渡辺陽太(ミスター慶應)は高校退学・慶応大学留年!酒癖・女癖の余罪がヤバすぎる

ニュース

慶應大学経済学部2年生の渡辺陽太(渡邊陽太/わたなべようた)容疑者(22歳)が女性への性的暴行の容疑で逮捕・送検されました。

渡辺陽太容疑者はミスター慶応2016ファイナリストで、AbemaTV「ラブキャンパス」にも出演していたので顔を知っている人も多いのではないでしょうか。

身長182cmのイケメン慶應大生がなぜ?と思ってしまいますが、渡辺陽太容疑者は高校を退学、慶應大学も留年し、酒癖や素行の悪さは周囲では有名だったといいます。

渡辺陽太容疑者の出身高校や高校中退の理由や酒癖が問題視されていた大学生時代についてしらべてみました。

 




渡辺陽太(ミスター慶応)が準強制性交等で逮捕・送検【顔画像】

こちらが、10月18日に準強制性交等の疑いで送検された渡辺陽太容疑者の顔画像です。


JNN

こちらは渡辺陽太容疑者のTwitterやTinderに使われていた顔画像です。

産経ニュースなどが渡邊陽太容疑者の逮捕について下記のように報じて話題となっています。

酩酊状態の女性に乱暴したとして、神奈川県警神奈川署は16日、準強制性交容疑で、東京都港区元麻布の慶応大学2年、渡辺陽太容疑者(22)=別の暴行容疑で逮捕、処分保留=を再逮捕した。

「酔っていたので思い出せません」と容疑を否認している。

再逮捕容疑は9月29日午前4時5分ごろから約20分間にわたって、横浜市西区北幸の雑居ビル内で、酩酊状態だった別の大学に通う1年の女子学生(19)=川崎市高津区=に乱暴したとしている。

同署によると、2人に面識はなく、女子学生が友人と飲酒した後、1人で路上を歩いていたところを、渡辺容疑者に雑居ビルに連れ込まれ、1階の踊り場で乱暴されたという。その後、現場から約150メートル離れた路上で、渡辺容疑者が女子学生の腹を蹴っていたところを、同署員が暴行容疑で現行犯逮捕していた。暴行容疑については容疑を認めている。渡辺容疑者は、ミスター慶応コンテスト2016に出場していた。

産経ニュース

被害者女性へ性的暴行をした後、渡辺陽太容疑者は、女性と一緒にタクシーに乗り、150mほど移動した路上で女性の頭にかかと落としをしたり、腹を蹴るなどの暴行を加えた疑いで、駆けつけた警察官に現行犯逮捕されました。

現行犯逮捕された暴行については容疑を認めているものの、

準強制性交については、「酔っていたので思い出せません」と否定しているとのこと。

準強制性交(じゅんきょうせいせいこう)とは、人が心神喪失または抗拒不能の状態にあるのに乗じて、または人をその状態にさせて、性交等をすることを言います。

相手の女性と渡辺陽太容疑者に面識はなく、1人で路上を酩酊状態で歩いていた彼女に声をかけ、近くの雑居ビルに連れ込んで犯行に及んでいます。

女性が酩酊状態ですから、合意の上とは言い難く、酩酊状態を利用して性交しているので、準強制性交の容疑は免れそうにありません。

相手の女性も19歳と未成年なのに酩酊するまで酔っていたことにも問題はありそうですが、それを利用して襲ったうえに、かかと落としや腹を蹴る暴力を加えた渡辺陽太容疑者の前ではただの可哀想な被害者ですね。

容疑を聞くと、どんなひどい奴なのかと思いきや、

渡辺陽太容疑者は、2016年のミスター慶応のファイナリストに選ばれた人物でした。

渡辺陽太(ミスター慶応)の学歴プロフィール

こちらが、暴行と準強制性交の容疑で逮捕された渡辺陽太容疑者の学歴・学歴プロフィールです。

名前:渡辺陽太(渡邊陽太)わたなべ ようた

生年月日:1996年1月27日

年齢:22歳

身長:182.5㎝

高校:昭和学院秀英高等学校(退学)

高校:Lynfield College(リンフィールド・カレッジ)

大学:慶應大学経済学部2年

サークル:SHAMGOD(フリースタイルバスケサークル)

出身地:千葉県千葉市

実家:東京都港区元麻布

Twitter:@mrkeio16_no3(アカウント削除済み)

Twitterキャッシュ

Facebook:@yota.watanabe.3(写真画像削除済み)

インスタグラム:@mrkeio16_no3(写真画像削除済み)




渡辺陽太は高校退学・慶應大学留年の問題児だった

渡辺陽太容疑者は、千葉県千葉市出身で、

高校は地元の進学校である私立昭和学院秀英高等学校に通っていましたが、問題を起こして退学となり、その後、ニュージーランドのオークランドにあるリンフィールド・カレッジに留学しています。

問題を起こして日本の高校を退学後、海外に留学させるのは、金持ちの常套手段ですね。

高校退学の理由についてはツイッターにこんな投稿がありました。

2015年に無事、リンフィールド・カレッジを卒業し、2016年、慶應大学経済学部に入学しました。

ニュージーランドに留学していたことで、大学入学が1年遅れています。

そして、大学1年生の時に、ミスター慶応2016のファイナリストの5人の内の1人に選ばれました。

2016年というと、

この年のミス慶応コンテストは、運営団体である慶應義塾広告学研究会メンバーによる未成年者への飲酒強要の不祥事で中止となり、ミスター慶応コンテストのみ行われました。

渡邊陽太容疑者は、ミスター慶応2016に出場した動機について、

自己紹介動画では、「おじいちゃん孝行」と語り、

ブログでは、

「テレビや週刊誌などで『慶應の権威は失墜した』といった表現もありました。僕はコンテスト開始の際、慶應ファンを増やすことに少しでも貢献できればと思って、ミスター慶應コンテストにエントリーさせて頂きました」

と説明していました。

(逮捕を受けて、ブログは現在、削除されてしまっています。)

ミスター慶応コンテストでは優勝は逃しましたが、182㎝の高身長に小顔のモデル体型の渡辺陽太容疑者は、コンテスト出場を機に広く知られるところとなり、2018年2月には、AbemaTVで放送された「ラブキャンパス 慶應編」にも出演しました。

こちらが「ラブキャンパス」出演時の渡辺陽太容疑者のプロフィールです。

ここで気になったのは、

渡辺陽太容疑者は、2016年に慶應大学1年生だったのに、2018年現在、まだ慶應大学2年生だということです。

本来であれば、現在は慶應大学3年生ですが、留年して、大学2年生を繰り返しています。

現在は削除されてしまった渡辺陽太容疑者のツイッターに留年についてのツイートがありました。

渡辺陽太容疑者は、ミスター慶応出場後、素行が悪くなり大学にもあまり来なくなったとのこと。

ツイッターには渡辺陽太容疑者が、今回逮捕された性的暴行以外にも余罪や窃盗などの疑いの投稿が観られています。




渡辺陽太容疑者は酒癖や余罪がヤバい留年生だった?

留年となり、今年は真面目に学校に通っているのかと思えば、そうではなかったようです。

ツイッターでは渡辺陽太容疑者とカラオケに行って飲酒強要やお金を盗まれたとの告白や、渡邊陽太容疑者が大学に来る時は教科書を持たず、見かける図書館では財布の盗難が相次いだ等の告白が見られました。

今年も留年確定で、今回の事件が無くても退学となる予定だったようです。

こんなツイートというのはこちらのツイートですね。

V2とは、六本木の超人気クラブV2 TOKYO(ヴィーツー東京)のことで、VIPはフロア内の離れた場所にあるシートの席や2階の着席できる個室で、高い部屋では20万円ほどの追加料金がかかります。

ツイートでは何気にバレンシアガ(balenciaga)の靴を履いていることも自慢していますが、バレンシアガはスニーカー、革靴ともに10万円する高級品です。

ブランド品だったりV2のVIP常連となれば、普通の大学生なら簡単に払えるはずはありませんが、渡辺陽太容疑者の実家は祖父が創業した土建業で羽振りがよく、渡辺陽太容疑者自身も、家族のグループ会社の1つを任されている社長職に就いていることが調べで明らかになりました。

渡辺陽太容疑者の祖父や父親、麻布十番の豪華自宅についてはこちらの記事を参照ください。

渡辺陽太(ミスター慶応)の祖父や両親の家族画像!父親から会社社長を任されていた!
ミスター慶応2016のファイナリストで慶應大学2年生の渡辺陽太(わたなべようた)容疑者の麻布十番の実家の詳細や両親や兄弟、千葉に住む祖父らの家族構成が明らかとなってきました。 渡辺陽太容疑者の両親は、祖父が一代で築いた地商総業(現・株...

働かなくてもお金は入ってくるような状態ですから、お金に困窮して窃盗をする、というのは無さそうですが、スリルを求めて行っていたのであれば、余計に悪質と言わざるを得ません。

ミスター慶応コンテストでグランプリを取れなかったのは、彼の素行の悪さを知る周囲がさすがにグランプリにさせるのはまずいだろう、との暗黙の了解があったからだったとか。

普段や男友達に対しては優しい性格だったようですが、酒癖の悪さや、酒を飲んだ時の女性に対する暴君ぶりは有名だったといいますから、”いつかはしでかすだろう”と危惧していた人は多かったといいます。

周囲にしてみれば、今回の逮捕は「とうとう捕まったか」と、驚きもなかったのかもしれません。

渡辺陽太(ミスター慶応)は最大22年の罪になる?

渡辺陽太容疑者は起訴されたとしたら、どのような罪に問われるのでしょうか?

容疑を認めている暴行罪は上限が2年、否定している準強制性交罪は上限が20年となっていて、合わせて最大22年の刑期になる可能性があるとのことです。

準強制性交罪の下限は5年以上となっているため、準強制性交罪が認められれば、3年以下にしか付けられない執行猶予もつかず、最低でも5年の実刑になる可能性が高そうです。

とは言え、実刑となっても渡辺陽太容疑者の実家は金持ちですし、家族のグループ会社の役員となれば就職する必要もありませんし、渡辺陽太容疑者が本当の意味で反省することってあるのでしょうか。

渡辺陽太容疑者の祖父や父親、兄弟、麻布十番の自宅についてはこちらの記事を参照ください。

渡辺陽太(ミスター慶応)の祖父や両親の家族画像!父親から会社社長を任されていた!
ミスター慶応2016のファイナリストで慶應大学2年生の渡辺陽太(わたなべようた)容疑者の麻布十番の実家の詳細や両親や兄弟、千葉に住む祖父らの家族構成が明らかとなってきました。 渡辺陽太容疑者の両親は、祖父が一代で築いた地商総業(現・株...

 







コメント