやりスヘルシーイーツ、お豆腐ごまアイス

見た目はわらび餅にも思える混ぜただけには見えない家事えもん流ひんやり夏スイーツ2つめは、豆腐にゴマを混ぜて作ったアイスです。

◎材料
・絹豆腐 1丁(150g)
・豆乳  大さじ3
・黒蜜  大さじ3
・白すりごま 大さじ3

◎作り方
①ボウルに全ての材料(絹豆腐、豆乳、黒蜜、白すりごま)を入れ、泡だて器で豆腐がペースト状になるまで混ぜます。
②一口サイズにするために、スプーンでアイストレー(製氷皿)に流し入れます。
③冷凍庫に入れて2時間放っておけば出来上がり。

食べる時に、きな粉と黒蜜をお好みでかけてください。

アイスに含まれる乳脂肪分や乳タンパク質を豆腐や豆乳に含まれる大豆油や大豆たんぱく質で代用しています。
更に、砂糖の代わりに黒蜜で甘みを加えます。
これだけだと、アイスとしてはあっさりしているため、白ごまを混ぜることでアイスに含まれる脂質を補うことができ、まろやかでコクのある味わいになります。

ゴマの風味が強いので豆腐の臭いはほぼ無くなるそうです。
スタジオで試食した柳原可奈子さん曰く、「罪悪感がないスイーツ」「食べたほうが痩せそう」とのこと。
材料が豆腐と豆乳なので、ミルクを使ったアイスよりヘルシーなのがいいですよね。

スポンサードリンク

2層に分かれる、ぷるぷるババロアゼリー

家事えもん流ひんやり夏スイーツ3つ目は、混ぜて冷やすだけで、まろやかなババロアと、さっぱりオレンジゼリーの2層に重なった、見た目も食感も楽しいババロアゼリーです。

材料を混ぜて冷蔵庫で冷やすだけなのに、ババロアとゼリーの2層に分かれる簡単レシピです。

◎材料
・牛乳 200ml
・生クリーム 200ml
・100%オレンジジュース 500ml
・砂糖 100g
・ゼラチン 20g
・卵 1個

◎作り方
①ボウルに卵を割り解きほぐし、牛乳と生クリームを加えて混ぜる(ババロアの素となる液体)
②鍋に100%オレンジジュース、ゼラチン、砂糖を入れ、沸騰させないように中火で混ぜる。砂糖とゼラチンが溶けたらOK。火を止める(オレンジゼリーの素となる液体)
③①の液体を②の鍋に全部入れ軽く混ぜる(本当に軽く混ぜる)。
④混ぜた液体をカップに入れ、冷蔵庫で2~3時間冷やしたら出来上がり。

カップに入れた液体は2つの素が混ざった状態になっていますが、3時間後にはオレンジゼリーが下、ババロアが上の2層に分かれます。

2層に分かれてくれる主な理由は、オレンジジュースに含まれる水分と、牛乳や生クリームに含まれる油分が混ざりにくいため、比重の軽い牛乳と生クリームの脂肪分は上で固まりババロアとなり、比重の重いオレンジジュースは下で固まりゼリーになります。

そして、一度、2つの液体を混ぜたことで、ババロアにもオレンジの風味が混ざり、食べやすくさっぱりとした味わいとなるんです。

ここでのポイントは、キレイな2層に分けるために、酸性の強い100%ジュースを使うことです。
ジュースの酸と牛乳や生クリームのタンパク質も混ざりにくい性質があるため、くっきりと2層に分かれることができるのだそうです。

オレンジジュース以外にも酸性のグレープフルーツやぶどう、リンゴなどの100%ジュースでも応用が可能だそうで、お好みのジュースで早速、作ってみたいですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ