今福浩之社長(椿原慶子アナの結婚相手)の顔画像とWikiプロフィール!元彼女の女子アナとのトラウマとは?

ライフ

フジテレビの椿原慶子(つばきはらけいこ)アナが、竹村総合設備会社(竹村コーポレーション)の今福浩之(いまふくひろゆき)社長と今月10月15日に結婚していたことが報じられ話題となっています。

結婚相手の今福浩之社長はどのような人物なのでしょうか。

今福浩之社長の顔画像や経歴などWikiプロフィール、椿原慶子アナとの出会いから熱愛スクープ、元彼女とのトラウマについて調べてみました。

セレブ婚ともてはやされていますが、椿原慶子アナは父親と母親もセレブの社長令嬢で、セレブっぷりでは今福浩之社長に負けていないようです。




今福浩之社長が椿原慶子アナの結婚相手【顔画像】

今福浩之社長の学歴・経歴 Wikiプロフィール

椿原慶子アナの結婚相手の竹村総合設備会社(竹村コーポレーション)社長の今福浩之氏(38歳)の顔画像がこちらです。


竹村コーポレーション

今福浩之氏が社長を務める竹村コーポレーションは、1906年創業の老舗の総合設備会社です。

総合設備とは、ジャンルは建設業で、土木や建築の工事を直接請け負うゼネコンの下請けで、主に設備設計や工事を行うサブコンと呼ばれるものになります。

竹村コーポレーションでは、このサブコンだけでなく、既存の建築物のリノベーション(設備改修工事やリフォーム)にも取り組んで業績を上げている会社です。

2018年3月期決算の売上高は約75億円です。

従業員は130名で、平均年収は営業で500万円、技術職で600万円程度とのことです。

今福浩之氏は、先代の父親の今福克昌社長から継ぐ形で、2010年に社長に就任しました。

社長となれば年収は2000万円以上はもらっているのではないでしょうか。

先代の父親からは「好きなことをやっていいんだぞ」と言われていましたが、会社を継ごうという強い覚悟から社長の職に就いたのだそう。

今福浩之社長は身長185㎝と長身で、立教大学出身で、大学時代はスキー部の主将を務めていました。

学生時代にはスキーで全国大会に出場したこともあるそうで、ゴルフやサーフィンを愛する「自然系スポーツマン」なのだそう。

立教大学を卒業後は、アメリカに留学して海外経験をしたり、その後は、大手の設備企業の海外事業を担当するなどして経験を積み、2010年に30歳で、実の父親から継ぐ形で竹村コーポレーションの社長となりました。

今福浩之社長と椿原慶子アナの馴れ初めは?

椿原慶子アナと今福浩之社長の馴れ初めは、椿原慶子アナの先輩の元フジテレビアナウンサーの木佐彩子さんと、旦那の元プロ野球選手の石井一久氏の紹介で知り合い、2017年4月頃から交際がスタートしました。

木佐彩子アナのテンションで、

「あなたにお似合いな人がいるのよ!」

なんて紹介したのかもしれないですね。

今福浩之社長と椿原慶子アナに熱愛スクープ!

そして、交際から5か月ほど経った2017年9月、

椿原慶子アナの自宅マンションを訪れる今福浩之社長の姿が週刊誌にスクープされました。

と言っても、2人のツーショット画像は撮られておらず、椿原慶子アナのファンの間ではガセネタではとの期待の声があがっていました。

実は、椿原慶子アナの結婚相手の今福浩之社長は、過去に、女子アナとの熱愛を週刊誌にスクープされたことがあり、その時のトラウマから、週刊誌に対して警戒心が強かったのだそうです。

椿原慶子アナの自宅近くまで一緒のタクシーで乗り付けた2人は、まず椿原慶子アナが降りて1人で歩き始め、その数分後に彼氏の今福浩之社長が降りて歩き始めるといった具合で、今福浩之社長の姿はまるで尾行している探偵のようだったとのこと。

椿原慶子アナが今福浩之社長の自宅を訪れることもありましたが、社長の住む自宅マンションは、地下に車を付けることができるため、週刊誌は中々、2人が一緒のところを撮ることができなかったのだそう。

今福浩之社長のトラウマとは?元彼女アナとフライデースクープ

今福浩之社長のトラウマとなったのがこちらのフライデースクープです。

今から8年前の2010年、

今福浩之社長は、当時、TBSの若手エースアナとして人気を博していた出水麻衣アナと付き合っていて、熱愛をフライデーされました。

しかもフライデーは2人が路チューしているツーショット画像の撮影に成功していました。

2010年と言えば、今福浩之氏は父親から社長の座を継いだばかりでした。

そんな時に女子アナとの路チュー写真が世の中に公開されるとは、地獄だったことでしょう。

そりゃ、トラウマになりますね。

今回、椿原慶子アナとめでたく結婚となったことで、堂々と一緒に歩けるようになりますね。




椿原慶子アナの父親と母親もセレブの社長令嬢だった

今福浩之社長との結婚で、セレブ婚とはやされていますが、椿原慶子アナの実家もセレブっぷりでは負けていません。

椿原慶子アナは、兵庫県神戸市出身で、1985年10月28日生まれの現在、32歳です。

兵庫県のお嬢様学校である小林精神女子学院中学校・高等学校と進み、大学は聖心女子大学文学部歴史社会学科を卒業しています。

椿原慶子アナの父親はワインなどを輸入するボンド商会役員の椿原功一氏で、母親は、ミヨシ電子グループ創業者の故前川裕佑氏の長女の智恵さんです。

実家は兵庫県の高級住宅街の芦屋にあります。

椿原慶子アナの実家のセレブっぷりについては有名なエピソードがあって、同期の榎並大二郎アナが、芦屋の自宅を訪れたことがあるそうなのですが、

「僕の部屋は、椿原慶子アナの実家のトイレより狭かった」

と、椿原慶子アナの自宅の広さについて証言をしたことがありました。

椿原慶子アナ自身も社長令嬢のセレブなのです。

2人は、今月10月15日(月)に区役所に婚姻届けを提出し、結婚しましたが、12月22日に東京都内のホテルで挙式・披露宴が行われる予定です。

セレブ家族同士の結婚で、披露宴の出席者は有力者や有名人が名を連ねる華やかなものになることでしょうね。

お二人の末永い幸せを心からお祈り申し上げます。







コメント