【カラオケバトル2017】 8月23日U-18歌うま甲子園の優勝者と出場者の結果一覧「堀優衣、鈴木杏奈らU-18四天王・トップ7不在の中、年間チャンピオン決定戦のチャンスを手にするのは誰?」

この記事は4分で読めます

2017年8月23日に「THE カラオケバトルU-18歌うま甲子園」が放送されました。出場者と優勝者が誰となるのかの結果をご紹介していきます。

今回の優勝者は秋に開催される2017年間チャンピオン決定戦に出場することができます。

U-18四天王の堀優衣、鈴木杏奈、佐々木麻衣、竹野留里と、トップ7の佐久間彩加は、すでに年間チャンピオン決定戦への出場が決まっているため今回のU-18歌うま甲子園には出場しません。

歌の甲子園を勝ち抜いて、年に1度の2017年間チャンピオン決定戦へのチャンスを掴む優勝者は出場者の誰となるのでしょうか。

スポンサーリンク


カラオケバトル2017年8月23日「U-18歌うま甲子園」予選ルール

U-18四天王の堀優衣、鈴木杏奈、佐々木麻衣、竹野留里と、トップ7の佐久間由依が不在の今回の「U-18歌うま甲子園」では誰が勝ち抜くのかは予測不能の事態となっています。

「U-18歌うま甲子園」予選では、いつものようにA、B、Cの3つのブロックに4人づつ分かれて対戦し、各ブロックの得点上位1名が決勝に進出することができます。敗者復活はありません。

【Aブロック予選】出場者と曲・得点結果

Aブロックは女子同士の壮絶バトルとなりました。

A-1.山口まりの(18歳・高3)

福岡県筑紫野市在住の歌に青春を捧げる高3女子!透き通った歌声が魅力。
歌の時間を増やしたいと野球部のマネージャーを辞め週30時間以上の特訓でカラオケバトル出場を勝ち取った。

・曲 やさしさに包まれたなら / 荒井由実
・得点 98.551

A-2.森野有羽(ゆう)(16歳・高2)

高知県立高知西高校軽音楽部でヴォーカルを担当するパワフルボイス土佐っ子!
仕事をこなしながら有羽ちゃんの夢に寄り添ってくれる父と二人三脚で出場を掴む。
浅倉「声色を使い分けていますね。最後、張るところ全然楽に、、最高でしたね。」

・曲 愛情 / 小柳ゆき
・得点 97.296

A-3.佐藤絢音(あやね)(15歳・中3)

カラオケバトルが大好きな埼玉のハチャメチャ娘!カラオケバトル初出場では椎名林檎を熱唱。

・曲 Silly / 家入レオ
・得点 99.176

音程正確率(91%)が上がれば100点が狙えたとのこと。

A-4.藤井舞乃空(まのあ)(12歳・中1)

小学生ながらU-18四天王の佐々木麻衣ちゃんを撃破!2017年の今年中学1年生になったなにわの歌姫。
同学年でトップ7の佐久間彩加ちゃんと同じ土俵に上がるべく優勝を目指します。

・曲 初恋(三田寛子ver.) / 村下孝蔵
・得点 99.154

藤井舞乃空ちゃん、わずか0022点及ばず、Aブロックからは佐藤絢音ちゃんが決勝戦進出です。

【Bブロック予選】出場者と曲・得点結果

Bブロックでは、前回、U-18男子初の100点満点を出した島根の美声男子・小豆澤英輝くんと、U-18四天王から陥落した後、半年の時を経て復活した角田龍一くんに注目が集まりました。

B-1.小椋康平(16歳・高1)

福島県郡山市在住、3歳の時にズンドコ節を聞き、以来、氷川きよしのような演歌歌手を目指す。
カラオケバトル初登場は小6、その名は福島中に轟き、中学生にして年間100本のステージに立った。
高校生からは地元の民謡教室に通い歌の技術がパワーアップ!

・曲 さざんかの宿 / 大川栄策
・得点 98.410

B-2.矢口桃子(17歳・高3)

愛知県在住、コンクール入賞多数の童謡日本一の歌うま女子高生!
2017年2月放送の「チャンピオンズカップ2017」で同様日本一として妹のひとみちゃんが出場。

・曲 デイ・ドリーム・ビリーバー / 森川ココネ(高畑充希)
・得点 97.601

B-3.小豆澤英輝(18歳・高3)

涙腺崩壊の哀愁ボイス!前回の「U-18歌うま甲子園 2017夏の頂上決戦」で100点満点を獲得!今、最も勢いに乗る高3男子。悲願の初優勝を共に歩んでくれた母親に捧げられるか、、

・曲 いつか離れる日が来ても / 平井堅
・得点 99.589

音程正確率(96%)、安定性は文句なし!抑揚(89点)がもう少し高ければ100点が出ていたかも。

B-4.角田龍一(17歳・高3)

元U-18四天王 東京都立田柄高等学校に通う天性の歌うま高3男子。U-18最強男子として四天王に返り咲くラストチャンスにかける!

・曲 追憶 / スターダスト☆レビュー
・得点 99.321

高3男子対決となったBブロックは、0.268点差で小豆澤英輝くんが決勝進出です。

スポンサーリンク


【Cブロック予選】出場者と曲・得点結果

Cブロックでは、今年2017年春の新人戦での優勝を始め、初登場から3連続99点超えの超新星の熊田このはちゃん、ベストスコア99.801ながらここぞというときで勝ちきれない西岡龍生くん、初参戦の民謡日本一の女子高生が参戦です。

C-1.藤井菜央(15歳・高1)

歌手を目指して単身上京、アクターズスクール広島が生んだ高1歌姫。

・曲 ありがとうの輪 / 絢香
・得点 98.717

C-2.西岡龍生(たつき)(16歳・高2)

優勝経験のある実力者ながら、番組史上最も勝負弱い千葉の歌うま男子。

・曲 たいせつなひと(シネマ・バージョン) / さだまさし
・得点 99.098

C-3.目黒優月(ゆづき)(17歳・高3)

秋田県屈指の進学校・県立秋田中央高等学校に通う民謡日本一(民謡民舞全国大会ジュニア部門2016年優勝)に輝いた民謡界のトロフィーハンター。

・曲 こころ酒 / 藤あやこ
・得点 96.159

C-4.熊田このは(14歳・中3)

2017年に現れたU-18期待の新生!福島県郡山市在住。
U-18歌うま甲子園春の選抜新人戦(2017年3月)の予選・決勝共に99点台で優勝。
続くU-18歌うま甲子園 2017夏の頂上決戦(2017年6月)予選でも99点台で、デビューから99点代を3連発はU-18史上初の快挙。

・曲 見えないスタート / BENI
・得点 99.571

初出場から4連続99点超え(自己記録・カラオケバトル番組記録更新)で熊田このはちゃんが決勝進出です。

【決勝戦】カラオケバトル2017年8月23日「U-18歌うま甲子園」優勝者と結果

A.森野有羽(ゆう)(16歳・高2)

カラオケバトルLOVEのハチャメチャ娘。

・曲 GLAMOROUS SKY / NANA staring MIKA NAKASHIMA
・得点 99.308

B.小豆澤英輝(あずきざわあいき)(18歳・高3)

元U-18の角田龍一くんを撃破し、母と二人三脚で初優勝を目指す。

・曲 『いちご白書』をもう一度 / バン・バン
・得点 99.338

C.熊田このは(14歳・中3)

新記録連発!2017年に現れたU-18期待の新生。

・曲 ひまわりの約束 / 秦基博
・得点 99.702

優勝は熊田このはちゃん!!






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

カテゴリ

recomend

お子様のニオイ対策