樹木希林と内田裕也の若い頃の画像がヤバい!離婚しなかった理由は「私にとっての重し」

女優の樹木希林さんが9月15日に死去されていたことが報じられました。

樹木希林さんは2012年に全身がんを公表していて、

2004年の乳がん発症以降、闘ったがんの箇所は20にも上るのだとか。

個性派女優として知られる樹木希林さんは、

若いころから破天荒だったといいます。

旦那は同じく破天荒なロックンローラーとして知られる内田裕也さん。

そんな樹木希林さんと内田裕也さんの若い頃のヤバめの画像とともに、

内田裕也さんと離婚することなく添い遂げた、その半生を振り返りたいと思います。




樹木希林は若い頃から破天荒!【動画】

樹木希林さんの生年月日は、

1943年(昭和18年)1月15日生まれの享年75歳。

 

最近では、

6月8日に公開された映画「万引き家族」に出演していて、

樹木希林さんが演じる祖母・初枝が、

パチンコ屋で大胆に万引きするシーンをYouTubeで観ることが出来ます。

 

 

樹木希林さんの表情に仕草がほんと自然すぎですよね。

今でこそ、年齢的にもおばあさんですが、

樹木希林さんは若い頃から老け役が当たり役でした。

 

こちらは、

1975年のドラマ「寺内貫太郎一家2」で、

きんバアさん役を演じる樹木希林さんです。

 

 

西城秀樹さんとの掛け合いがめちゃおもしろいんですが、

当時の樹木希林さんは、なんと、32歳。

 

32歳の女優さんと言うと、今だと、

石原さとみさん、

北川景子さん、

が1986年生まれの32歳なんですよね。

 

樹木希林さんは、そんな歳で、

当時、43歳の小林亜星さんが演じる主人公・貫太郎の母親役で、

髪は脱色で老けメイク、

声色を変えて撮影に臨んでいました。

 

でも、手はごまかしようがない、ということで、

両手ともに、指ぬき手袋をはめていました。

 

そういった細かいところまで配慮されて演じたおばあさんは、

おばあさんらしくなくコメディタッチで動き回るし良くしゃべるw

 

部屋に貼ってある沢田研二のポスターを見て、

「ジュリイイイ~!!」

と身もだえするのが毎度のお約束となりますが、

この身もだえは、

樹木希林さんのアドリブだったのだそう。

 

そんな樹木希林さんの当時の芸名は、

樹木希林ではなく「悠木千帆」でした。

 

芸名を変えたきっかけも破天荒で、

1977年に放送された黒柳徹子さんの番組で、

オークションコーナーがあったのですが、

樹木希林さんは「売るものが無い」として、

ご自身の芸名「悠木千帆」を売ったのでした。

 

「悠木千帆」の名前は、2万2000円で売れて、

樹木希林さんは今の芸名に改名したとのこと。

 

樹木希林の名前の由来については、

樹木希林さんは「キ」という音が好きだったそうで、

木が集まって希(まれ)なる林になる。

 

つまりは、

「人間一人では何も出来ず、

力を寄せて大事を成す」

という意味があるのだそうです。

 

そして、この年、

樹木希林さんは、ドラマ「ムー一族」で、

こんどは郷ひろみさんとの共演で話題となります。

 

翌年1978年には、

「ムー一族」の挿入歌で、

郷ひろみさんと樹木希林さんのデュエット曲、

「リンゴ殺人事件」が、

TBSの「ザ・ベストテン」で3週連続1位となります。

 

 

時代を代表する歌手や俳優さんに見劣りすることなく、

自分ポジションを持っている女優さんでした。

 

そんな樹木希林さんには結婚歴が2回あります。




樹木希林と内田裕也の若い頃の画像がヤバい

樹木希林さんの1度目の結婚は1964年で、

相手は俳優の岸田森(きしだしん)さんでした。

 

岸田森さんは、

女優の岸田今日子さんの従弟で、

超個性派の天才俳優として知られている人物です。

 

岸田森さんと樹木希林さんは、

1960年に文学座付属演劇研究所に入った同期で、

結婚当時、岸田森さん25歳、樹木希林さんは21歳でした。

 

1966年、2人は文学座を辞めて、

草野大悟らとともに「六月劇場」を結成しますが、

その2年後の1968年に、2人は離婚をしています。

 

岸田森さんは、離婚後、

バーのママと再婚したそうで、

離婚原因は岸田森さんの浮気だったのでしょうか。

 

樹木希林さんは、その後、

1973年10月に内田裕也さんと結婚します。

 

 

当時、樹木希林さん30歳、

内田裕也さん33歳でした。

 

そして、こちらが新婚時の別のツーショット画像です。

 

めっちゃラブラブでロックンロールですやん!な2人ですが、

樹木希林さんは、

結婚1年半後に別居に踏みきります。

 

そのきっかけは、

娘の也哉子さんを妊娠したことでした。

 

樹木希林さんは1976年2月11日に、

娘の内田也哉子さんを生んでいるのですが、

子供がいると、

旦那の内田裕也さんとの生活は成り立たないと考え、

妊娠が分かった時に別居を決意したのだそう。

 

樹木希林さん曰く、

旦那の内田裕也さんのことw、

“回遊魚みたいな人で、ロックンロールしてるから”

と表現しています。

 

内田裕也さんは、

あまり家にも帰らず、

会うのは月に1回程度だったそう。

 

也哉子さんの妊娠を告げた際、

内田裕也さんは、

「本当に俺の子か?」

と聞いたそうで、

結婚後の2人の関係がどんなものであったかを、

表現している言葉かなと思います。

 

別居をしたものの、

樹木希林さんは、

内田裕也さんと離婚することはありませんでした。

 

それは生活費のため?

 

いえいえ、そんなことはなく、

内田裕也さんが稼いだお金は、

内田裕也さんがすべて使っていたのだそう。

 

それにも関わらず、

内田裕也さんに関する税金や保険料は、

樹木希林さんが払っていたのだそう。

 

樹木希林さん曰く、

内田裕也さんは、

「私にとっては大事な重し」

と言います。

 

それはどういう意味かというと、

樹木希林さん自身にも破天荒なところがあるので、

内田裕也さんの面倒をみること=重しが、

樹木希林さんをまともに生きさせてくれている、

ということなのようです。

 

破天荒な樹木希林さんは、一方では、

破天荒らしからぬ価値観をお持ちだったようです。

 

樹木希林さんが、

別居しつつも面倒を見続けてきた、

旦那の内田裕也さんについて、

樹木希林さん亡き後、大丈夫なのかが心配です。

 

内田裕也さんは、樹木希林さんの住む自宅から、

車で5分の近さに住んでいながら、

樹木希林さんの最期には自宅に行っていません。

 

現在の内田裕也さんは、杖が手放せないどころか、

車椅子を使う生活をおくっているとのこと。

 

樹木希林さん亡き後は、

本木雅弘さんと也哉子さんが引き取って、

面倒を見るようになるようです。

 

樹木希林さんのご冥福をお祈り申し上げます。







コメント