カラオケバトル2018年間チャンピオン決定戦結果順位!優勝は誰?(2018年10月17日放送・出演者と曲目一覧)

テレビ

2018年10月17日(水)夜6時55分から、THE カラオケバトル2018年間チャンピオン決定戦4時間SPが放送されるので、優勝者が誰になるのか、新トップ7に入れ替わりはあるのか、出演者18名のプロフィールと、曲目一覧や得点を予選・セミファイナル・決勝の結果をまとめています。

2018年間チャンピオン決定戦は、U18四天王の堀優衣(トップ7兼)、鈴木杏奈(トップ7兼)、佐々木麻衣、佐久間彩加に加えて、宮本美季、翠千賀、海蔵亮太、中村萌子、元永航太の今日現在のトップ7の称号を持つメンバーを始め、2018年4月からの得点ランキング上位18人だけが出場できる半年に1度のカラオケバトル頂上決戦です。

2018年間チャンピオンは番組初のトーナメント形式x抽選で行われ、負けたらそこで終わりのサバイバルバトルとなります。




カラオケバトル2018年間チャンピオンはトーナメントx抽選!

2018年間チャンピオンは負けたらそこで終わりのトーナメント形式になります。

トーナメントの組合せはトップ7と、トップ7以外に分かれて抽選で決定します。
くじ運も勝負への鍵になります!

まずトップ7以外が、それぞれ抽選でどのブロックに行くかを決め、
トップ7については、それぞれブロックが始まる開始直前に堺さんが抽選で決定します。

1回戦はA~Fの5つのブロックで戦い、それぞれ上位1名づつが2回戦に進みます。

2回戦はAブロック対Bブロック、Cブロック対Dブロック、Eブロック対Fブロックで戦い、勝った3名が決勝に進出することができます。

2018年間チャンピオン決定戦出演者18名と1回戦曲目一覧

 

TOP7・U18四天王 ノン・タイトル
宮本美季:松任谷由実「真夏の夜の夢」 RiRiKA:今井美樹「PIECE OF MY WISH」
翠千賀:岩崎良美「赤と黒」 安藤常光:西城秀樹「傷だらけのローラ」
中村萌子:河村隆一「Glass」 おかゆ:藤圭子「圭子の夢は夜ひらく」
海蔵亮太:福山雅治「Squall」 DaisyxDaisy:Every Little Thing「Time goes by」
元永航太 :石川さゆり「能登半島」 透水さらさ都はるみ「愛は花、君はその種子(たね)」
堀優衣:平井堅「even if」 西岡龍生:KinkiKids「青の時代」
鈴木杏奈:華原朋美「I believe」 小豆澤英輝:松任谷由実「ANNIVERSARY」
佐々木麻衣:川中美幸「遣らずの雨」 齊藤伶奈:大黒摩季「あなただけ見つめてる」
佐久間彩加:中森明菜「BLONDE」 平野光市郎:GLAY「ずっと2人で…」

 

現在のトップ7(2018年3月28日~)
・堀優衣(高3)
・鈴木杏奈(中3)
・元永航太(ジャズ)
・宮本美季(ジャズ)
・翠千賀(オペラ)
・中村萌子(ミュージカル)
・海蔵亮太(カラオケ世界王者)

 

現在のU-18四天王(2017年2月22日~)*2018年2月21日に竹野→佐久間
・堀優衣(高3)
・鈴木杏奈(中3)
・佐々木麻衣(高2)
・佐久間彩加(中2)

 

■2018年間チャンピオン決定戦4時間SP
・日時 2018年10月17日 よる6時55分~
・司会 堺正章、柳原可奈子、繁田美貴
・ゲスト 野口五郎、デヴィ・スカルノ、真琴つばさ、檀れい、岡田圭右(ますだおかだ)、スピードワゴン、瀧本美織




予選

Aグループ

・平野光市郎(ひらのこういちろう)

■プロフィール
歌手を夢見る44歳フリーターパパ
カラオケバトル現・アマチュアチャンピオン
2018年4月全国統一歌うま王座決定戦優勝(予選99.071・決勝99.430)

■曲目:ずっと2人で…(GLAY)
■得点:99.253
安定性が抜群!
音程正確率95% 表現力95% ロングトーン4.5 安定性10 ビブラート4(合計43秒 56回)
■ゲストコメント:
デヴィ夫人「歌を聴いたときにほんとにお上手だと思いました。声もきれいだし、どんあハンサムな方が歌っているのかな、ってみたら、普通の方でした。」

・透水さらさ(とうみさらさ)

■プロフィール
宝塚92期生
元雪組の娘役として活躍したクリスタル・デイーバ
退団後は、歌手活動をつづけながら、主婦として家事と育児、旦那の営む飲食店の手伝いと大忙し。
2017年5月歌の異種格闘技~悲願の初優勝争奪戦~3位(予選99.512・決勝98.262)
2017年10月18日「2018年間チャンピオン決定戦」予選敗退

■曲目:愛は花、君はその種子(たね)
■得点:98.368
リズムが課題!
音程正確率94% 表現力95% ロングトーン4 安定性10 リズム タメ寄り ビブラート4(合計42秒 46回)
■ゲストコメント:
野口五郎「宝塚の娘役の方は、ピアニッシモ(弱い音)が大好き!ビブラートもコントロールなさって、高い声は速く、低い声は自分でコントロールなさってということがやっぱりすごいですね。」

・堀優衣(ほりゆい)

■プロフィール
トップ7 & U-18四天王
2017年の年間チャンピオン8冠の最強高校生
栃木県足利市在住、18歳の高校3年生
地元足利市「あしかが輝き大使」
母の智子さんと二人三脚で毎日カラオケマシンを徹底研究してきた。
現在は受験期真っ最中(勉強1日12時間!)で、平日は3つの塾に通っているので、歌えるのは土日だけ。
夢は歌手になることなので、歌は捨てられない、だったら両立すると迎えた大会。
2016年春のグランプリ優勝
2017年10月2017年間チャンピオン決定戦優勝(予選99.661点・決勝99.956点)
2018年6月U-18歌うま甲子園優勝(予選100点・決勝100点)

■曲目:even if(平井堅)
■得点:100.00
音程正確率95% 表現力98点 ロングトーン5 安定性10 リズム ビブラート4,5(合計66秒 61回)

堀優衣ちゃんが、100点満点でセミファイナル進出!

Bグループ

・小豆澤英輝(あずきざわあいき)

■プロフィール
島根県出身。
生年月日:1999年8月5日(19歳・大学1年生)
地元島根の高校を卒業し明治学院大学1年生
母と二人三脚の哀愁ボイスの最強男子
カラオケバトル・現大学生チャンピオン
2014年第2回歌唱王優勝
2017年6月U-18歌うま甲子園・夏の頂上決戦予選で100点満点を獲得(U-18男子史上初)
2018年7月全日本大学生歌うま王座決定戦優勝(予選98.732・決勝99.371)

■曲目:ANNIVERSARY(松任谷由実)
■得点:99.329
強いて言うならビブラート
音程正確率97% 表現力99点 ロングトーン4.5 安定性10 リズム ビブラート4(合計44秒 67回)
■ゲストコメント:
檀れい「ずーっと聴いていたいと思いました。心地よくて。」

・おかゆ

■プロフィール
歌手を目指していた亡き母の夢を受け継ぎ、夜の盛り場をギター片手に渡り歩く「平成の女流し」27歳。
哀愁漂う歌声が武器。
2度の優勝で、注目度がアップし、今ではディナーショーで全国から引っ張りだこ!
BSテレ東「徳光和夫の名曲にっぽん」のレギュラーMCに抜擢!
2017年4月12日歌の異種格闘技戦ルーキーズカップで初参戦3位(予選98.156点・決勝97.647点)
2017年10月11日2017年間チャンピオン最終枠争奪戦優勝(予選99.260点・決勝99.250点)
2017年12月20日最強女子ボーカリストカップ優勝(予選99.007点・決勝99.550点)
2018年3月28日「春のグランプリ」予選敗退

■曲目:圭子の夢は夜ひらく(藤圭子)
■得点:99.087
ビブラートが惜しい!
音程正確率97% 表現力94点 ロングトーン5 安定性10 リズム ビブラート4(合計38秒 48回)
■ゲストコメント:
デヴィ夫人「この番組大好きになりました!こういう人を世に出す、すばらしい!」

・海蔵亮太(かいぞうりょうた)

■プロフィール
2018年6月27日「愛のカタチ」でメジャーデビューを決めたカラオケ世界一の最強王者のトップ7
世界最大のカラオケ大会「KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS」の2016年優勝者(日本人で2人目の快挙)
大学時代にアカペラ大会で優勝(グループのリードボーカル)
癒しのクリアボイス!
2018年3月38日「春のグランプリ」準優勝でトップ7となる(予選99.978・決勝99.806)
2018年6月歌の異種格闘技戦優勝(予選100点・決勝100点)
2017年間チャンピオン、2018春のグランプリはともに準優勝

■曲目:Squall(福山雅治)
■得点:99.405
お見事な表現力!
音程正確率96% 表現力98点 ロングトーン4.5 安定性10 リズム タメ寄り ビブラート4.5(合計36秒 46回)
■ゲストコメント:
野口五郎「ハイボイスなんだけどキーはそんなに高くない。それが驚いて。上がAかA♭ですよね。でも聴く分にはものすごく高く聴こえるんですよ。だからすごく不思議な声。」

点差わずか0.076の接戦で、海蔵亮太さんがセミファイナル進出!

セミファイナルは堀優衣ちゃん対海蔵亮太さんになりました!




Cグループ

・佐久間彩加(さくまあやか)

■プロフィール
東京都多摩市在住の14歳の中学2年生のU-18四天王。身長149㎝。
弱音発言をしながらも高得点連発の規格外歌姫。
2017年2月の春のグランプリ予選で、番組史上初の小学生で100点満点を出し最年少トップ7となるも、秋の年間チャンピオン決定戦でまさかの予選敗退となりトップ7から陥落する。
U-18四天王の1人である竹野留里ちゃんの広告卒業により空いた1枠を争う2018年2月のU-18歌うま甲子園・四天王争奪戦で優勝し、新U-18四天王(最年少)となり復活を果たす。
2017年2月8日チャンピオンズカップ2017優勝(決勝99.396点)
2018年9月12日U-18歌うま甲子園優勝(予選99.847・決勝99.536)

■曲目:BLONDE(中森明菜)
■得点:99.192
抑揚が課題!
音程正確率97% 表現力94点 抑揚80点 ロングトーン4.5 安定性10 ビブラート4.5(29秒 20回)

・翠千賀(みどりちか)

■プロフィール
東京芸大卒の「高音オペラ魔女」トップ7
2016年間チャンピオン決定戦で予選・決勝ともに100点を獲得し、林部智史・宮本美季とともに年間チャンピオンに輝く。
これまで優勝5回を数え2年半トップ7として君臨するも、2018年1月17日歌の異種格闘技戦では、初出所湯の須藤香菜(99.762点)に99.758点の僅差で敗れ予選敗退となる。
2018年8月歌の異種格闘技戦優勝(予選99.355・決勝99.312)
■曲目:赤と黒(岩崎良美)
■得点:99.957
ロングトーンと安定性が抜群!
音程正確率96% 表現力97点 抑揚85点 ロングトーン5 安定性10 ビブラート4.5(合計55秒 54回)
ほぼ100点!!

・元永航太(もとながこうた)

■プロフィール
2018年1月4日放送の2017年U-18歌うま大甲子園・最強王座決定戦で予選・決勝ともに100点を獲得し初優勝を果たす。
大分県宇治市出身の歌うま男子(19歳)
祖父の影響で幼い頃から演歌漬けの日々を過ごす三山ひろしファンの演歌男子。
中津東高校を卒業し地元に就職。
プロになる実力はあるもの、「小さい頃から家族には迷惑をかけているので、早く仕事して働いて親孝行できたらいいな」と語る。
2018年3月28日「春のグランプリ」で決勝に進出してRiRiKAと入れ替わる形で男子U-18初の新トップ7となる。

■曲目:能登半島(石川さゆり)
■得点:99.827
ほぼ完ぺきの名勝負!
音程正確率96% 表現力98点 抑揚93点 ロングトーン5 安定性10 ビブラート4.5(27秒 22回)
■ゲストコメント:
野口五郎「声の出し入れとか、カラオケマシンがすごい好む歌い方。これはもしかしたら面白いかな。」

0.013差で翠千賀さんがセミファイナル進出!

Dグループ

・DaisyxDaisy(デイジーデイジー)

■プロフィール
不思議系和風アニソンシンガー
生年月日:1983年10月4日(35歳・自称永遠の10歳)
出身地:愛媛県新居浜市
全世界で人気の漫画「FAIRY TAIL」のアニメ版のテーマ曲を歌うアニソン界で人気のアニソンシンガー。
アニソンシンガーなのにこぶしが武器!
その訳は、実家は30年以上続くカラオケ教室で、幼い頃から演歌の英才教育を受けて育ったから。
2017年12月20日「最強女子ボーカリストカップ2017」準優勝
2018年2月28日「2018春のグランプリ最終枠争奪戦」に優勝し2018春のグランプリに出場を果たし、TOP7に迫る高得点(99.528)を記録した。

■曲目:Time goes by(Every Little Thing)
■得点:99.940(自己ベスト更新!)
音程正確率95% 表現力97点 抑揚87点 こぶし40回 ロングトーン5 安定性10 ビブラート4.5(合計57秒 49回)

誰もがノーマークの高得点!

・西岡龍星(にしおかたつき)

■プロフィール
千葉県船橋市の高校(3年生)に通う番組史上最も勝負弱い歌うま男子17歳
2018年6月U-18歌うま甲子園3位(予選100・決勝98.927)

■曲目:青の時代(KinKiKids)
■得点:99.173
ロングトーンがGood
音程正確率96% 表現力95点 抑揚81点 ロングトーン5 安定性10 ビブラート4(合計51秒 69回)

・中村萌子(なかむらもえこ)

■プロフィール
トップ7となった不屈の女ミュージカル・シンガー
2016年3月23日プロ激オシ!新生シンガースペシャルで初出場初優勝。
その後も高得点を連発するも、トップ7の宮本美季、翠千賀の前に敗れてきた。
2017年3月14日2017春のグランプリ4時間スペシャルでは、99.541点を出すも宮本美季(99.732点)に敗れ、予選8位(7位は99.587点で佐々木麻衣)
2017年10月18日2017年間チャンピオン決定戦では99.330点で、翠千賀(99.561点)に敗れ、連続で予選8位となる(7位は99.362点でRiRiKA)
2018年3月28日「春のグランプリ」決勝進出で悲願のトップ7となる。
2018年5月最強女子ボーカリストカップ優勝(予選100点・決勝99.768点)

■曲目:Glass(河村隆一)
■得点:99.353
音程正確率はお見事!
音程正確率98% 表現力96点 抑揚85点 ロングトーン4.5 安定性10 ビブラート4(合計79秒 106回)
■ゲストコメント:
檀れい「支えがしっかりしてないと出せない声なので、すっごい大変な曲を選曲されたんだなと思いました。」
真琴つばさ「ここ最近の中村さんの集大成を感じました。すごく心が研ぎ澄まされた感じでした。」
デヴィ夫人「今晩、一番、感動しました。」

アニソンシンガーのDaisyxDaisyがTOP7を破る金星でセミファイナル進出!




Eグループ

・佐々木麻衣(ささきまい)

■プロフィール
平成最後の王者を狙うU-18四天王・17歳の高校2年生
初登場は2014年春の小学6年生の時。
以来、四天王の1人としてU-18 を牽引し、ライバルたちと共に成長してきた。
17歳の青春真っ盛りの年頃だが、歌手になるための夢をかなえるため歌一筋で遊びにいくことはめったいないんだとか。
2017年2月U-18歌うま甲子園(U-18四天王入れ替え戦)準優勝でU-18四天王死守
2018年1月U-18歌うま大甲子園 体調不良で棄権
2018年9月U-18歌うま甲子園3位(予選99.827・決勝98.677)

■曲目:遣らずの雨(川中美幸)
■得点:99.979
特に抑揚はパーフェクト!
音程正確率97% 表現力99点 抑揚100点 ロングトーン5 安定性10 ビブラート4.5(合計28秒 33回)
檀れい「17歳には思えないですね、おとなっぽいですし、ロングトーンがすごく素敵でした。」

・RiRiKA(りりか)

■プロフィール
2017年春のグランプリ王者
感情が高ぶり泣きながらも高得点をたたき出す宝塚の涙ジェンヌ。
宝塚89期生「花咲りりか」として花組娘役として活躍。
2015年にカラオケバトルで衝撃のデビューを果たし、優勝6回を数えていたが、
2018年「春のグランプリ」で初めて予選敗退し、2年半守り続けてきたトップ7の座から陥落した。
2018年6月歌の異種格闘技戦準優勝(予選99.769点・決勝100点)
「もう負けたくない!」

■曲目:PIECE OF MY WISH(今井美樹)
■得点:99.928
音程はさすが!
音程正確率99% 表現力96点 抑揚84点 ロングトーン4.5 安定性10 ビブラート4.5(合計69秒 55回)
「歌にかける想いがひしひしと伝わりました。」と涙目の柳原可奈子さん。

・鈴木杏奈(すずきあんな)

■プロフィール
トップ7 & U-18四天王
栃木県下都賀郡在住の14歳・中学3年生
これまで6冠達成&100点満点を4度も記録!
初出場は2014年5月の小学5年生の時で、4年にわたりU-18大会を牽引する実力者
2016年11月U-18歌うま大甲子園・王座決定戦優勝(予選99.852点・決勝99.802点)
2017年6月U-18歌うま大甲子園・夏の頂上決戦優勝(予選100点・決勝99.586点)
2018年1月U-18歌うま大甲子園・最強王座決定戦準優勝(予選100点・決勝99.749点)
2018年3月38日「春のグランプリ」準優勝(予選99.691・決勝99.726)
2018年6月U-18歌うま甲子園準優勝(予選99.645・決勝99.627)
2018年9月U-18歌うま甲子園準優勝(予選99.535・決勝99.512)

■曲目:I believe(華原朋美)


■得点:99.111
抑揚があと一歩
音程正確率96% 表現力94点 抑揚78点 ロングトーン4.5 安定性10 ビブラート4.5(合計37秒 50個)
■ゲストコメント
檀れい「コンサートに来てるのかなってぐらい、歌だけではなく、1つ越えた魅せるパフォーマンスをしてくださって、大人の感じですよね。」

佐々木麻衣ちゃんが、宝塚、TOP7の鈴木杏奈ちゃんを破りセミファイナル進出です!

 

Fグループ

・齊藤伶奈 (さいとうれな)

■プロフィール
茨城県出身、1991年7月21日生まれの27歳。
小さな体のパワフルボイス!
2017年海蔵亮太とデュエット部門で世界王者となる。
2018年9月19日最強歌うま王座決定戦優勝して年間チャンピオン決定戦最後の1枠を獲得(予選98.949・決勝99.845)

■曲目:あなただけ見つめてる(大黒摩季)
■得点:99.979
表現力がお見事!
音程正確率95% 表現力97点 抑揚87点 ロングトーン5 安定性10 ビブラート4(合計20秒 32回)
■ゲストコメント:
真琴つばさ「体の小ささが考えられないほどに、人にエネルギーを届けてくれる歌。」
野口五郎「なにより驚いたのは、出だしがうまい。こんなに出だしの上手い人はいない。」

・安藤常光(あんどうじょうこう)

■プロフィール
音楽の世界を極めたオペラ教授49歳。
「最低でもトップ7、そして、革命の旗手になる!」と豪語する。
東京藝術大学生学科卒業後、3年間ドイツへ留学。
若手オペラ歌手の登竜門と言われるラインスベルク音楽祭で日本人唯一のソリストに選出される。
現在は、石川県国立金沢大学で音楽教師を目指す学生達を指導する大学教授。
日本最高峰のオーケストラ「東京交響楽団」で100人規模の大合唱を束ねる指揮者としても活躍。
2018年1月17日「歌の異種格闘技戦」で予選98.746点、決勝で100点を獲得するも予選・決勝ともに100点を出した宮本美季に敗れている。

■曲目:傷だらけのローラ(西城秀樹)
■得点:99.068
ロングトーンがあと一歩
音程正確率96% 表現力96点 抑揚88点 ロングトーン3.5 安定性10 ビブラート4.5(合計32秒 33回)

・宮本美季(みやもとみき)

■プロフィール
1983年10月17日生まれの35歳のトップ7
東京・私立吉祥女子高等学校音楽科を卒業後、2003年米名門のバークリー音楽大学に進学し、2005年に2年半で飛び級卒業、2006年の年間最優秀賞を受賞した超エリートジャズシンガー。
2016年間チャンピオン(予選・決勝ともに100点を獲得し、林部智史・翠千賀とともに優勝に輝く)
2017年9月6日歌の異種格闘技戦20優勝(予選100点・決勝100点)
2018年3月38日唯一手にしていなかった「春のグランプリ」優勝(予選99.687・決勝99.928)
誰も成し遂げていない春秋連覇し、歴史に名を残したい!

■曲目:真夏の夜の夢(松任谷由実)
■得点:99.286
抑揚がもうひと踏ん張り。
音程正確率95% 表現力95点 抑揚78点 ロングトーン4.5 安定性10 ビブラート4.5(合計49秒 52回)
■ゲストコメント:
真琴つばさ「安定感が半端なくってさすがだなって思ったんですが、デビューした時から見てて、一番、慎重さを感じた。それが点数にどうでるのか…」

TOP7に下剋上!カラオケ世界女王の齊藤伶奈がセミファイナル進出!




セミファイナル

A対Bブロック

2017年間王者でディフェンディングチャンピオンの堀優衣ちゃんvs昨年準優勝で雪辱を果たしたい海蔵亮太さんの戦い。

海蔵亮太さんは、堀優衣ちゃんとの対戦は事実上の決勝だとして、決勝の曲をセミファイナルで歌う。

・堀優衣(予選100.00)

■曲目:街の灯り(堺正章)

■得点:99.937

すべて高評価!
音程正確率98% 表現力97点 抑揚88点 ロングトーン5 安定性10 ビブラート4.5(合計43秒 37回)

・海蔵亮太(予選99.405)

■曲目:Ya Ya あの時代を忘れない(サザンオールスターズ)

■得点:99.830

表現力はお見事!
音程正確率96% 表現力99点 抑揚93点 ロングトーン4.5 安定性10 ビブラート4.5(合計35秒 39回)

堀優衣ちゃんが決勝進出!

海蔵亮太「優勝してね」と堀優衣ちゃんにお祝いの言葉をかけたのだそう。

C対Dブロック

・翠千賀(予選99.957)

■曲目:かもめが翔んだ日(渡辺真知子)

■得点:99.465

安定性はさすが!
音程正確率95% 表現力96点 抑揚87点 ロングトーン5 安定性10 ビブラート4.5(合計50秒 66回)

DaisyxDaisy(予選99.940)

■曲目:月のしずく(RUI 柴咲コウ)

■得点:98.899

音程が課題
音程正確率93% 表現力96点 抑揚87点 ロングトーン4.5 安定性10 ビブラート4(合計34秒 41回)

翠千賀さんが決勝進出!

E対Fブロック

・佐々木麻衣(予選99.979)

■曲目:流恋草(香西かおり)

■得点:99.855

表現力はお見事!
音程正確率96% 表現力98点 抑揚89点 ロングトーン5 安定性10 ビブラート4.5(合計38秒 47回)

野口五郎「麻衣ちゃんの声って依存性があるって言うか、聴けば聴くほどだんだん良くなっていくんですよね。すごく素敵な歌手になりそうな予感がします。」

・齊藤伶奈 (予選99.979)

■曲目:君って(西野カナ)

■得点:99.314

抑揚が惜しい!
音程正確率94% 表現力95点 抑揚78点 ロングトーン5 安定性10 ビブラート4(合計26秒 41回)

佐々木麻衣ちゃんが決勝進出!

決勝戦

・堀優衣(予選100.00, SF99.937)

2017年間王者が連覇を狙う!

■曲目:明日への序奏(半崎美子)

■得点:99.979

堀優衣「すごくスッキリしました!すごく清々しい気持ちで歌えたかと、思います。」

檀れい「3曲ずっと歌っているじゃないですか、なのに変わらずすごい安定感で、歌えば歌うほど声に艶が出てくる。」

・翠千賀(予選99.957, SF99.465)

勝つためにカツを食べてきた!

■曲目:夜明けのうた(岸洋子)

■得点:99.957

・佐々木麻衣(予選99.979, SF99.855)

4年ぶりの栄冠まであと一歩!

2歳から歌ってきた曲で勝負です。

■曲目:足手まとい(森雄二とサザンクロス)

■得点:99.928

堀優衣ちゃんが年間チャンピオン2連覇達成です!!

おめでとうございます。







コメント