ZOZOTOWNツケ払いCMの女優は誰?【動画有】吉岡里帆が可愛すぎると話題に!

この記事は5分で読めます

3月17日から放送されている「ZOZOTOWN」のツケ払いCMに出演している吉岡里帆さんが可愛すぎると話題になっています。

ZOZOTOWNのツケ払いCMでは、雨に濡れている女優さんが近付いてきて、不意に「好きだもん!好きなんだもん!」と告白します。

こんなこと言われたらたまらないですよね。

ネットでは、「ZOZOTOWNのCMの濡れている女優さんは誰?」「ZOZOTOWNのCMの女性モデルが可愛すぎる」と話題騒然となっています。

ZOZOTOWNのCMに出演しているのは、今、注目の実力派女優の吉岡里帆(よしおかりほ)さんです。

TBSドラマ「カルテット」で、レストラン・ノクターンで働く目が笑っていないアルバイトの来杉有朱(ありす)役を演じていましたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

吉岡里帆さん出演のZOZOTOWNのツケ払いCMは3種類あるのをご存知でしょうか?吉岡里帆さんのプロフィールなどと共に3種類のCM動画をご紹介していきます。

スポンサーリンク


ZOZOTOWNツケ払いのCMの女優は誰?吉岡里帆が可愛すぎると話題に【動画】

まずは何より、吉岡里帆さん出演のZOZOTOWNツケ払いCM動画3本をご覧ください。

ZOZOTOWNツケ払いCM 「待てない女/好き」篇(15秒)

ZOZOTOWNツケ払いCM 「待てない女/2ヶ月」篇(15秒)

ZOZOTOWNツケ払いCM 「待てない女/ささやき」篇(15秒)

土砂降りの雨の中で、待ちきれずに「好き」と告白する吉岡里帆さん3種類。

1本目の動画「待てない女/好き」篇では、CM冒頭では悩まし気に「好きだもん!好きなんだもん!」と、CM最後では満面の笑顔で「好き!zozoさんが好き!」と告白していて、どちらも表現力豊かで魅力的ですよね。

2本目では、最後がピースでの笑顔、3本目の動画では「ごめんね…好きになっちゃって」と、先の2本とは違うパターンとなっていますが、あなたの好みはどれになりますでしょうか。

ZOZOTOWNツケ払いCMの吉岡里帆が可愛すぎる!とともに怖すぎる!の声も?

ZOZOTOWNのCMを見た方からは早速、絶賛のコメントが相次いでいます。

「ZOZOTOWNのCMの吉岡里帆ちゃんかわいすぎる…過去最高のかわいさ」

「ZOZOTOWNのCMがグッとくる」

ところが、ネットではCMの吉岡里帆さんが可愛すぎるというコメントとともに、ドラマ「カルテット」で吉岡里帆さんが演じるありすにしか見えないとのコメントも見られるんです。

「ZOZOTOWNのCMの吉岡里帆ちゃんかわいいんだけど、カルテットのありすちゃんにしか見えなくてこわいよ〜!(笑)」

「ZOZOTOWNのツケ払いCM、吉岡里帆がありすちゃんにしか見えなくてツケ払いしたら恐ろしい取り立てとかされそうでほんと怖い。」

これはZOZOTOWNにしてみたら誤算ではと思いますが、吉岡里帆さんがTBSの火曜22時台ドラマ「カルテット」で演じていたのは、元地下アイドルで、小学校の時には毎年学級崩壊を起こしていた「目が笑っていない」悪女キャラクター「ありす」。

吉岡里帆さんの演技力もあって、その怖いイメージがすっかり出来上がってしまった「ありす」の前では、ZOZOTOWNのせっかくのCMも、怖いCMにしか見えない人も多くいたようですね。

スポンサーリンク


吉岡里帆(よしおかりほ)の経歴プロフィール

吉岡里帆さんは、1993年1月15日生まれの現在、24歳です。
京都府京都市右京区太秦出身で、身長158cmでスリーサイズはB82-W60-H85、血液型はB型。

吉岡里帆さんの実家は太秦にあり、映像会社を経営する父親を始め、映画や舞台好きの母親や祖母の影響で小さいころから様々な芸術文化に親しみながら育ちました。

高校では独学で芝居を勉強を始めるも独学の限界を感じて高3からは俳優養成所に通い出し、学生制作の映画に参加したりもしていたのだそうです。

吉岡里帆さんは学力も優秀で、高校は京都の公立御三家の1つである京都府立嵯峨野高等学校出身で、プロの書道家を目指して、京都橘大学に進学しています。吉岡里帆さんの書道の腕前はなんと8段!学生の頃から俳優を目指していたのかと思ったら、この頃の夢は書道家だったのですね。

ところが大学時代に、つかこうへい作品、三島由紀夫作品、唐十郎さんなど、古典的な作品を演ずる劇団や劇団員に出会うことで、演劇の道から戻れなくなってしまったのだそうです。

2013年から女優としての活動を開始するも、テレビドラマや映画のオーディションに最終審査で落選することが続いたため、2014年にはグラビアに進出することに。

京都を中心に活動を続けていた吉岡里帆さんが上京したのが2015年6月で、上京資金は2015年3月から1年間、滋賀県大津市の大津プリンスホテルでのアルバイトで貯めたのだそうです。この時の接客の経験が女優業の基礎となっているんだそうです。

そんな吉岡里帆さんが女優として一躍注目を集めたのが2015年下半期に放送されたNHK連続テレビ小説「あさが来た」の「のぶちゃん」こと田村宜役でした。

吉岡里帆さんは、「あさが来た」のヒロインオーディションでは最終選考で落選したものの、制作側が「何か役をやらせたい」とのことで出演を果たし、メガネっ子「のぶちゃん」としてのときにコミカルにひたむきな演技は期待通りの注目を集める存在となりました。

最近ではTBS火曜22時台ドラマ「カルテット」で、主演の松たか子さんらがライブ演奏をするレストラン・ノクターンのアルバイト来杉有朱(きすぎありす)役を熱演。会話をする時に目が笑っていない、小学校時代のあだ名は淀君でクラスを学級崩壊に追い込む、松たか子のヴァイオリンを売り飛ばすために盗みに入るなど悪女キャラを演じました。

2016年以降はCMにもひっぱりだこで、ゼクシィの9代目CMガール、DIC、第一三共ヘススケア、コナミ、エネオス、UR都市機構、そして、ZOZOTOWNと、CM女王も狙えそうな勢いですね!

3月20日からは綾鷹の新CM「ほのか先生 ていねい篇」も放送開始しています。

プライベートでは、吉岡里帆さんの特技は8段の腕前を誇る書道とアルトサックスだそうで、自分に余白ができたらジャズバンドを組むのが密かな夢、と自身のインスタグラムで告白しています。

吉岡里帆さんのインスタグラムには猫の写真画像も多く投稿されていて、それも納得、趣味は猫と遊ぶことで、重度の猫依存症であることを告白しています。

仕事に話を戻すと、吉岡里帆さんは、2017年4月15日公開の『名探偵コナン』の劇場版21作目『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)』で、アニメ声優デビューも果たします。

益々、その活躍の場を広げている吉岡里帆さんのこれからに目が離せないですね!

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

カテゴリ

Recomend