勝地涼の実家は花屋(母親)で父親は資産7億円(不動産)の社長!名前や場所はどこ?

俳優の勝地涼さん(32歳)が7月30日に元AKBの前田敦子さん(27歳)とスピード結婚を発表して話題となっています。

勝地涼さんの実家はお金持ちなのではと噂されている通り、母親は自由が丘で花屋「ブリキのジョーロ」を経営し、父親は資産7億円の不動産会社の社長であることが報じられました。

勝地涼さんの両親の名前や実家の花屋、父親の不動産会社の場所がどこなのかを調べてみました。




勝地涼の実家の花屋の名前と場所はどこ?

勝地涼さんの実家は東京・自由が丘で、元々、専業主婦だった母親の勝地末子さんが、子育てがひと段落した20年くらい前に趣味で好きだったグリーンや花をきっかけに花屋「ブリキのジョーロ」をオープンしました。

「ブリキのジョーロ」は東急東横線の自由が丘駅正面口から徒歩6分の場所にあります。

店名:Buriki no Zyoro 自由が丘店
HP:http://www.buriki.jp
住所:東京都目黒区自由が丘3-6-15
TEL/FAX:03-3724-1187
営業時間:AM10:00 – PM7:00(年中無休)

末子さんは若いころはアパレルメーカーをご自身でやっていたことがあり、感性を活かせる仕事をしたいと思っていたとのことで、「ブリキのジョーロ」は切り花や鉢花はもちろんのこと多肉植物も始めの頃から扱っていたり、店内は末子さんがフランスで買付けしたアンティーク雑貨で演出されているなど、ちょっと普通の花屋とは雰囲気が違っているようです。


twitter.com

末子さんはグリーンスタイリストとして、あらゆるグリーンのアレンジ、ディスプレイの提案や庭のプランニングなども手掛け、「はじめての多肉植物ライフ」などの著書がある他、NHK「趣味の園芸」にも出演経験があるのだそうです。

オープン当初から大人の為はもちろんのこと子供達も楽しめるワークショップのキッズスクールもあり、人気の花屋とのこと。

「ブリキのジョーロ」は花屋ではあるものの、撮影用にスタジオレンタルもしています。

勝地涼さんの芸能界デビューのきっかけは、1999年のドラマ「P.S.元気です、俊平」の撮影が「ブリキのジョーロ」であった際に、主演の瀬戸朝香さんのマネージャーが、見学していた勝地涼さんをスカウトしたことでした。勝地涼さんは当時、13歳の中学1年生でした。

「ブリキのジョーロ」は元テレビ朝日アナウンサーで、現在はフローリストとして活動している前田有紀さんが、ロンドン留学後に修業の場として2年半働いていた花屋でもあります。

#Repost @yukimaeda0117 (@get_repost) ・・・ 以前勤めていた花屋さん、 ブリキのジョーロへ里帰り! お店もオーナーもどんどん進化して、 いつ訪れても新鮮な場所です。 久しぶりにお店の作業テーブルで、 花を束ねさせてもらいました。 「いつでも頼っていいからね」と オーナーから声をかけていただき、 こうした仲間のいるありがたみに ホロリと来ました。 いま一人で出来ないことが沢山あるけど、 助けてくれる人たちがいるからこそ、 毎日頑張れるのだなと改めて。 今月のフリーペーパーBotapii @botapii では、 ブリキのジョーロでの日々を振り返りました。 ぜひご覧ください! またお店のInstagramがスタートしましたよ〜。 @buriki_no_zyoro_official #burikinozyoro #ブリキのジョーロ #botapii #cactus #succulents #plants #LOVEGREEN #サボテン #多肉植物 #植物のある暮らし#フリーペーパー #ボタピー

Buriki_no_Zyoro_officialさん(@buriki_no_zyoro_official)がシェアした投稿 –

こちらが「ブリキのジョーロ」が入っている5階建てビルの外観になります。

「ブリキのジョーロ」はこのビルの1階と2階になります。

かなり立派なビルですが、この5階建てのビルや土地は、勝地涼さんの父親の名義になっているとのこと。

ビルが建っている場所は通りに面していて自由が丘駅から徒歩6分の好立地の通り、坪単価は300万円の一等地だそうで、土地と建物を合わせて約3億円の価値があるそうです。

この5階建てのビルの他にも、勝地涼さんの父親名義の不動産は、オフィスビルや、勝地涼さんの兄が生活している一戸建て、家族の暮らす住宅街にある実家などがあり、合わせると7億円の資産はくだらないんだとか。

勝地涼さんの実家は噂されていたようにお金持ちだったんですね。

それでは勝地涼さんの父親はどのような人物なのでしょうか?




勝地涼の父親の不動産会社の名前や場所はどこ?

勝地涼さんの実家の母親が経営する花屋「ブリキのジョーロ」の建物の名義人が勝地涼さんの父親とのことで、調べてみたところ、この建物は東京品川区大井町にある「株式会社ケープレイス」が管理していることが分かりました。

商号:株式会社ケープレイス
代表者:勝地寿光
住所:東京都品川区大井1-23-11 オフィスウインビル1F
HP:http://www.kplace.co.jp
事業内容:不動産の売買及び仲介、不動産の賃貸及び管理
代表者の勝地寿光さんが、勝地涼さんの父親ですね!
株式会社ケープレイスのHPには、自由が丘の花屋「ブリキのジョーロ」がLINK先として紹介されいた他、管理物件情報にビルの名前と住所、用途などの説明もありました。

勝地涼の父親は背中に入れ墨の元暴力団幹部だった

資産7億円以上の不動産を所有する成功者の父親の過去について、週刊新潮が気になる記事を書いていました。

勝地涼さんが生まれる前、涼さんの父親は「松葉会」という暴力団の幹部で、勝地涼さんの母親とはもう一つ別の家族を持っていて、勝地涼さんのお兄さんと母親は、東京の世田谷のアパートで2人で暮らしていたのだそうです。

涼さんの父親はガタイが良くて強面で、背中一面には入れ墨が入っていたとのこと。

その後、涼さんの誕生をきっかけに母親の末子さんと正式に結婚となり、暫く後、父親は暴力団から足を洗い、不動産業に転身して現在の成功に至ります。
勝地涼さんが父親についてあまり触れないのは、父親のこの過去があったからのようです。

前田敦子さんもそういった事情は納得の上で結婚されていることでしょうから、お2人の幸せを祈りつつ〆たいと思います。






コメント