カラオケバトル10月19日「大学生歌うま王決定戦」優勝者と出場者の結果一覧【動画有】

この記事は7分で読めます

2016年10月19日に「THE カラオケバトル全日本大学生歌うま王決定戦2016」が放送されました。

カラオケバトルは、先週の10月12日に2016年間チャンピオンが決定し、今回からシーズン4に突入となりました。

新シーズンの開幕戦は新たな歌うま王を求めての新企画で、大学日本一の決定戦となりました。

東京大学からは理科3類の医学部に通う高音オペラ女学生が、京都大学からはレーザー光線を研究するイケメンボイスの秀才男子が、更に日本一のアカペラ女王(フェリス女学院)、東京芸術大学声楽科の超本格派のエリート学生らが、大学生歌うま王の称号を懸けて熱いバトルを繰り広げます。

新シーズン初の大学生歌うま王優勝者は誰になるのでしょうか、全出場者の名前と曲、得点とともに結果を追っていきます。

スポンサードリンク


カラオケバトル10月19日「全日本大学生歌うま王決定戦」2016予選

全日本大学生歌うま王決定戦2016の出場者は、A~Cの3つのブロックに4名づつ分かれて予選を行います。各ブロックの得点上位1名が決勝に進出することができます。

大学生歌うま王予選Aブロック出場者と選曲・得点結果

Aブロックは東京大学対京都大学のスーパーエリートが早くも大激突、対抗馬として、今大会、唯一の体育会系女子が挑みます。

A-1 龍田ももこ(東京大学4年生)
超エリート!東大医学部のオペラ女子
東大の中でもわずか3%しかいない最難関の理Ⅲに現役で合格した才女。
医療以外に東大1年生の時からオペラが学べるゼミに所属してイタリアオペラの歌唱法を研究してきた。

・曲 さよならの夏~コクリコ坂から~ / 手嶌葵
・得点 97.229

A-2 内田栄輝(京都大学4年生)
東大vs京大ライバル対決!秀才理系男子
京都大学理学部でレーザー光線を使って様々な物の性質を調べる研究を行っている。
音楽プロデューサーのヒャダインがかつて所属していた関西最古のアカペラサークル「Crazy Clef」で2年連続男性リードボーカル部門1位の実力者。

・曲 Story / AI
・得点 97.255

0.026上回って東大vs京大対決は、京大の勝利に!

A-3 白坂絢奈(日本女子体育大学1年生)
今大会唯一の体育会系女子!親子2代で参戦の歌うまライフセーバー
日本女子体育大学には、女優の土屋太鳳や、新体操・リオ五輪代表の畠山愛里が現役で在学中。
ラブセービング部に所属で、夏場は海水浴場に常駐しお客さんの安全を守っている。
将来の夢は体育の先生か歌手。
母親はカラオケバトルに過去2度出場し99点台を叩きだした実力者の遠藤かおりさん。

・曲 空と君のあいだに(絢香ver.) / 中島みゆき
・得点 97.545

0.29上回って体育会系女子が京大秀才男子に勝つ!

A-4 上野友梨奈(立教大学4年生)
就活を放棄!歌手を夢見る女子大生
東京6大学の1つの名門立教大学で異文化コミュニケーション学部に在籍し、海外の語学や文化について研究している。
幼いころの夢は歌える女優さん。就職活動を辞め、カラオケバトルにラストチャンスをかける。

・曲 恋の予感 / 安全地帯
・得点 98.021

0.476上回って、立教大学4年生の上野友梨奈さんが、Aブロックから決勝に進出決定!

大学生歌うま王予選Bブロック出場者と選曲・得点結果

Bブロック注目は、謎の個性派女子大生vs優勝候補大本命の東京芸術大学から本格派歌うまが2名も参戦!

B-1 東出紗世子(法政大学1年生)
アイドル志望の個性派女子
法政大学人間環境学部に学ぶ女子大生だが、小学6年生からの夢はアイドル歌手。
これまで100回以上オーディションを受け落選するも夢を諦めきれないでいる。
かつてカラオケバトルに歌わないで踊るだけの動画を送ってきて、その強すぎる個性が認められ2015年4月のU-18最強王者決定戦で番組デビュー。大学生王者となるべく、カラオケバトルに帰ってきて、99点超えを目指す。

・曲 SWEET MEORIES / 松田聖子
・得点 98.551

歌の前の怪しいポーズや独特の魅力に柳原可奈子や室井佑月が「ファンになりそう」とコメント。

B-2 間聖次郎(東京藝術大学1年生)
優勝候補!U-18大会卒の藝大ミュージカルエリート
坂本龍一や、葉加瀬太郎らを輩出した藝大音楽学部に通う。
わずか4歳で舞台デビュー、10歳の時にライオンキングに出演し主役シンバの子供時代を2年半に渡り熱演したミュージカル界のエリート。18歳で芸歴14年!
番組デビューとなった2015年8月のU-18歌うま甲子園ではその圧倒的な声量と歌唱力を誰もが絶賛した。

・曲 ラヴ・イズ・オーヴァー(つるの剛士ver.) / 欧陽菲菲
・得点 98.185

優勝候補の藝大エリートが予選でまさかの敗退に!
間さん「この点数は正直初めてでして・・・」
点数が低かった原因はビブラートが不安定だと判定され、ロングトーンの評価を落としてしまったからだそうです。

B-3 長嶋李菜(札幌医科大学4年生)
目指すは看護師シンガー!どさんこ看護学生
看護師試験合格率13年連続100%の札幌医科大学看護学科に通う4年生は地元では有名な歌うまで、全国のアカペラシンガーが憧れる「ハモネプ」に出場した逸材。1人で複数のパートを歌い録音し同時再生する動画で注目となった。

・曲 変わらないもの / 奥華子
・得点 96.815

長嶋李菜さんは残念ながら予選敗退となりました。

B-4 山崎真礼(まあや)(東京藝術大学4年生)
プロのオペラ歌手を目指すエリートソプラノ音大生
地元は滋賀県、高校生の時から第28回滋賀県高校生声楽コンクール独唱の部優勝など輝かしい成績を修め、藝大在学中も多くのコンテストで優秀な成績を残し、ドイツ留学も経験のプロのオペラ歌手を目指す超エリート藝大生。
藝大後輩の間さんの雪辱を果たすため、藝大の名誉のために勝ちに行く!

・曲 Time to Say Goodbye / サラ・ブライトマン
・得点 98.179

圧巻の歌声を見せつけるも、カラオケ採点機の結果は98.179と予選敗退となりました。

Bブロックからは異色の女子大生、東出紗世子さん政大学1年生)が決勝進出!

スポンサードリンク


大学生歌うま王予選Cブロック出場者と選曲・得点結果

Cブロック注目は、大学院で建築を学ぶ理系女子がなんと、渋谷で人気のシンガーソングライターだったり、名門女子大に通うお嬢様が今大会の優勝候補の1人の日本一のアカペラ女王だったりとまだまだ逸材が登場します!

C-1 多田海人(早稲田大学4年生)
早大No1のアカペラ男子
早稲田大学商学部でマーケティングや経済学、会計学を学び、ゼミでは世界のエネルギー情勢を研究し、来年春からは大手不動産会社に就職予定で国家資格宅地建物取引士を目指す。
早稲田大学公認のアカペラサークル「Choco Crunch」で幹部として活躍し、今年、早大生の歌うまナンバー1に輝いた逸材。

・曲 Only Human / K
・得点 97.713

C-2 野田愛実(えみ)(明治大学大学院1年生)
女子高生が大注目!渋谷系大学院生シンガー
東京6大学の1つ明治大学の理系学生が学ぶ生田キャンパス通い建築学科卒業後、大学院理工学研究科建築学専攻に進学したバリバリの建築女子。
もう一つの顔が、シンガーソングライターで、2015年にインディーズデビューを果たし東京と名古屋を中心に歌手活動をスタート。昨年11月には渋谷の女子高生が次に来る若手アーティストを選ぶクルコレランキングで2位を獲得。2016年にはソロシンガーながら注目したいガールズバンド10選に選ばれる。

・曲 ビリーブ / シェネル
・得点 97.628

わずか0.085届かず予選敗退。

浅倉大介さん「愛実さんのオリジナル曲を聴いてみたくなりました。もっとオリジナリティな歌い方があるんだろうな」と期待のコメントが。

C-3 内藤加菜(東北大学4年生)
一度は閉ざされた音楽の道へ再び!苦労人国立大学生
宮城県仙台市にある国立東北大学の文学部に通う4年生。
3歳からヴァイオリンを学び、幼少期はプロのヴァイオリニストを夢見た。ところが9年前の中学生時代に家庭の事情で貧乏英活になり、音楽の道を諦めざるをえなくなった。お金に余裕が無い為、大学は国立と決意、当時、勉強は苦手だったが、猛勉強し一浪して東北大学に合格。生活のため平日はアルバイトを3つ掛け持ちしている。

・曲 じょんから女節 / 長山洋子
・得点 98.084

内藤加菜さんが、早大4年の多田海人さん(97.713)を上回り暫定1位へ!

C-4 木村文香(フェリス女学院大学4年生)
優勝候補!日本一のアカペラ女王
フェリス女子学院大学音楽学部4年生のお嬢様は、日本最大級のアカペラコンテスト「JAM(Japan Acappella Movement)」で2015年男女婚制グループ「たむらまろ」のリードボーカルとして出場し200組の中から優勝を果たしたアカペラ界ではちょっとした有名人。
2016年7月のチャンピオンズカップ2016に出場するも予選敗退で悔しい経験をし、雪辱に闘志を燃やす。

・曲 カブトムシ / aiko
・得点 98.232

0.148上回って、木村文香さん(フェリス女学院大学)が決勝進出!

カラオケバトル10月19日「全日本大学生歌うま王決定戦」2016決勝戦・優勝者と選曲、得点結果

決勝戦は、予選とは違う曲を歌い、最高得点者が優勝となります。決勝戦は女子大生バトルとなりました。初代大学生チャンピオンがいよいよ決定です。

A 上野友梨奈(立教大学4年生)
就職活動を放棄し、歌手を夢見る崖っぷち女子大生シンガー

・決勝曲 栄光の架橋 / ゆず
・得点 98.723

B 東出紗世子(法政大学1年生)
アイドルシンガーソングライターを夢見る異次元歌姫

・決勝曲 部屋とYシャツと私 / 平松愛理
・得点 98.448

C 木村文香さん(フェリス女学院大学4年生)
アカペラ日本一が初代大学日本一も獲りにいく!

・決勝曲 ひこうき雲 / 荒井由実
・得点 98.124

優勝は立教大学の上野友梨奈さん!
上野友梨奈さんが初出場で初優勝、初代の大学日本一の歌うま王となりました。

次回のカラオケバトルは、シーズン4プロ初戦「最強女子ボーカリストNo.1決定戦5」が11月2日(水)よる6時55分から放送されます。

森恵さん、EMILYさん、RiRikaさんの他、乃木坂46の歌姫、川村真洋(ろってぃー)さんやmisonoさんも出演されます。次回も見逃せませんね!

スポンサードリンク


【関連記事】
カラオケバトル11月23日「U-18歌うま大甲子園2016王座決定戦」優勝者と出場者の結果一覧

カラオケバトル11月16日「全国統一2016最強歌うま王決定戦」優勝者と出場者の結果一覧

カラオケバトル11月2日「最強女子ボーカリストNo.1決定戦5」優勝者と出場者の結果一覧【動画有】

カラオケバトル10月12日「2016年間チャンピオン決定戦」優勝者と出場者の結果一覧【動画有】

カラオケバトル9月28日「歌の異種格闘技戦12」優勝者と出場者の結果一覧

カラオケバトル9月7日「U-18 歌うま甲子園」優勝者と出場者の結果一覧「U-18 四天王入れ替えなるか?」

カラオケバトル8月17日「最強歌うま王決定戦」優勝者と出場者の結果一覧

カラオケバトル7月27日「歌の異種格闘技戦11」城南海の11冠優勝なるか?出場者と結果一覧

カラオケバトル6月22日「U-18歌うま大甲子園」優勝者と結果一覧【画像・動画あり】

カラオケバトルSPテレビ東京 優勝は城南海!結果速報【6月1日 最強女子ボーカリストNO.1決定戦3】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ