Twitterの動画が30秒以上の140秒まで投稿が可能に!VINEも140秒動画の添付機能が一部で始まる

この記事は2分で読めます

Twitterに投稿できる動画の長さがこれまでの30秒から、140秒(2分20秒)に変更となりました。

Twitterでは早速、30秒以上の動画を投稿して、その変更を実感している人が現れています。

詳細を見ていきましょう。

スポンサードリンク


Twitterの動画が30秒以上の140秒まで投稿が可能に!

Twitter社は、2016年6月21日21時59分(日本時間)に、Twitterに投稿できる動画の最長時間がこれまでの30秒から140秒(2分20秒)になったことを発表しました。

GIF動画→VINE動画(6秒)→Twitter動画(30秒)→Twitter動画(140秒)と、Twitter上で楽しめる動画は変化してきました。

弊ブログでもTwitter動画は埋め込みにて利用させていただいております。
Twitter動画の活用範囲が広がってくれることは大いに歓迎したいと思っています。

*今回の変更は、スマホのiOS、Android、PCのTwitter.comで利用が可能となります。タブレット用のTwitter for Mac、および、Twitter for Windowsは追って利用が可能になるとのことです。

Twitter公式発表はこちらをご参照ください(英語)
https://blog.twitter.com/2016/new-ways-to-tap-into-video-on-twitter

スポンサードリンク


VINE動画も6秒以上の140秒になる!?

今回の発表では、Twitter社の傘下には6秒動画のVINEについても、最大140秒のVINE動画が作成・投稿できるようになることが発表されました。

まずは、一部のクリエーターさんが対象となるそうで、一般公開まではもう少しかかりそうです。

VINEといえば、6秒の限られた時間の中での一発芸的だったり、その短さを利用した動画が魅力だったことを考えると、時代の流れとともに、VINEというものも変わっていってしまうのでしょうか。

関連記事を読んだところ、6秒でループするというのは今後も変わらないそうです。

変更となるのは、動画の右下に「もっと見る(Watch more)」というボタンができ、そこをクリック/タップすると添付された動画が見れるようになるそうです。

新しい設定の導入により、これまでにはなかった新しいVINERさんの登場もあるかもしれませんね。

今後のVINEにも期待したいと思います。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ