渡辺陽太(ミスター慶応)の祖父や両親の家族画像!父親から会社社長を任されていた!

ニュース

ミスター慶応2016のファイナリストで慶應大学2年生の渡辺陽太(わたなべようた)容疑者の麻布十番の実家の詳細や両親や兄弟、千葉に住む祖父らの家族構成が明らかとなってきました。

渡辺陽太容疑者の両親は、祖父が一代で築いた地商総業(現・株式会社地商土木)を受け継いだ社長で、渡辺陽太容疑者や弟2人の子供を取締役させていて、長男の渡辺陽太容疑者はグループ会社の1つの社長にも就任していることが分かりました。

 




渡辺陽太(ミスター慶応)のプロフィール

名前:渡辺陽太(渡邊陽太)わたなべ ようた

生年月日:1996年1月27日

年齢:22歳

身長:182.5㎝

高校:昭和学院秀英高等学校(退学)

高校:Lynfield College(リンフィールド・カレッジ)

大学:慶應大学経済学部2年(帰国生入試/留年→退学?)

サークル:SHAMGOD(フリースタイルバスケサークル)

出身地:千葉県千葉市

実家:東京都港区元麻布

職業:株式会社地商ファクトリー代表取締役社長

渡辺陽太容疑者は、大学1年生の時にミスター慶応2016のファイナリストに選ばれています。

2016年はミス慶応の運営メンバーによる未成年への飲酒問題で、ミス慶應コンテストが中止となり、ミスター慶応コンテストのみ開催されました。

ミスター慶応コンテストは、見たと心のイケメン度を競う慶応大生のコンクールで、渡辺陽太容疑者は、ミスター慶応コンテストでの自己紹介で、アピールポイントは、

「高身長。後、自分で言うのもなんですが、優しいとよく言われます。」

(酒が入らなければ、普段は優しいイケメンなのだそう)

学生生活については、

「品格を身につけ、知性を磨き、信頼できる友達をつくる!」

ミスターコンテストへの意気込みについては、

「ミスター慶応のファイナリストに選ばれて、家族がとても幸せな時間を過ごしています。グランプリをとって家族を更に幸せにしてあげたいです。そして、お爺ちゃんを「あっ!」と驚かせたいです笑」

と語っていました。

渡辺陽太容疑者が幸せにしたいと願った実家の両親家族やお爺ちゃんはどんな人達なのでしょうか?

渡辺陽太の実家は200㎡以上の麻布十番の高級マンション

渡辺陽太容疑者は千葉県出身で、学生時代は千葉の実家に住んでいましたが、弟2人や妹も東京の学校に進学したことを機に、家族で東京・麻布十番に引っ越してきます。

現在の住まいは港区元麻布の高級マンションで、マンションは敷地面積約450㎡の4階建てで、ワンフロア1世帯のみ(入居者は3世帯のみ)の造りになっているとのこと。

フロアは200㎡以上の広さの4LDKで家賃は100万円以上だとか。

こちらが元麻布の地図になります。

元麻布は、六本木ヒルズ、西麻布、広尾、麻布十番に囲まれた港区でも高級の一等地になります。

なぜ、実家家族が裕福なのかというと、

渡辺陽太容疑者の尊敬する祖父は土木業を営む地商グループを一代で築き上げた千葉で有名な実業家でした。

祖父は千葉の地商総業(現・地商土木)の創業者!

渡辺陽太容疑者の尊敬するお爺ちゃんは千葉県千葉市に本社のある株式会社地商総業の創業者の渡邊元氏(79歳)です。

渡邊元氏は、生まれは韓国ですが、

その後、父親の実家がある愛媛県今治市の農家で育ち、

高校を卒業後、千葉に移って事業を始め、

一代で、現在の地商グループを築きました。

2013年4月19日には、地商総業の創立40周年記念パーティーが、

ホテルニューオータニ幕張で盛大に開かれ、

出席者には国会議員、県会議員、熊谷千葉市長、市議会議員など800人が集まったそうです。

こちらが記念パーティーの様子とパーティーで挨拶する渡邊元氏と嫁の悦子夫人の画像になります。


稲毛新聞

地商総業は土木系の会社で、

グループ会社の地商土木のCM動画がこちらになります。

表向きは立派な会社のようなのですが、

生活に困る者たちを従業員に勧誘して施設に入居させ、生活保護を申請させて彼らが受け取った生活保護費を回収して管理する所謂「貧困ビジネス」を行っているのではとの噂があります。

渡邊元会長は、趣味なのでしょうか、

嫁の悦子さんと夫婦でCDも出しています。

CD出版だけでなく、地元のチバテレビでは人気番組「カラオケ大賞21」のスポンサー36年に渡って続けています。

孫の渡辺陽太容疑者が尊敬するのも納得ですね。

祖父の渡邊元氏にとっても、渡辺陽太容疑者は自慢の可愛い孫であったようです。

渡辺陽太と兄弟も両親の会社の取締役だった

渡邊元の可愛い孫たち

渡邊陽太 慶應義塾大学経済学部1年

渡邊大介 麻布高等学校3年

渡邊健矢 暁星高等学校1年

渡邊安葉 学習院初等科1年

会社のパンフレットに堂々と孫の顔画像と名前が学歴とともに掲載されています。

渡辺陽太容疑者が慶應大学1年生の記述になっていますから2016年当時のものと思われます。

実は、渡辺陽太容疑者を始め、弟の渡邊大介くんと渡邊健矢くんは学生の身でありながら、父親が祖父から受け継いで社長を務める会社の役員である取締役に就任しているんです。

渡辺陽太の父親は渡邊元一朗【画像】

こちらが渡邊辺陽太容疑者の父親の元一朗氏が、祖父の元氏から受け就いた株式会社地商土木の役員構成と家族構成になります。

(株)地商土木
http://chishogroup.jp/

代表取締役 渡邉元一郎(父)
代表取締役 渡邉美穂(母)
取締役 渡邉陽太
取締役 渡邉大介(弟)
取締役 渡邉健矢(弟)
監査役 渡邉元(祖父)

株式会社地商土木のホームページは、渡辺陽太容疑者の逮捕のニュースが出た後、削除されて、現在は閲覧ができなくなっています。

子供を取締役にしていることを知られたくなかったのでしょうか。

こちらが父親の渡邊元一朗氏の画像になります。

通った鼻筋は、父親譲りなんですね。


facebook.com

父親の渡邊元一朗氏は、1963年生まれの現在、55歳。

学歴は千葉県立検見川高校、立教大学を卒業し、現在は、株式会社地商土木の社長です。




叔父の渡邊哲也もイケメン社長【画像】

こちらは叔父の渡邊哲也氏の画像になります。叔父もイケメンですね。


第一元商グループ

渡邊元氏が創業した地商総業の地商土木から1994年、独立して株式会社第一元商を設立したのを始め、宮崎興業(2005年)、シマノ(2009年)、有料老人ホームアートヒルズ蘇我(2009年)、ピラミッドワークス(2010年)、バックヤード(2012年)、そして、2014年にKスクエアを設立しています。

渡邊哲也氏は、1969年1月20日生まれの現在、49歳で、千葉県千葉市出身、千葉市立高校、立教大学を卒業後、サラリーマン経験をした後、1994年に株式会社第一元商を設立して起業しています。

祖父の渡邊元氏、父親の渡邊元一朗氏、叔父の渡邊哲也氏ともに立派な実業家のようなのですが、

渡辺陽太容疑者は、ボンボンによくある甘やかされて育ってしまってのでしょうか。

地商グループを調べていくと、渡辺陽太容疑者が社長となっている会社がありました。

渡辺陽太は親会社役員&グループ会社の社長だった

渡辺陽太容疑者が社長を務める会社がこちらの株式会社地商ファクトリーになります。


全国建設業者データバンク

業種は父親の会社と同じくとび・土木関係です。

渡辺陽太容疑者は、資本金1000万円のこの会社の代表取締役社長なのです。

慶應大学の授業にあまり出席していなかった理由が、起業に時間を割いていた、というのであれば良いですが、素行や評判を聞くにつけ、どうやらそうではなさそうです。

ろくに働くことなく、役員報酬として多額のお小遣いをもらっていた可能性が高いです。

今回の逮捕・起訴で渡辺陽太容疑者は実刑は免れそうにないですが、家族のグループ会社の役員でい続けられるなら、彼にとっては大学退学や実刑も大した罰ではないのかもしれません。

渡辺陽太(ミスター慶應)は高校退学・慶応大学留年!酒癖・女癖の余罪がヤバすぎる
慶應大学経済学部2年生の渡辺陽太(渡邊陽太/わたなべようた)容疑者(22歳)が女性への性的暴行の容疑で逮捕・送検されました。 渡辺陽太容疑者はミスター慶応2016ファイナリストで、AbemaTV「ラブキャンパス」にも出演していたので顔...







コメント