小林麻央の病院はどこ?聖路加や愛育ではなく海老蔵、團十郎も世話になった虎の門病院か

この記事は3分で読めます

進行性の乳がんである小林麻央さんが、がん治療で入院・通院している病院はどこなのでしょうか。

進行具合が比較的深刻なステージⅢと推測される麻央さんの乳がんの場合、専門的な治療が必要となってきます。

小林麻央さんの住んでいる目黒区や、海老蔵さんの仕事場の歌舞伎座の住所から、愛育病院や聖路加国際病院が候補にあがっていますが、海老蔵さんや、亡き父親の市川團十郎さんもお世話になった市川家のかかりつけとも言える虎ノ門病院も候補にあがっています。

詳細を見ていきましょう。

スポンサードリンク


小林麻央 進行性乳がんで病院に極秘入院していた

小林麻央さんは、市川海老蔵さんと共に受けた人間ドックがきっかけで、約1年8カ月前に進行性の乳がんであることがわかり、がん治療のため病院に極秘入院しました。

麻央さんはこれまで病院で手術はしておらず、抗がん剤治療を中心に行っていることから、乳がんが発覚した時には既にステージⅢ以降であったことが推測されます。

現在は、病院に通院という形で、抗がん剤治療を継続していますが、体調が悪くなるようであれば、再び、入院もあり得るような状態です。

小林麻央 極秘入院した病院はどこ?

小林麻央さんが極秘入院した病院については、愛育病院や聖路加国際病院が候補にあがっています。

愛育病院は多くの芸能人やセレブが出産をする病院として有名な病院で、女性ドックや乳腺外科もあることから候補にあがっていますが、現在は、港区芝浦に移転したことや、麻央さんが出産したのは愛育病院ではないため、関係性は薄いと判断します。(小林麻央さんは、自宅近くの上目黒にある育良クリニックで出産されたというのが一般的に言われています。)

海老蔵さんと麻央さんのご自宅のあるとされる東京目黒区青葉台から愛育病院への地図になります。

がん治療に強く、海老蔵さんや梨園の妻である麻央さんの仕事場である歌舞伎座の近くの病院といえば、聖路加国際病院、国立がん研究センター中央病院、がん研有明病院があります。

その中でも、聖路加国際病院は、最新の設備でフルの人間ドックが出来ると好評の病院ですので、夫婦ともに良く人間ドックに行っていたという海老蔵さんと麻央さんが、まずどこで人間ドックを受けていたかの段階で、聖路加国際病院を選んだ可能性が高いです。

夫婦ともに検診を受け、その後、要検査となり、進行がんが見つかったため、そのまま最新のがん治療を誇る聖路加国際病院に極秘入院ということは大いにありそうです。

歌舞伎座から聖路加病院への地図になります。

ですが、それであれば、ほぼ同じ条件を持ち、海老蔵さんや、亡き父親である市川團十郎さんがお世話になった虎の門病院も候補に挙がってきます。

スポンサードリンク


小林麻央 極秘入院した病院は虎の門病院か

虎の門病院は、市川家と縁が深く、2010年11月に市川海老蔵さんが暴行を受け大けがをしたときに搬送されたのが、この虎ノ門病院でした。

また、白血病となった亡き市川團十郎さんの主治医がいたのも虎の門病院でした。

市川海老蔵さんは、父親の市川團十郎さんの影響で人間ドックをよくやるようになったとのことですから、人間ドックは市川家のかかりつけの病院と言って良い虎の門病院で受けていた可能性が高いと思われます。

そうなれば、虎の門病院の人間ドックで、がんの兆候が発見されて、同病院で精密検査を受けて、結果、同病院に極秘入院となったとするのが自然の流れかと思います。

虎の門病院は、乳腺・内分泌外科、および、臨床腫瘍科があり、乳がん治療の評判も良いです。

病院側も市川團十郎さんの入院時しかり、海老蔵さんの入院時しかりで、市川家の人々が入院した経験があることから、一番、麻央さんとしても信頼がおける病院だと思います。

ちなみにこちらが2010年に海老蔵さんが左頬陥没骨折の整復手術をした3日後に、虎の門病院の屋上8階の遊歩場にいるところを撮られことがありましたよね。

こちらがその時の画像で、病院の屋上で大きなマスクにニット帽のパジャマ姿で日向ぼっこする海老蔵さんと麻央さんの姿です。

ebizo-byoin

現在の麻央さんの入院の姿で、聖路加国際病院の屋上などと間違って伝えているサイトがありますのが、こちらは2010年のものです。

小林麻央は聖路加国際病院から慶応義塾大学病院に転院したのか

その後の報道で、小林麻央さんは少なくとも3回病院を変えて転院をしていることが報じられました。

乳がん発覚当初、通院していた病院、そして、その後、2016年7月まで入院していた病院、そして、現在、入院している病院です。

2つめの病院は、乳がん治療に特化した「ブレストセンター」が設置されている他、患者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)優先の自分らしく生きることを手助けする「緩和ケア科」があるとのとこで、この病院は、築地の聖路加国際病院であることが伝えられています。

そして、2016年7月に転院したのは、都心にあり、著名人も多数う通う病院で、「低侵襲治療」のトップっクラスとのことで、こちらは慶應義塾大学病院であると噂されています。

小林麻央さん通院・入院していた病院がどこであるのかの更なる情報は、こちらの記事をご参照ください。

小林麻央 聖路加病院屋上での目撃写真や東大病院ホスピスの噂から本当はどこにいるかに迫る!

小林麻央さんの一日も早い回復を心よりお祈り申し上げます。

スポンサードリンク


【関連記事】
小林麻央の余命は夏までの3ヶ月…腹水写真はステージⅣのリンパや肝臓転移なのか?

市川海老蔵ブログでの小林麻央の最後の画像はいつ?息子と一緒の姿が胸をうつ

【こちらの記事も読まれています】
嵐の二宮和也熱愛の彼女、伊藤綾子はどんな人?2人はVS嵐で共演していた!【画像有】

伊藤綾子がブログで二宮和也との交際を匂わしていたことが発覚!ブログが削除となっていた【画像有】

フライデーNHK不倫アナウンサーは誰?斉藤孝信と早川美奈が「まるごと山梨」を降板しHPから名前を削除されていた【画像有】

世界一のイケメン、13歳のオーストラリアの美男子の名前はウィリアム!【画像有】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ