テレビ

「斉藤さんゲーム」のやり方やルール(動画)綾野剛がペッペ!ルーツはみのりかリズム!

斉藤さんゲームをしたい!やりたい人が増殖中!!

ドコモ(docomo)のCMで綾野剛と高畑充希が女子高生と全力で行う「斉藤さんゲーム」が話題になっています。やり方やルール、ルーツなどをご紹介します。

「リズムに合わせて」 

「リナ2」 「ペッペ」

「アリ3」 「ペッペッペ」

「剛2」 「ペッペ」

「斉藤さん」 「斉藤です!(全員で)」

「斉藤さん」 「斉藤です!(全員で)」

斉藤さんゲームのやり方はとても簡単!

是非、覚えて友達同士や家族で楽しんでくださいね。

スポンサーリンク


「斉藤さんゲーム」のやり方とルール

斉藤さんゲームのやり方はとても簡単です。

人数は2人から、ドコモ(docomo)のCMのように6~7人でも盛り上がりますよ!

1. 始める前に、各々の呼び名を2文字で決めておきます。

ドコモCMだと、「リナ」「アリ」「剛(ゴウ)」と言った具合に決めていましたよね。

2. まずは基本のリズムを覚えましょう。手をつかって全員でリズムを取ります。

リズムは4拍子で、1拍子目は両手で膝を叩き、2拍子目は手拍子を叩き、3拍子目は右手を握り、4拍子目は左手を握ります。

【基本のリズム】

1拍子 両手で膝を叩く
2拍子 手拍子
3拍子 右手を握る
4拍子 左手を握る

3. 1人が親となり「(○○から始まる)リズムに合わせて」(4拍子)で開始します。

○○は親の名前。「○○からはじまる」は、ドコモCMではカットされていて、「リズムに合わせて」から直接始まっています。

4. 親は、次の4拍子を使って、誰か別のプレーヤーを指名します。

指名の基本ルールは、次の3・4拍子に合わせて「○○(誰かの名前)+数字(1~4)」を指定します。

ドコモCMだと、「リナ2」ですね。

5. 名前を呼ばれた者は、次の4拍子のリズムに合わせて、親が指定した数字の分だけ「ペッ」を繰り返します。

指定の数字が1なら4拍子目に(1・2・3・ペッツ!)、2なら、3・4拍子目に(1・2・ペッペッ)、3なら、2・3・4拍子目に(1・ペッペッペッ)、4なら1・2・3・4拍子目に(ペッペッペッペ)と言います。

6. 指定された者が、「ペッ」の回数を間違えずに言えれば、その人に親が移り、次のプレーヤーを指定します。

【特別ルール】

指定が「斉藤さん」の場合は、全員で両手で頭をかき分けながら「斉藤です!」と言います。

間違えた場合、その時点で負けとなります。

ルールがわかったところで、ドコモのCM動画を見てみましょう。

スポンサーリンク


斉藤さんゲームのルーツは『みのりかリズム』

斉藤さんゲームのCMを見て、懐かしくなった人もいるのではないでしょうか。

そう、斎藤さんゲームの原型は、TBS系列の「学校へ行こう!」で紹介され人気となったリズムゲーム「みのりかリズム」なんです。

ちなみに、「みのりか」の名前は、番組の司会を務めていたみのもんた(みのりかわ学園校長)に由来しています。

「みのりかリズム」と、トレンディーエンジェル斉藤さんのネタ「斉藤です!」と「ペッ」が融合したのが、「斉藤さんゲーム」です。

「みのりかリズム」の現代版といったところでしょうか。

この「斉藤さんゲーム」を発明したのは普通の女子高生でした。

友達2人で「斉藤さんゲーム」をしているところを撮った30秒動画をTwitterに投稿したのが始まりでした。昨年12月のことです。

その動画は、瞬く間にTwitterで拡散され、LINEやFacebook、YouTubeへも転載・拡散され、女子高生を中心に大流行となりました。

そして、ついにCMに進出することに!!

全国向けに綾野剛さんや高畑充希さんが全力でやるまでとなりました。

CMで話題となったことで、これまでの女子高生の間だけではなく、お母さん世代や子供たちまで拡がっていきそうですね。

【ネットの反応】

「斉藤さんゲームがCMになってるうwwwww」
「斉藤さんゲーム覚えたいぺっぺっ」
「お母さんから突然のお誘いww斉藤さんゲームどこで知ったの?」
「久しぶりにドコモのCM面白いと思ったww」
「ちょ、斉藤さんゲームやりたいwww」
「家族みんなで斉藤さんゲームやって涙出るほど笑ったwwwwwwww」
「ドコモの綾野剛が斉藤さんゲームやってるCM愛おしすぎてダメ」
「綾野剛の斉藤さんゲームやばたん一緒にやりたすぎる」

きゃりーちゃんもツイッターでコメントしています。

スポンサーリンク