平井真美子(顔画像)のプロフィール!ピアノ作品(動画)と森山直太朗との馴れ初めから結婚までまとめ

エンタメ

森山直太朗さん(42)が作曲家でピアニストの平井真美子氏(41)と結婚したことが報じられました。

お相手の平井真美子さんのピアノ作品には、映画「白夜行」、ドラマ「過保護のカホコ」、NHKBS「こころ旅」や資生堂「マキアージュ」のCM曲などがあり、誰でも一度は平井真美子さんの手掛けた音楽を聴いたことがあるはずの売れっ子作曲家で、「天才美人ピアニスト」として評判の人物なのだとか。

森山直太朗さんとの出会いは2001年で、長い間、友人関係でしたが、昨年2017年の年末になって恋愛感情が芽生え交際へ発展し、友人関係17年、交際5か月で結婚となりました。2人とも40代の年齢同士の結婚にネットは好感のコメントが多く寄せられています。

ここでは、業界から高い評価を受ける平井真美子氏のプロフィールとそのピアノ作品について、オリジナルCDから、映画やドラマのテーマ曲や劇中歌、話題のCM曲をまとめました。

あの曲も平井真美子さんの作品だったのかと思うこと請け合いです。




平井真美子氏のプロフィール【画像】


instagram.com

名前:平井真美子(ひらいまみこ)
生年月日:1976年生まれ
年齢:41歳
出身地:京都府
大学:桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業
職業:作曲家・ピアニスト
配偶者:森山直太朗(1976年4月生まれ)

■公式サイト&SNS
MAMIKO HIRAI official homepage.
ツイッター:@hiraimamiko
Facebook:@pianodiary.mamiko
インスタグラム:@mamiko.hirai

森山直太朗さんの結婚相手の平井真美子(ひらいまみこ)さんは京都府出身で、高校からはピアノを学ぶために上京し、東京都調布市にある桐朋女子高校音楽科ピアノ専門、東邦学園大学音楽学部ピアノ科を卒業し、現在、作曲家、兼、ピアニストとして活動中です。

日常の想いをメロディーとして綴る「Piano Diary」をライフワークとし、オリジナルピアノアルバムの創作に加え、その親しみやすく美しいメロディーは業界のクリエイターたちから厚い信頼が寄せられており、映画、テレビドラマや、CMなどの劇中音楽やテーマ曲を数多く手がけています。

森山直太朗さんとは1976年生まれ同士の同級生で、直太朗さんの母親の森山良子さんは真美子さんのことを娘のように可愛がっていたとのことで、本当の娘となったことに大喜びしているとのことです。

平井真美子氏と森山直太朗の馴れ初めは2001年


twitter.com

森山直太朗さんの義兄のおぎやはぎの小木博明さんが自身のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」で2人の馴れ初めから結婚に至る真実を明かしてくれました。

森山直太朗さんは彼女の平井真美子さんを伴って、おぎやはぎの出演する「東京03 FROLIC A HOLIC」ライブを見に来て楽屋に一緒に挨拶に来たのだそうです。

そこでの平井真美子さんの印象は、矢作さん曰く「雰囲気がいい」とのことで、「ほわっとしていて、やわらかくて、いい空気感」で矢作さんの好きなタイプなのだそう。見た目も、目鼻立ちがくっきりというよりは、和風の木村多江のような目元もまさに矢作さんのタイプなんだとか。

ニュースでは、2人の出会いは平井真美子氏が森山直太朗さんのサポートピアニストを務めたことと報じられましたが、2人の出会いは、それよりも前の2001年4月22日だったとのこと。

出会った当初2人はお互いに恋愛感情を抱くことはなく、半年に1回程度、近況を連絡し合う知り合いだったとのこと。

知り合った翌年の2002年に森山直太朗さんはアルバム「乾いた唄は魚の餌にちょうどいい」でメジャーデビューし、続く2003年に「さくら(独唱)」が大ヒットとなります。

2006年平井真美子氏が森山直太朗のライブに参加

2006年に森直太朗さんのツアーでピアノ担当の方が何日か休むこととなり、そこで、平井さんがいたな、ということで平井真美子さんがサポートピアニストを務めることとなったのですが、それがきかっけで、今度は2人は仕事関係の間柄となってしまったとのこと。その後も半年に1回ぐらい会う程度の付き合いだったそうです。

森山直太朗さんは2008年には2年間交際している松嶋菜々子似の美女と同棲していることがフライデーされ、事務所も交際を認めていましたが、結局、結婚には至りませんでした。

2017年の年末に恋愛感情が芽生え入院を経てスピード婚へ


twitter.com

そんな2人に転機が訪れたのが昨年末のことでした。

きっかけは色々とあったそうですが、そのひとつは知人の何気ない言葉だったそうです。

2人が一緒にいるところを見た平井さんの知人が、「(森山さんは)彼氏なの?付き合ってるの?」と質問をしたところ、平井真美子さんが「違うんです。友達なんです。」と否定するのを見て、森山直太朗さんは、(そんなことを言わしちゃったんだ。)と思ったのだそう。そして、平井さんについて改めて意識するようになり、「この子だ!」と気づいたのだそうです。それが2017年の12月の年末のことでした。

そして、小木さんが森山直太朗さんが平井真美子さんと結婚することを確信することがありました。

その年末から小木さんは森山直太朗さんを連れて海外旅行に行くことになっていましたが、当日、成田空港にいる小木さんに森山さんからドタキャンの連絡が入ったのでした。そこで、森山直太朗さんは、最近、彼女ができたこと、彼女が病気になって病院に来ていて看てあげないといけない、ことを報告したのでした。看病から急接近して結婚するパターンが多いことから、小木さんは2人は結婚するな、と確信したとのことです。

2018年5月16日の大安の日に、2人は区役所に婚姻届けを提出し、知り合ってからは17年になるものの、交際から5か月でのスピード婚となりました。




平井真美子氏作曲のピアノ作品まとめ【動画】


平井真美子氏が手掛けた作品の一部(公式サイトより)

CMのピアノ曲

第一生命「一生涯のパートナー 2つのぬいぐるみ」篇(作曲・編曲・演奏)


DMM.make「3Dプリント滝」篇(作曲・編曲・演奏)

学研教室「学研の先生になりませんか」篇(作曲・編曲・演奏)

・カルピス「届く強さの乳酸菌 ・腸内まで美しいか」編
・松竹梅 「天が新しくなった」篇
・資生堂「マキアージュダイアリー」(Dear)
・キューピー「深煎りゴマドレッシング」
・第一三共ヘルスケア「カコナール2」
・NEC「バリュースター」
・ECCジュニア
・花王「バブ」
・ユニ・チャーム「moomy”出会い”」篇
・京都銀行「相合傘 掘れている方が濡れている」篇「ウチの猫」篇「おばあちゃん」篇
etc.

映画のピアノ曲

2011年「白夜行」(主演:堀北真希・高良健吾)
『光と影』


2017年「恋妻家宮本」(主演:阿部寛・天海祐希)

・2017年「いつまた、君と〜何日君再来〜」(主演:尾野真千子・向井理)
・2015年「先生と迷い猫」(主演:イッセー尾形)
・2015年「ボクは坊さん。」(主演:伊藤淳史)
2014年「トワイライト ささらさや」(主演:新垣結衣・大泉洋)

・2013年「中村勘三郎」「主演:中村勘三郎」
・2001年「キミとボク」(主演:中村杏)
・2011年「洋菓子店コアンドル」(主演:江口洋介・蒼井優)
・2010年「半分の月がのぼる空」(主演:池松壮亮・忽那汐里・大泉洋)
・2009年「60歳のラブレター」(主演:中村雅俊)
・2008年「同級生」(主演:中村優一・桐谷美玲)
・2007年「晴れた日は図書館へいこう」(主演:藤澤恵麻)
・2006年「アイランドタイムズ」(主演:仲里依沙)

テレビ番組・ドラマのピアノ曲

2017年「過保護のカホコ」(主演:高畑充希)

こちらは平井真美子さんの演奏ではありませんが、耳コピで演奏された方の演奏動画になります。
・過保護のカホコ劇中歌「まばたき」

2017年(2014年・2011年) NHK-BS「にっぽん縦断こころ旅」(主演:火野正平)

・2017年「屋根裏の恋人」(主演:石田ひかり)
・2016年「はじめまして、愛しています。」(主演:江口洋介・尾野真千子)
・2015年「ボクの妻と結婚してください」(主演:内村光良・木村多江)
2015年「偽装の夫婦」(主演:天海祐希・沢村一樹)

平井真美子氏オリジナルアルバム・CD作品集

平井真美子さんは、ソロアーティストとしても活動中で、これまでに3枚のオリジナル・ピアノアルバムを発表しています。

22013年「夢の途中」(全14曲)
『夢の途中』trailer(レコーディングも要のダイジェスト映像)


・2011年「Cinema Diary」(全7曲)
手掛けた映画作品の中からオリジナルサウンドトラックが発売されなかった曲を中心とするピアノソロ作品集
・2007年「Piano Diary」(全17曲)

ピアノコンサートも精力的に続けていて、2018年4月30日には、叔父の谷口善志郎氏が社長を務める和歌山県橋本市橋本1の「みそや呉服店」(国登録有形文化財)にて、ドラマ音楽「シアワセの空白」「私はカホコ」などオリジナル計14曲を披露したとのことです。

才能あふれる平井真美子さんと生粋の音楽一家の森山直太朗さんが結婚となり、2人の創作活動にどのような変化が現れるのかとても楽しみですね。







コメント