【しくじり先生】長江健次が不義理を全告白!萩本欽一、さんま、鶴瓶との絶縁の真相を明かす

この記事は10分で読めます

長江健次さんが、2016年8月8日の「しくじり先生」に出演して、萩本欽一さんへの不義理から欽ちゃんと30年間、絶縁していたことを告白しました。

長江健次さんは、萩本欽一さんだけでなく、明石家さんまさん、笑福亭鶴瓶さんにも不義理をしてしまったことも明かしました。

欽ドンの普通の子「フツオ」として大ブレイクしたイモ欽トリオの長江健次さんは、一体、どんな不義理をしてしまったのでしょうか。

不義理の挙句、5年前には、嫁、子供がいるのにもかかわらず、仕事ゼロ、収入ゼロと干されてしまった理由をテレビで初告白しました。

スポンサードリンク


長江健次、いちびりから「欽ドン!」のフツオ役で国民的スターへ

長江健次さんは、1964年7月17日大阪府生まれの現在、52歳です。

子供のころの長江健次さんは、関西で俗に言う「いちびり(お調子者、目立ちたがり屋、調子に乗る)」で、中学時代は、素人参加番組に出演してはモノマネや女装をする目立ちたがり屋の少年で、中学卒業後は吉本興業に入ろうと思っていました。

大阪の中学生の中では「俺が一番オモロインや!」と信じて疑わない少年でした。

そんな中学3年生の時、ある素人番組に参加していた時、審査員の席から、笑いをとっていた明石家さんまさんに出会います。

自分と同じくらい面白い人がいる!と思った長江健次さんは、明石家さんまさんに「芸能界に入りたいんです!弟子入りしたいんです!」と伝えたところ、さんまさんは「長江、高校ぐらいはでとけや」と言われ、さんまさんの言葉に従い、長江健次さんは高校に進学することにしました。

そんな長江健次さんに人生の転機が訪れたのは、高校1年生の時でした。

当時、全国ネットで大人気だった「銀ドン!」がリニューアルするとして、「良い子 悪い子 普通の子」のオーディションの誘いを受けたのでした。

長江健次さんは、東京でオーディションを受けますが、「不合格」となりました。

萩本欽一さんはリアル感を追求するタイプのため、「俺オモロイでしょ」感が全身からにじみ出ている長江健次さんのことを一瞬で見抜き、長江健次さんは一言発しただけで不合格になったんだと思ったそうです。

ところが、大阪に帰る準備をしていた長江健次さんはスタッフに呼び止められ、再び、萩本欽一さんの前に連れていかれ、「やっぱり君でいいや」と、なんと合格となったのでした。

どうやら、当初、「良い子 悪い子 普通の子」は男性2名、女性1名で合格者が決定していたのですが、企画が急きょ変わり男性3名で行こうとなり、慌てたスタッフが誰か残っていないかと探していた時、芸能人にサインをもらおうとさっさと帰らずにウロウロしていた長江健次さんを見つけたというのです。

つまり、長江健次さんは、その場に残っていただけで、受かったのだそうです。

萩本欽一さんは、こういった『運』を大事にする方だそうで、「欽ちゃんのどこまでやるの!?」の見栄晴さんは、じゃんけんで勝ったため合格となり、「欽ドン!良い子 悪い子 普通の子 おまけの子」の柳葉敏郎さんは、自宅に電話した時に出たので合格となったのだそうです。

長江健次さんは、オーディションに合格した翌年の1981年、高校2年生の17歳の時に「欽ドン!良い子 悪い子 普通の子」のフツオ役でデビューします。

萩本欽一さん司会の公開バラエティ番組「欽ドン!良い子 悪い子 普通の子」は、最高視聴率は38.8%を記録し、長江健次さんは、その愛くるしい弟キャラで、瞬く間にお茶の間の人気者となっていきました。

更に、萩本欽一さんプロデュースの元、ヨシオ役の山口良一さん(当時26歳)、ワルオ役の西山浩司さん(当時21位歳)とイモ欽トリオを結成し、デビュー曲の「ハイスクールララバイ」は、TBS「ザ・ベストテン」で8週連続1位の快挙を遂げ、100万枚を超える大ヒットとなりました。

長江健次さんはそのイモ欽トリオのメインボーカルを務め国民的スターになっていきました。

そんな長江健次さんのしくじりの数字が「30年」なのですが、この30年はなんと生みの親である萩本欽一さんと絶縁していた期間でした。

これには「しくじり先生」に生徒役で出演していた関根勤さんも「初めて聞いたよ!」とびっくりしていました。

長江健次さんと萩本欽一さんの間に何があったのでしょうか。

スポンサードリンク


長江健次 自分が一番面白いと勘違い行動とは

「欽ドン!」の1回目の収録前日、12時間に及ぶリハーサルで、長江健次さんは本番でミスしないようにとコントの台詞を徹底的に覚えて収録本番に臨みました。

ところが、公開衆力の本番で萩本欽一さんはアドリブで台詞を変えてきたのでした。

(えええーー・・・)となった長江健次さんに、萩本欽一さんは、

「フツオ、台詞忘れたの?後ろで見て来なさい」と言ったのでした。

会場は大爆笑となりました。

全ては萩本欽一さんの狙いだったのです。

素人である長江健次さんが素でいる姿が一番、ウケることを分かっていた萩本欽一さんの演出だったのでした。

本来であれば、ありがたい演出と思うべきところ、若かった長江健次さんは、「欽のやろう、ハメやがったな、覚えてやがれ!」と怒りの心境になったのでした。

笑いを取りたかった長江健次さんは、恥をかかされたと思ってしまったのでした。

勘違いをしていた長江健次さんは、こうなったら笑いをとってやろうと、次の出番に大胆な反撃に出ます。

長江健次さんは、アドリブで萩本欽一さんのハゲヅラをひっぱたいたのでした。

会場は爆笑となり、裏に戻って長江健次さんはガッツポーズをしたそうですが、当然のことながら、本番終了後に萩本欽一さんに呼ばれます。

萩本欽一さんは開口一番、「フツオ どうするの?」と聞いてきたんだそうです。

長江健次さんはもちろん謝ったのですが、萩本欽一さんが言いたいのは別のことでした。

長江健次さんの役は、3段落ちのフリ役のフツオでした。

そんなフツオが大ウケしたのは良いけれど、来週はもっと凄いことをしないとウケない、フツオの後にはヨシオと落ち役のワルオが控えているのに、フツオがそれをやってどうするの?と延々と説明となったんだそうです。

萩本欽一さんからの説明を受けても、若かった長江健次さんは理解をすることが出来ませんでした。

「東京のヤツ、分かってへんわ」
「俺一人でやったほうがオオロイやん」
「イモ欽トリオでは、本来の俺の良さでてないやん」

そう思うようになっていきました。

笑いのフリしか出来ないフツオ役にも不満を持つようになっていきました。

気持ちが抑えられなくなった長江健次さんは、高校3年の夏、萩本欽一さんにこう言ったのでした。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ