ポケビジョン・PokeWhereが使えない代わりにP-GO SEARCHが人気に!【ポケモンGO】

この記事は2分で読めます

ポケモンGOのポケモンの位置を表示してくれる「ポケビジョン」や「PokeWhere」アプリが、7月31日のポケモンGOのアップデートと同じタイミングで、運営側から規制対策されたようで、使えなくなってしまいました。

ところが、同じようにポケモンの位置をリアルタイムで表示してくれる日本語対応の「P-GO SEARCH」は対策から逃れることができたようで、現在も使えると人気となっています。

詳細を見ていきましょう。

スポンサードリンク


ポケビジョン(pokevision)とPokeWhereが対策され使えない状態に

ポケモンGO運営側の対策を受け、現在、ポケビジョンにアクセスすると、

pokevision

「現在、サービスはご利用できません。最新情報はTwitterで確認してください。」のメッセージが表示され、使えない状態です。

PokeWhereアプリも同じように、使用することが出来なくなりました。
Twitterでは、PokeWhereが、現在、復旧にあたって作業中であることを定期的にお知らせしてくれています。

スポンサードリンク


「P-GO SEARCH」が現在でも使用でき人気に!

ポケビジョンとPokeWhereが使えなくなってしまいましたが、同じようにポケモンの位置をリアルタイムで表示してくれる日本語対応のサービス「P-GO SEARCH」が今も使えると人気になっています。

「P-GO SEARCH」は、Android向けには専用アプリが、iPhoneでは、サイトから利用が可能となっています。

「P-GO SEARCH」Androidアプリ

iOS端末用「P-GO Search」サイト

「P-GO SEARCH」の使い方

p-go-search0

1.アプリ、サイトが表示されたら右上の「GPS」をタップします。

2.「GPS」ボタンが「常時即位中」となり現在位置が表示されたら、左上の「捜索開始」をタップします。

3.30秒~1分くらいで、現在地の周辺範囲約3~4kmにいるポケモンの位置が表示されます。

地図上に表示されたポケモンをタップすると、「ポケモンの名前」「消滅時間」「消滅までの分数」「現在地からポケモンまでの距離とかかる分数」の情報を観ることができます。

*ポケビジョン、PokeWhereが使えなくなったことにより、「P-GO SEARCH」の利用者が増えたため、「捜査ができませんでした」となることも多いようです。

*8月4日現在、GoogleMapsAPIの利用回数超過、OSMの利用回数超過で「P-GO SEARCH」も利用できなくなってしまっています。現在、対応中とのことです。

ポケビジョン、PokeWhereも現在、復旧作業中とのことで、使用が可能となった際は、逐次、記事をアップデートしていきます。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ