林芳正文科相のキャバクラヨガ恵比寿PSYの料金やシステムは?女性や企業も福利厚生に使うヨガスタジオなんだけど..

政治

林芳正文科相がキャバクラヨガと呼ばれている店に公用車で出かけていたことが週刊文春に画像付きでスクープされました。

林芳正文科相が通っているの「セクシー個室ヨガ」とはどこにあるのでしょうか?文春の動画に出てくる店を調べたところ、恵比寿にある「PSY(ポジティブスター・ヨガ)」でした。キャバクラヨガと呼ばれる料金やシステムはどうなっているのでしょうか。

「PSY(ポジティブスター・ヨガ)」は女性向けや企業向けの福利厚生サービスも行っているヨガスタジオで、文春の報じ方は誤解を生みかねない表現がありますが、林芳正文科相が訪れたのは、加計学園に関する「首相案件」で国会が揉めていた最中の4月16日の午後であることや、公用車を使っていることなど批判の的には事欠かないようです。




林芳正文科相が公用車でキャバクラヨガ通い【文春砲】

4月25日発売の週刊文春で、林芳正文科相が公用車でキャバクラヨガと呼ばれる店に通っていることがスクープされました。

林芳正文科相は4月16日(月)午後14時半のことで、公用車である黒塗りのワンボックスカーでヨガスタジオを訪れ2時間を過ごした後、待たせていた公用車に乗り込み帰っていきました。

林芳正文科相のキャバクラヨガは恵比寿『PSY』【画像】

林芳正文科相が通っているキャバクラヨガがどこなのかが気になるところですが、文春の予告動画からその店を特定することができました。

恵比寿にある「PSY(ボジティブスター・ヨガ)」です。

恵比寿にある雑居ビルの最上階に店舗があるとの説明がありましたが、
住所は東京都渋谷区恵比寿南2-20-2ガイア恵比寿ビルの7階になります。

こちらが「PSY」のある住所の地図です。

『PSY』代表は元マスカッツ庄司ゆうこ


ps-yoga.com

「PSY(ポジティブスター・ヨガ)」の代表を務めるのは庄司ゆうこさん。

1984年2月22日兵庫県神戸市生まれの現在、34歳で、20代の頃はヌードモデルやイメージビデオで活躍していたグラビアアイドルでしたが、2010年6月にヨガのインストラクターの資格を取得し、9月に「ポジティブスターヨガ」を設立し、グラビアアイドルを卒業します。

今から10年前の「おねがいマスカッツ」では、運動神経ゼロの天才ダンサーとして名を馳せていたのを覚えている人もいるのではないでしょうか。

今では有名なヨガスタジオを経営する実業家となっていますが、そのシステムからキャバクラヨガと呼ばれることがあるようです。

キャバクラヨガと呼ばれる料金やシステムとは?

ヨガスタジオというと女性が通うイメージが強いですが、『PSY』のコンセプトは、「女性はもちろん、男性も楽しめるヨガ教室」で、体が硬いから男性はヨガに向いていないとの固定観念を払拭し、男性でも精神面や健康面で心身共にリセット・リフレッシュしてもらうべく、男性向けのサービスがあるのが特徴になります。

男性向けのサービスは基本マンツーマンのため値段も高く60分で1万1千円となっています。
代表の庄司ゆうこさんを始め、美人インストラクターとのパーソナルレッスンにヘッドとハンドのマッサージ付きとなっています。

女性向けのレディースヨガは基本、最大10名までのグループレッスンのため料金はメンズヨガよりも安い1回60分3,000円となっています。

『PSY』ではその他、企業向けの福利厚生サービスも行っていて、企業単位で契約している会社の紹介もHPには掲載されています。

林芳正文科相の場合も福利厚生の一環で『PSY』と契約をしている可能性も考えられます。

一方で、『PSY』のシステムについて、美人インストラクターとレッスン後、食事に行けるとの噂があり、過去にインストラクターの女性がテレビに出演して、客と付き合ったことがあることを発言したことなどから、「キャバクラヨガ」みたいと言われているとのこと。

『PSY』は企業が福利厚生として使用しているヨガスタジオですし、林芳正文科相も2時間を過ごした後は、インストラクターと食事に行くこともないですし、ここまで書かれてしまうのはどうなのか、との印象があります。

ただ国会が「首相案件」問題で揺れる中での公用車での不用意な外出と叩かれてもしかたがない行動でしたね。

林芳正文科相に対するネットの声







コメント