砂津保育園 佐藤良子かみつき園長の評判と場所はどこ?【画像】過去にも2度改善指導をされていた

この記事は3分で読めます

砂津保育園の佐藤良子(さとうよしこ)園長(75歳)が、2歳の園児の腕にかみついたりなどの暴行を加えけがをさせたとして傷害容疑で逮捕されました。佐藤良子園長とはどのような人物なのでしょうか。園長や砂津保育園の評判や画像、場所がどこなのか調べてみました。

砂津保育園の佐藤良子園長は過去にも市から改善指導をされていました。その内容も合わせて確認していきたいと思います。

スポンサーリンク


砂津保育園 佐藤良子園長が逮捕

逮捕されたのは、福岡県北九州市小倉北区にある認可外の保育施設「砂津保育園」の園長、佐藤良子(さとうよしこ)容疑者75歳です。

佐藤良子園長は、先月5月5日午後5時から約20分間、自身の運営する砂津保育園の休憩室で、預けられていた福岡県中間市の2歳の男児の頬を平手打ちするなど暴行し、さらに、左腕2か所にかみついて、顔や腕に2週間の外来通院を必要とするけがを負わせた疑いがあるとして、福岡県警小倉北署に傷害容疑で逮捕されました。

当時、男児は他の園児2人とじゃれ合っていて、言うことを聞かなかったとして佐藤良子園長が男児に暴行をする様子を関係者数人が目撃していたということです。

警察の調べに対し佐藤良子園長は「かんでもたたいてもいません」と容疑を否認しているそうです。

北九州市によると、砂津保育園の佐藤良子園長による児童虐待をうかがわせる情報が今回の事件前から複数寄せられており、北九州市役所は今年2017年4月中旬、警察署に相談をした他、それ以降、11回にわたり立ち入り調査を行いましたが、佐藤良子園長は一貫して虐待を否定していたということです。

6月20日、佐藤良子容疑者は、病気のため拘留に耐えられないとして釈放されました。今後警察は、任意で捜査を続ける方針だそうです。

スポンサーリンク


砂津保育園の場所はどこ?【地図画像】

砂津保育園の住所は、福岡県北九州市小倉北区砂津2丁目7-17。開園時間が午前9時から午前3時までの定員15名の認可外保育園です。最寄り駅は北九州モノレールの平和通駅になります。看板には24時間制・完全給食となっていて、0歳児より預けることが可能となっています。

砂津保育園 佐藤良子園長は過去にも行政指導されていた

砂津保育園の佐藤良子園長は、過去、2007年と1996年に北九州市から行政指導を受けています。いずれも園児らを砂津保育園に長期に渡って滞在させていたものによるものです。

2007年9月21日、北九州市は、親が迎えに来なかった5歳と4歳の姉妹2人が約2年間砂津保育園で生活していたとしてこの姉妹を保護しました。姉妹は2005年春に砂津保育園に入園しますが、約半年後に母親との連絡が途絶え、父親の行方も分からず、保育料が滞納されていましたが、佐藤良子園長が約2年にわたって砂津保育園で生活をさせてあげていたのでした。

長期滞在児(5日以上)がいる施設は自治体に報告義務がありますが、佐藤良子園長は、「報告すると子供が施設に預けられると思いかわいそうだと思った」との理由から、市の立ち入り調査時も、「長期滞在児はいない」と2年連続で虚偽の報告を行っていたのだそうです。

砂津保育園では1996年にも2歳の男児を2年間、5歳の男児を4年間、園で生活させていたことがあり、この時も市が2人を保護し、砂津保育園に改善指導を行っていたと言います。

当時のニュースに際しては、姉妹の両親は経済的理由で迎えに行かなかった確信犯であること、報告をすることによって、姉妹が別の施設に引き取られバラバラになるのが可哀想、迎えに来なければ養子にするつもりだったなどの佐藤良子園長の想いを組む好意的な声が多数上がっていましたが、無料で複数の子供を預かっていることなどから、砂津保育園の財政は赤字だったようで、実際の保育環境はほぼ放置で良くは無かったようです。

■砂津保育園 佐藤良子園長の評判は

砂津保育園でアルバイトをしていた人によると、園長は園児たちをうす暗いベッド部屋に入れてほぼ放置で寝かせていたそうで、人見知りの1歳児に対しては、笑顔を見せないため園長は園児に対して暴言をはいていたと言います。

2007年に保護された姉妹は、両親の育児放棄から佐藤良子園長は無料で約2年間、園にて姉妹を生活させてあげていましたが、その後の報告によると、姉妹は一度も病院に連れて行ってもらえず、5歳の姉は12本の虫歯があり、全く治療を受けていないため一部の歯が溶けたり変色していたと言いますし、妹の両足の股関節や膝関節は変形して歩行障害になっていたんだそうです。

園長には良心的な気持ちはあったのかもしれませんが、健康障害が出ていることを考えると、園長の行ったことは良心的にもどうだったのだろうかと思わざるを得ません。今回のかみつき事件の場合も、真相はまだ定かにはなっていませんが、どの場合も通報からの発覚となっていることを考えると、園長の行いを見ている周りの関係者が考えての上での通報だったのだろうと予想されます。何が正しい保育であるのか、考えさせられる事件でした。



スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

カテゴリ

Recomend

デオシーク