高知東生のエステ「エスクラ」はどこ?(地図)横浜元町本店と恵比寿店はミヤネ屋で紹介されたばかりだったのに…

この記事は3分で読めます

横浜のホテルで現行犯逮捕された高知東生(たかちのぼる)容疑者(51歳)がこの5月にオープンしたエステサロン「エスクラ」が話題になっています。

「T’s beauty Esthetique club エスクラ」は横浜元町に本店と、恵比寿に東京店があり、6月21日には「ミヤネ屋」で高知東生の新挑戦として紹介されたばかりでした。

高知東生のエステサロン「エスクラ」がどこにあるのか、なぜ、エステをオープンしたのかを地図や画像とともに見ていきたいと思います。

スポンサードリンク


高知東生のエステ「エスクラ」の住所はどこ?(地図)

高知東生容疑者が2016年5月6日にオープンさせたエステサロンは正式名称が「T’s beauty Esthetique club エスクラ」で、横浜の元町本店と恵比寿店、そして、岐阜店があります。

「T’s beauty Esthetique club エスクラ元町本店」
住所:神奈川県横浜市中区元町2-84-2パサ―ジュ元町 A6F
電話:045-228-9769

eskura1
beauty.hotpepper.jp

「T’s Beauty Estetique Club エスクラ 東京恵比寿サロン」
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-3-5 アルス恵比寿メイクス1001
電話:03-6416-9274

eskura-e1
beauty.hotpepper.jp

エスクラ元町本店と東京恵比寿サロン、いずれの店舗もオーナーは高知東生容疑者です。

eskura-t
beauty.hotpepper.jp

エスクラ元町本店のオープンの5月6日には、芸能界の錚々たるメンバーからお祝いの花が届いていました。

noboru絆さん(@noboru.t)が投稿した写真

noboru絆さん(@noboru.t)が投稿した写真

スポンサードリンク


高知東生がエステ「エスクラ」をオープンした理由とは?

高知東生容疑者は、嫁の高島礼子さんのパーキンソン病を患っている父親の介護に専念する為に2015年に芸能界を引退していました。

高知東生容疑者は、義父の介護を通じて体温の重要性を知り、勉強して「体温管理士」の資格を取得しました。

「体温管理士」の資格とは、日本では2012年から始まったもので、”低体温””冷え性”などの患者にアドバイスを行う体温管理のスペシャリストで、食事指導や入浴方法などを指導するのだそうです。

そして、人に奉仕をしたいとの思いから3年の歳月をかけて独自の施術方法である「ホットリボーン」を生み出し、リラクゼーションと健康管理とエステがセットになって受けれるエステ店を2016年5月に横浜にオープンしたのでした。

女性への奉仕という点では、高知東生容疑者の役者時代の日課が、嫁の高島礼子さんへマッサージをすることだったことに起因しているのだそうです。

バリ風の内装を手掛けたのは嫁の高島礼子さんで、コラーゲンマシンや岩盤個室サウナなどの最新美容機器を取りそろえたエステ店でした。

コース内容と料金は、クーポン使用で、最新のコラーゲンマシン+バイオプトロン等を使って美肌やスリムになれる40分コースが2,808円、ドライヘッドスパ+フェイシャル+リンパドレナージュの50分コースが、11,880円、寝ているだけで全身のむくみ改善や美脚・骨盤矯正ができるホットリボーン・お気楽スペシャルシェイプアップコースが100分で23,760円となっていました。

高島礼子さんが手掛けただけあって、バリ風の内装はオシャレですし、女性の悩みで多いと思われる冷え性が解消できるとあれば、今回の事件が無ければ人気が出たかもしれなかったですね。

事実、6月21日にミヤネ屋で紹介された直後は、予約の電話が鳴りやまなかったそうです。

オーナーである高知東生容疑者の逮捕を受けて、「エスクラ元町本店」と「エスクラ 東京恵比寿サロン」はいずれも休業となり、HPも6月25日に削除されてしまいました。

高知東生容疑者は、このエステ店の他にも、加圧を取り入れたエクササイズなどができる「T-BODY」や、健康と癒し満たしてくれる究極のスパ「’s Beauty-SPA」も手掛けていましたが、いずれのHPも現在、閲覧することは出来なくなっています。

最新の美容機器や内装完備などの準備期間を経て、先月オープンしたばかりの休業となり、2店舗とも駅近の好立地ですので、賃貸料もそれなりにかかるでしょうし、開業資金などの回収も出来ないままの事態に、拘束中の高知東生容疑者に代わって、嫁である高島礼子さんに負担がのしかかることになりそうです。

「女優業に専念してもらうため」との約束は、早くもやぶられることとなってしまいました。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ