【得損】黒いバナナで濃厚レアチーズケーキレシピ!簡単ゼラチン・砂糖なしの作り方

この記事は2分で読めます

黒いバナナを使って、レアチーズケーキをゼラチンと砂糖なしで簡単に作れるレシピです。

6月16日放送の「得する人損する人」で紹介され、黒く変色したバナナが嫌いという坂上忍さんが、今までのデザート編の中でもかなり上位だと高評価をつけたレシピです。

想像よりだいぶ超えていたという噂のレシピを、早速、見ていきましょう。

スポンサードリンク


黒いバナナレシピ ゼラチン・砂糖なしで本格レアチーズケーキの作り方

kuroibanana

レアチーズケーキと言えば、濃厚な甘みと、口の中に入れた時の滑らかな食感が魅力的なデザートです。

「濃厚な甘み」と「なめらかな食感」を生み出しているのが、「砂糖」と「ゼラチン」なのですが、

食べるときに敬遠しがちな黒く変色したバナナを使えば、「砂糖」も「ゼラチン」も使わずに、簡単に本格レアチーズケーキが作れちゃいます。

スポンサードリンク


◎材料

黒く変色したバナナ 1本
牛乳        100ml
クリームチーズ   100g
レモン汁      大さじ1

◎作り方

1.バナナの皮をむく

2.むいたバナナを耐熱ボウルに入れ、500Wの電子レンジで2分30秒加熱する

バナナは溶けて形が崩れていればOK。

3.チンしたバナナ、牛乳、クリームチーズ、レモン汁をミキサーへ入れ30秒。

4.カップに移し替えて、冷蔵庫で2時間冷やせば出来上がり。

坂上忍さん曰く、「ちょっと待って! これ相当レアチーズになってない?」

子供たちも、「ケーキ屋さんで売ってるレアチーズケーキと全く同じ!」

と、想像以上の美味しさにびっくりしていました。

スポンサードリンク


黒いバナナでゼラチン・砂糖ナシで本格レアチーズケーキが作れる秘密

黒いバナナがあれば、なぜ、ゼラチンと砂糖ナシで本格的なレアチーズケーキができるのでしょうか。

その理由は、バナナに含まれているペクチンとショ糖です。

まずは、バナナのペクチンですが、

ペクチンは食物繊維の一種で、カルシウムに触れるとゼリー状に固まる性質があるんです。

バナナのペクチンと牛乳やクリームチーズに含まれているカルシウムが結合して固まってくれるのです。

しかも、熟成が進むにつれて、バナナの中のペクチンの量は増えるので、レアチーズケーキを作るには黒いバナナのほうがいいんです。

更に、電子レンジでバナナを加熱することで、バナナの細胞が柔らかくなり、より多くのペクチンが溶け出します。

それにより、しっとりなめらかに固めることができるのです。

そして、バナナのショ糖、

バナナに含まれているショ糖は、濃厚な甘みを持つ糖分なんです。

砂糖を使わなくても黒いバナナの自然の甘みで、濃厚なのにヘルシーな本格レアチーズケーキができるというわけです。

もちろん、このテクニックは「得ワザ」認定となりました。

楽天レアチーズケーキランキング1位

ルタオ LeTAO 奇跡の口どけセット
ドゥーブルフロマージュ+選べる1品

【こちらも読まれています】
【得損】煮込みハンバーグが15分で簡単に作れるアルミホイルレシピ【作ってみた画像あり】

ギャル曽根人気レシピ!揚げ焼き手羽先の甘辛炒め【ナイナイアンサー家呑み】6月7日

ギャル曽根人気レシピ!炊飯器シンガポールチキンライス【ナイナイアンサー家呑み】6月7日

スーパーのうなぎの美味しい食べ方!水洗いとほうじ茶でふっくらで炭火焼きの香りが再現できる!

【ナイナイアンサー】梅干しと(小豆)あずきスープダイエットの作り方・レシピ【5月10日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ