コウキ(キムタク娘・本名光希)はモデルで作曲家!木村拓哉と工藤静香の次女はどっちに似てる?【ホクロ比較画像】

この記事は5分で読めます

キムタクこと木村拓哉さんと工藤静香さんの娘で次女の本名・木村光希(きむらみつき)さん15歳がコウキ(Kōki,)の芸名で「エル・ジャポン」7月号の表紙を飾り衝撃のモデルデビューを果たしました。コウキ(Kōki,)さんは、モデルだけでなく作曲家コウキとして母親の工藤静香さんや中島美嘉さんに楽曲を提供している15歳のスーパー高校1年生になります。

「目や口など顔はキムタクそっくりで体が工藤静香を受け継いでる」「DNAってすごい!」とネットで話題のコウキ(Kōki,)さんですが、本人はチャームポイントは父親と母親から受け継いだ両目の横にあるホクロと答えています。ホクロ画像やキムタクと工藤静香さんのどっちに似ているのか検証をしてみました。

身長170㎝のスタイルに恵まれハイブランドにつつまれたコウキ(Kōki,)さんのインスタ画像とともに、プロフィールや高校、メイキングのユーチューブ動画もまとめてご紹介しています。




キムタク娘(次女)のコウキ(Kōki,)がモデルデビュー【画像】

キムタクこと木村拓哉さん(45歳)と工藤静香さん(48歳)の娘で次女の本名・木村光希さんが、5月28日(月)発売のファッション誌「エル・ジャポン」7月号でいきなりの表紙を飾りモデルデビューしました。

木村光希さんの名前の読み方は「きむらみつき」ですが、モデル名は読み方を変えた「コウキ」で、文字はKokiのoの上に伸ばす音を表す「-」とアルファベットの最後にカンマ「,」をつけた「Kōki,」となります。

今後、世界で活躍することを考えて、本名の「Mitsuki」ではなく、覚えやすくセンスのある「Kōki,」という名前にしたのでしょうか。

コウキ(Kōki,)さんのモデルデビューを撮影したのは、広告写真界の巨匠と言われている操上和美(くりがみかずみ)氏82歳です。

操上和美氏は、昨年に発売された工藤静香さんの30周年記念アルバムのジャケット写真も手掛けており、木村拓哉・工藤静香夫妻とは昔から親交があるようですね。

なんとコウキ(Kōki,)さんの生後1ヶ月の写真も操上さんが撮っているそうで、「モデルの仕事をすることがあったら、ファーストショットは絶対オレが撮る!」と宣言されていたとのこと。将来、モデルになることを予言していたかのようですね。

キムタク娘(次女)コウキ(Kōki,)のプロフィール【画像】


twitter.com

名前:木村光希(きむらみつき)
モデル名:Kōki,(コウキ)
生年月日:2003年2月5日生まれ
年齢:15歳
身長:170㎝
学歴:インターナショナルスクール(ブリティシュ・スクール・イン東京)在学(高1)
語学:日本語、英語、フランス語(スペイン語を勉強中)
楽器:フルート、ピアノ演奏
職業:モデル、作曲家
両親:木村拓哉(父親)、工藤静香(母親)
姉妹:木村心美(長女・姉)
事務所:Purple Inc.
インスタグラム:@kokiofficial_0205

コウキ(Kōki,)さんこと、木村光希(きむらみつき)さんは、2003年に木村拓哉さん、工藤静香さんの間に次女として生まれました。両親の木村拓哉さんと工藤静香さんは2000年に結婚し、2001年には長女でコウキ(Kōki,)さんの姉の心美ちゃんが誕生しています。

姉の心美ちゃんは奔放でおおらかな性格なのに比べて、妹のKoki(光希)さんは真面目で堅実で努力型タイプなんだとか。

コウキ(Kōki,)さんはモデルデビューについて「自分を信じて前に進みたい。それを教えてくれた両親は私の誇り」とコメントしています。しっかりした性格であることが伺えますね。

今回、いきなり表紙に取り上げられたのは、撮影した操上和美さんの紹介があってのことですが、Koki(光希)さんは、トップモデルを目指してウォーキングのレッスンも受けているそうで、「ELLE JAPON」から今後、世界に羽ばたく可能性もありますね。

コウキ(Kōki,)さんの所属事務所は母親の工藤静香さんの個人事務所である「Purple Inc.」とのことです。

コウキはキムタクと工藤静香、どっちに似てる?【比較画像】

ネットでは早速、コウキさんが父親の木村拓哉さん似か、母親の工藤静香さん似かと話題になりましたが、圧倒的にキムタクそっくりですね。目力の強さや厚みのある唇なんかも父親そっくりですね。

笑顔のコウキさんもパパそっくりです。

人間離れした細い骨格に長くて細い手足は母親の工藤静香さん譲りのようですね。

コウキのチャームポイントは両目横の「ホクロ」【検証画像】

目力の強さが印象的なコウキさんですが、本人の言うチャームポイントは、両目の横にある「ホクロ」なのだそうです。

エル・ジャポン7月号で、コウキさんは、「母には右、父には左の同じ位置にホクロがあるんですけど、私のふたつのホクロは両親それぞれからもらったギフトだと思っています」と語っています。

ちょっとわかりにくいかもですが、木村拓哉さんと工藤静香さんのホクロがわかる比較的若い頃の写真を探してみました。
木村拓哉さんの左目の横、工藤静香さんの右目の横にたしかにホクロがありますね。それにしても、この木村拓哉さんの画像なんて、コウキさんとそっくりですね。

コウキは小顔で身長170㎝の恵まれたモデルスタイル


twitter.com

そして、驚くべきは、コウキさんは15歳にして身長が170㎝と長身なことです。

父親の木村拓哉さんは身長176㎝、母親の工藤静香さんは163㎝なので、15歳にして工藤さんの身長は追い越してしまいましたね。木村拓哉さんが追い越されるのも時間の問題のようです。

小顔で手足も長く、もし街中ですれ違ったら、思わず振り返ってしまうんじゃなかと思われるほど恵まれたスタイルですね。

コウキさんのスタイルについて、ネットでは、古いところでは、リアル・メーテル、リアル森雪、最近のところでは、モデルポーズの雰囲気からジョジョみがあるとのコメントも見られています。

コウキの高校はインターナショナルスクールに通うトリリンガル

コウキさんは、母親の工藤静香さんの強い希望で、学校は幼稚園からずっと都内にあるインターナショナルスクールに通っています。具体的には「ブリティシュ・スクール・イン東京」で、アメリカンスクールではなく、イギリスの教育制度の学校になります。

学校では授業も英語で、友達との会話も英語が当然の環境で育ったKoki(光希)さんは、日本語の他に英語とフランス語を話せるトリリンガルで、現在はスペイン語も勉強中とのことです。

コウキの小さい頃の夢はお花屋さん


twitter.com

コウキさんの小さい頃の夢はなんとお花屋さんだったとのことで、可愛らしいなと思ったのですが、その理由を聞いてみると、普通の家庭とはちょっと違った背景が見えてきました。

「小さいころはお花屋さんになりたかったんです。母の描く絵とか、家にたくさんある写真集とか、きれいなものが大好きでした」

母親の工藤静香さんは、二科展に特選1回、入選17回を誇る画家で、工藤静香さんの描く絵にはお花がたくさん出てきています。

絵画や写真集など、小さいころから芸術作品に囲まれていたコウキさんは当たり前のように磨かれたセンスを得ていったのではないでしょうか。

コウキは作曲家として工藤静香や中島美嘉に楽曲提供【動画】

モデルとしてデビューを果たしたコウキさんですが、音楽の分野でも英才教育を受けていて、作曲家としてすでに楽曲も提供しているとのこと。

お姉さんの心美さんとともにフルートを学んでいる木村姉妹は、お姉さんの心美さんが2013年の「第23回ヤマノジュニアフルートコンテスト」で最優秀賞を受賞し、Koki(光希)さんも優秀賞を受賞した腕前とのこと。

コウキさんはフルートの他にピアノも堪能で作曲もしており、母親の工藤静香さんの30周年記念アルバム「凛」(2017年発売)では「鋼の森」、「かすみ草」、「Time after time」の3曲がコウキさんの作曲になります。

その内の1曲の「鋼の森」のMV動画がこちらになります。

2017年8月30日発売 工藤静香オリジナルアルバム「凛」より
「鋼の森」
作詞 : 愛絵理/作曲:Koki,/編曲 : 澤近泰輔

キムタク娘 コウキ(Kōki,)のユーチューブ動画

キムタク娘 コウキ(Kōki,)のインスタグラム画像

エルジャポン撮影時のコウキのオフショット。

#Kōki, #ellejapan @ellejapan @bulgariofficial @alexandermcqueen

Kōki,さん(@kokiofficial_0205)がシェアした投稿 –

キムタク長女の心美さん撮影のコウキのプライベート写真。

My sister is my personal cameraman

Kōki,さん(@kokiofficial_0205)がシェアした投稿 –







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




Recommend

100円