不機嫌な果実 最終回ネタバレ!原作小説・石田ゆり子ドラマとは違う結末だった!(比較あり)

この記事は7分で読めます

2016年6月10日に最終回を迎えた「不機嫌な果実」のネタバレあらすじになります。

とうとう最終回をとなった栗山千明主演のドラマ「不機嫌な果実」の結末は、原作小説や、1997年の石田ゆり子主演のドラマの結末とは違うものとなりました。

「最終回って、いつだっけ?」「どうなった?」「見逃した!」という方、じっくりお楽しみください。

原作小説と、1997年の石田ゆり子主演ドラマの結末ネタバレも比較できるように、最後に載せていますので、合わせてお楽しみください。

それでは、卒業証書も出てきた栗山千明主演のドラマ「不機嫌な果実」の6月10日放送の最終回のネタバレから見ていきましょう。

スポンサードリンク


不機嫌な果実 最終回ネタバレ 6月10日放送

キャスト

水越麻也子 栗山千明
工藤通彦 市原隼人
野村健吾 成宮寛貴
水越航一 稲垣吾郎
竹田久美 高梨臨
遠山玲子 橋本マナミ
遠山茂 六角精児

ついに夫・航一との離婚を決意した麻也子だったが、記憶喪失となってしまった航一を放り出すことも出来ず、麻也子は絶望に襲われていた。

一方、夫・茂から離婚を突き付けられた玲子には怪しい影が忍び寄っていた。

記憶喪失は航一の自作自演だったこと、そして、航一と久美の不倫を知ってしまった麻也子は、全てをふりきり、音楽評論家の通彦の元へ走り、通彦と一緒になることを決心する。

スポンサードリンク


通彦の両親に挨拶をしに通彦の実家を訪れた麻也子だったか、なんと通彦の母親は、航一の入院している病院で知り合ったウエディングプランナーの田中早苗であった。

息子の結婚したい相手が、夫がいて、離婚も成立していない麻也子と知った母。早苗は大激怒し、結婚は絶対認めないと突っぱねる。

不倫はだめだという両親に、何が何でも麻也子と結婚すると通彦は宣言する。

通彦は、麻也子の目を見つめ、結婚して一緒にイタリアに行こうと告げる。

夫・航一を話しをするために自宅に戻ってきた麻也子に、航一は、用意していた卒業証書を渡す。「祝卒業」と書かれた筒の中には、航一の判の押された離婚届が入っていた。

麻也子の親友の久美と不倫関係になったことを詫び、麻也子への最後のプレゼントと、離婚届を渡してくれたのだ。

本当に麻也子のことを愛していたからと言う航一に、なんで抱いてくれなかったのかと質問する麻也子。

航一は3年前のことを話し始めた。

3年前のある夜、その最中に麻也子はいびきをかいて寝てしまったことがあり、航一はそのことがトラウマになっていたのだった。

正直に告白した航一に、麻也子は「そんなことで」と呟いてしまう。

傷ついた気持ちを言えずに抱え込んでいた航一は、麻也子をひどすぎる、無神経と責め立てる。

麻也子と航一の5年間の結婚生活は、こうやって終わりを告げた。(最終回ネタバレつづきます)

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

カテゴリ