服部彰文弥富市長のフライデースキャンダル画像!浮気相手Aは誰?市政は大丈夫なの?

ニュース

愛知県弥富市の服部彰文(はっとりあきふみ)市長に不倫スキャンダルです。

服部彰文弥富市長が女優の吉田羊に似た愛人宅を週4で訪れているとフライデーが画像付きで報じました。

路チューしているところを目撃されてしまった服部彰文弥富市長の経歴プロフィールや、4~5年前のミス弥富金魚の母親とされる浮気相手が誰であるのか、そして、2人の密会の詳細などを調べてみました。




服部彰文弥富市長が路チュー不倫【フライデースキャンダル画像】

10月5日発売のフライデーが、服部彰文弥富市長の不倫を報じ話題となっています。

愛知県・弥富市長(服部彰文・71歳)の愛人生活 月を見ながら路上でチュー

中秋の名月が田んぼに実った稲穂を照らす夜、一組の男女が白壁の住宅から出てきた。

二人は固く手を握り合い、月の美しさに目を細めながら近くに停めてあった男性の車へ。

男性が運転席に乗り込もうとすると、女性が甘えるように顔を突き出す。

3秒ほどのお別れの路上キス。

男性が車に乗り込みゆっくり走り去るのを、女性は手を振って見送った。

フライデー

こちらが、服部彰文弥富市長と不倫相手のAさんのツーショット画像になります。

フライデーは一地方の不倫スキャンダルにも容赦しません。

弥富市長の愛人疑惑の詳細を目撃情報とともに報じています。

フライデーが目撃した服部彰文弥富市長の密会は、9月24日(月・祝日)のことで、

この日、服部彰文弥富市長は、不倫相手のAさんと二人で車で出かけた後、Aさんの自宅に帰宅し、しばし過ごした後の帰りの様子が上記の文章になります。

服部彰文弥富市長が浮気相手のAさんと会うのはこの日のように仕事を終えた夜が大半とのことですが、

なんと、この日の翌日の9月25日(火)は平日にも関わらず、

服部彰文弥富市長は、公務時間中の昼間にAさん宅を訪れ、2時間を過ごしたことが目撃されています。

服部彰文弥富市長には、中学時代の同級生の嫁と40代の息子が2人いますので、Aさんとは不倫ということになります。

服部彰文弥富市長は、多い時は週に4日はAさん宅を訪れていると言いますから、かなり”お盛ん”な様子が伺えます。

服部彰文弥富市長の経歴プロフィール【画像】


弥富市公式ホームページ

名前:服部彰文(はっとり あきふみ)

生年月日:1947年10月1日

年齢:71歳(2018年10月現在)

出身地:愛知県弥富市

出身大学:明治大学商学部卒業

職業:愛知県弥富市長(3期)

所属:無所属

服部彰文弥富市長は、地元、弥富市生まれで、

1971年、明治大学商学部を卒業後、

大手スーパーの「ユニー」に入社し、

1993年にはユニーグループのユーストアに入社にサラリーマン生活を送っていました。

2007年1月(当時59歳)に弥富市長選挙に出馬し、現職で自由民主党の推薦を受けた川瀬輝夫氏を破り初当選し市長となります。

その背景には、長年弥富市議を務めた親族のバックアップがあったとのこと。

その後、2011年と2015年は無投票で連続当選し、現在3期目を務めています。

来年2019年2月の選挙で4期目を目指しています。




服部彰文弥富市長の浮気相手Aは誰?第34か35代のミス弥富金魚の母親か?

服部彰文弥富市長が週4で訪れる女優の吉田羊似の浮気相手のAさんとは誰なのでしょうか。

2人の出会いは4~5年前、

Aさんの娘がミス弥富金魚となったことがきっかけで、知り合い、男女の仲になりました。

当時、Aさんには旦那がいましたが、今から1~2年前に離婚をしていて、

最近では、服部彰文弥富市長は、多い時は週に4日はAさん宅を訪れているとのこと。

娘がミス弥富金魚になるくらいなので、母親のAさんも美しい人なのでしょう。

Aさんの年齢は、娘をヒントにすると、

ミス弥富金魚の応募資格は、18歳以上の未婚女性になるので、

娘が20代前半、母親のAさんが40代半ばと言ったところでしょうか。

とすると、Aさんは、

71歳の服部市長より20歳以上年下の愛人ということになりそうです。

更に詳しく調べてみると、

4年前のミス弥富金魚(2014年度・第35代)は、

愛西市在住の住田綾香さん(当時21歳)、


広報やとみ

5年前のミス弥富金魚(2013年度・第34代)は、

愛西市在住の梶浦未央さんです。

愛人のAさんは、弥富市在住ではなく、近隣の市に住む主婦とのことなので、

愛西市在住の住田綾香さん、梶浦未央さんともに条件に当てはまります。

服部彰文弥富市長の愛人宅訪問の言い訳がこちら!市政は大丈夫なの?

フライデーの直撃に対し、服部彰文弥富市長は、

愛人Aさんについて「知人」であること、

そして、

Aさん宅を訪れた理由は、「相談に乗ってあげていた」と弁明しています。

一方で、Aさんは、服部彰文弥富市長が自宅を訪れることについて、

「自宅で母親の介護をしているので、様子を見に来てくれている。」

と説明しているとのこと。

それが事実だとすると、服部彰文市長は、

近隣市に住むAさんの相談に乗るために、

弥富市の公務をほったらかしで日中から出かけていることになります。

こんな人物に市政を任せて大丈夫なのでしょうか?

フライデーでは、20年間弥富町長を務めた佐藤博氏の意見として、

服部彰文弥富市長の資質について疑問を呈しています。

例えば、

服部彰文弥富市長は、立候補時に自らの給料の20%カットを公約に掲げましたが、

1期後は、増額して、現在は、月に92万円以上を手にしているとのこと。

フライデーが報じたことにより、白日の下に照らされることとなった不倫疑惑や公務中の行動について、公の場で説明責任を果たして頂きたいところです。

服部彰文弥富市長不倫スキャンダルに対するネットのコメント







コメント