小林麻央の現在の余命やステージ生存率は?進行性乳がんはなぜ手術をしないで通院かを考察してみた

この記事は4分で読めます

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが6月9日の会見で、嫁の小林麻央さんが進行性の乳がんであることを明かしてくれました。

小林麻央さんの病状は比較的深刻ではあるものの、現在は、通院で抗がん剤治療を行っているそうです。

麻央さんの進行性乳がんの余命やステージ生存率はどうなのか、なぜ手術をしないで通院となったのか、市川海老蔵さんの会見からわかることを考察してみました。

スポンサードリンク


小林麻央さんの現在の進行性乳がんの余命やステージ生存率は?

小林麻央さんが進行性の乳がんであることが発覚したのは、今から約1年8ヶ月前の夫婦で受けた人間ドックがきっかけでした。

最初に病院で病名を告げられた時の進行具合についての質問をされた市川海老蔵さんは、

「進行具合に関しては、かなりスピードが早いもので、なかなか大変なもの」

であることを医者から告げられたとのことで、発覚後、すぐ入院となったので、入院生活も約1年8カ月になります。

がんの進行度を表すステージについては言及を避けたため、2度ほど質問をされたのですが、

「(麻央さんのステージについては)全部聞いていますけれど、そこら辺をどうするのか、(ステージについては)深刻だという言葉でご理解していただければいいかなと思います。」

と答えて、どのステージなのかについては明かしませんでした。

一般的に進行性がんは、ステージⅡ期以降のことを指しますが、乳がんのステージⅡの5年生存率は90%以上ですので、それならば市川海老蔵さんも答えてくれていたでしょう。

このことから、小林麻央さんのステージは、公表できないほど深刻であるⅢか末期のⅣであることがうかがえます。

海老蔵さんからは、

「手術をする方向にむかって治療をしています。」

との説明があったので、手術については、一般的にステージⅣ期の末期がんでは、手術の治療は選択肢にはならないので、このことから麻央さんは、Ⅲ期の進行がんであることが推測されます。

乳がんのステージⅢの5年生存率は70%、ステージⅣでは32%となっており、乳がんの5年生存率は、他の全種類のがんの平均値を上回っていますので、他のがんよりは治療しやすい乳がんであったことがせめてもの救いかと思います。

スポンサードリンク


小林麻央さんはなぜ手術をしないのか

会見の中で、市川海老蔵さんは、現在の小林麻央さんの状況について、

「比較的深刻ではあると思います。そして、今、抗がん剤治療をやっていまして、人によって効いたり効かなかったりがあるそうで、探りながらやっている中で、良かったり良くなかったりを繰り返しながら、手術をする方向に向かって治療をしています。」

と答えていて、これまで小林麻央さんは、手術はしておらず、抗がん剤治療だけであったことを明かしています。

小林麻央さんが入院した際には、しこりを取り除く手術をされたのでしょうか?との質問に対しては、

「そこに至らないので、今、抗がん剤治療を率先してやっている」

とも答えています。

なぜ手術をしないのかについては、”手術をする方向に向かって治療をしている” “そこに至らない”との表現があるように、手術をしないのではなくて、出来ないということになります。

麻央さんの現在のがんがステージⅢ期とすると、しこりが5cm以上で、脇の下や、肋骨のそばのリンパ節への転移も考えられます。

手術をすれば全部、取り除けるというような簡単な状態ではないということです。

しこりが大きいため、まず抗がん剤治療でがんを小さくしてからでないと手術ができないことが考えられます。

又、手術ができない進行性乳がんといえば、局所進行乳がんであることが疑われます。

局所進行乳がんは、がんが皮膚や胸壁に及んでいるため、そのまま手術をしても完全に取り除くことが出来ないため、抗がん剤治療が第一選択となります。

局所進行乳がんは、がんの進行が速く遠隔転移も起こしやすいと言われているので、市川海老蔵さんが最初に医者に告げられた病状にも合致します。

小林麻央さんが局所進行乳がんであるステージはⅢとすると、5年生存率は70%ですので、深刻であるとの言葉から受けた印象よりは望みがある数字かと思います。

小林麻央さんは1年8カ月もの入院生活を送っていますが、乳がんの主な抗がん剤は35種類もあり、効果があるかどうかがわかるまで2~3ヶ月を要するのだそうです。抗がん剤は1種類づつしか試せない為、自分に合う抗がん剤に出逢うまでには時間がかかるのだそうです。

自分に合う抗がん剤での治療を経て、病気の状態が手術可能な状況になって、初めて手術ができる、ということになります。

ただ、市川海老蔵さんの発言で幾つか気になる意味深発言がありました。

麻央さんが乳がんであることがわかった後、2人は、「時が過ぎるのを忘れるような時を、しばらく2人で過ごした」ということ。

麗禾(れいか)ちゃん、勧玄(かんげん)くんの2人の子どもとは、病院から自宅に帰っている数時間や、子どもがお見舞いに来てくれた数十分の間は、病気とかの会話ではなく麻央さんはキラキラした時間を過ごしている、ということ。

そして、この1年8カ月については、「いつか、あの時間は大変だったけど、家族にとってはとてもいい経験になれた時間だったね、という会話ができるように、それを夢見て、皆、1年8カ月、600日弱を積み重ねてきた」と表現していました。

この3つの発言を読むと、完治が難しい旨を告げられたからこその行動のように思えます。

だからこそ、治療前に2人だけの時を過ごし、治療中は子どもとのキラキラした時間を持つように心がけ、家族のみんなは、いつか振り返ることが出来ることを「夢見て」毎日を積み重ねているのかと思ってしまいます。

また、1年8カ月の入院を経て、小林麻央さんは、最近になって通院という形がとれるようになったとのこと、

そして、市川海老蔵さんは、今後、家族でやってみたいことを聞かれ、

これまでは、休みを取らずに仕事をしてきたが、今年は休みを取って、麻央さんの体調が良い時に家族旅行を企画しているとのことでした。

更に、小林麻央さんの姉の麻耶さんは、1週間の休養入院のはずが、当分の間、すべての仕事を休むことになり長期休養に入ることが報じられています(8月くらいまで休みを取るということのようです)。

これは、治療よりも家族との時間や家族での思い出づくりを優先しているのかとついつい思ってしまいます。

これらが杞憂であることを願っています。

一日も早い小林麻央さんの回復を心より、お祈り申し上げます。

スポンサードリンク


【関連記事】
市川海老蔵ブログでの小林麻央の最後の画像はいつ?息子と一緒の姿が胸をうつ

小林麻央 聖路加病院屋上での目撃写真や東大病院ホスピスの噂から本当はどこにいるかに迫る!

【こちらの記事も読まれています】
【画像有】藤川千景(富田千景)が不倫相手と逮捕!ヒルナンデス・金スマ美魔女の子供や旦那は大丈夫なのか?

僕のヤバイ妻 最終回ネタバレ!N31とワインの意味、幸平と真理亜、和樹と有希の怖すぎるハッピーエンドとは?

不機嫌な果実 最終回ネタバレ!原作小説・石田ゆり子ドラマとは違う結末だった!(比較あり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ