荻野目洋子の旦那(辻野隆三)の職業は?医者の兄や子供3人で再ブレイクの現在とは【画像有】

この記事は4分で読めます

登美丘高校のバブリーダンスをきっかけにダンシングヒーローが再ブレイクとなった歌手の荻野目洋子さん。2017年の年末はテレビに引っ張りだこの人気となっています。

プライベートでは荻野目洋子さんは、旦那の辻野隆三さんと子供3人のママで現在、年齢は49歳です。旦那の職業が医者との噂がありますが、それは義理のお兄さんで、実姉の荻野目慶子さんの再婚相手でした。荻野目洋子さんの家族やプロフィールについてまとめてみました。

スポンサーリンク


荻野目洋子のプロフィール

荻野目洋子(おぎのめようこ)さんは、千葉県出身の歌手で女優。
本名は辻野洋子さん(旧姓:荻野目)。
生年月日は1968年12月10日で、現在、年齢は49歳です。
身長160cm、血液型はB型。
兄妹4人の末っ子で、次女は女優の荻野目慶子さんです。

荻野目洋子さんは小さい頃、父親と一緒に民謡を習っていたそうで、発声の基礎はその時できたそうです。

小学4年生(1978年・10歳ごろ)に出演したオーディションbン組「ちびっこ歌まねベストテン」で優勝した小学生女子3人の期間限定ユニット「ミルク」でレコードデビューを果たします。

ソロデビューは、1984年、高校1年の時でした。
1984年の同期デビューの歌手には、岡田有希子さん、菊池桃子さん、吉川晃司さん、長山洋子さんらがいらっしゃいます。

デビュー当初はヒット曲に恵まれませんでしたが、2年目の1985年、7枚目のシングルとして発売されたのが「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」でした。ダンシング・ヒーローは荻野目洋子さんの最大のヒット曲となりました。

「ダンシング・ヒーロー」の原曲はアンジー・ゴールドの「EAT YOU UP」というユーロビート曲で、デモテープを聞いた荻野目洋子さんの所属するライジングプロダクションの平社長は、「荻野目が歌えば絶対ヒットする」と確信したのだそうです。

原曲の歌詞は、遊ばれて振られた女性が相手の男性を罵倒する、といった内容でしたが、荻野目さん用に男の子を情熱的に誘う女の子の歌詞となり「ダンシング・ヒーロー」が完成することになりました。

荻野目洋子の旦那(辻野隆三)の職業は?

荻野目洋子さんの旦那は、元プロテニス選手の辻野隆三(つじのりゅうそう)さんで、今年で結婚16年目となります。
辻野隆三さんは、1969年2月24日生まれで、荻野目洋子さんとは同学年です。

2人の馴れ初めは同じ堀越高等学校に通っていたことでした。
荻野目洋子さんは芸能コース、旦那の辻野隆三さんは体育コースと接点の無い2人でしたが、
荻野目洋子さんは芸能の仕事が忙しく、旦那の辻野隆三さんも海外で試合をしていたりと、
お互い、高校の出席日数が足りませんでした。

そこで、高校3年生の時に、補修の場で出会って、交際に発展したのだそうです。

とは言え、お互い忙しい2人で、当時はスマホもLINEもありませんので、
2人が行っていたのは、なんと交換日記だったそうです。

ところが、交際していることを事務所に話したところ、それはまずい、ということになり、
結婚するか、仕事を取るかを迫られ、18歳の恋は一旦、そこで終了となったそうです。

その後、荻野目洋子さんが彼と再会したのは30代になってからなんだそうです。
たまたま2人が通う共通のレストランがあり、そこに置いてあった辻野隆三さんの名刺を見た荻野目洋子さんは、
懐かしくなり、連絡をし、再会したのだそうです。

嫌いで別れた仲では無いですし、30代となった2人ともフリーのままだったのも何かの運命なのでしょうね。
2人の会話はがぜん盛り上がり、3日連続で会うほどだったそうです。
そして3日目に「やっぱりこの人だな」と交際が再スタートし、自然に結婚となったそうです。

2人が結婚を発表したのは、2001年の32歳の時で、荻野目洋子さんは当時、妊娠4か月でした。

荻野目洋子は子供3人のママ

結婚した翌年の2002年に長女の加凛(かりん)ちゃんが生まれます。
2004年には、次女の杏(あん)ちゃん、2006年には三女の空(そら)ちゃんが生まれ、
現在、荻野目洋子さんは15歳の長女を筆頭に、13歳、11歳の子供三姉妹のママとなっています。

荻野目洋子さんは4人兄妹、旦那の辻野隆三さんは3人兄弟で育ったので、子供は多い方がいいと合意していたそうです。

子供が生まれた後、2003年に旦那の辻野隆三さんはテニスプレーヤーを引退しますが、テニスアカデミーを手掛けるなど、引き続き忙しい毎日を送っており、荻野目洋子さんは仕事をセーブして子育てに専念することとなりました。

子育てがひと段落し、デビュー30周年となった2014年頃から、再び、芸能活動をスタートしていました。

そして、2017年、「ダンシング・ヒーロー」の再ブレイクで現在に至っています。

スポンサーリンク


医者なのは実姉の荻野目慶子の旦那

荻野目洋子さんの実の姉は女優の荻野目慶子さんです。
荻野目慶子さんは、洋子さんより4歳年上の1964年9月4日生まれの現在53歳で、
2012年に外科医の男性と結婚をしています。

今でこそ医者と結婚して落ち着いた感のある姉の荻野目慶子さんですが、過去には2人の映画監督と不倫スキャンダルを起こしたことがあり「魔性の女」と呼ばれていました。

最初の不倫相手は映画監督の河合義隆さんで、荻野目慶子さんが20歳、河合義隆さんは38歳の頃でした。
ドラマをきっかけとして演技指導をしているうちに関係が深くなり、河合義隆さんが慶子さんのマンションに通いつめるようになりますが、不倫関係が嫁にばれ、修羅場となり、慶子さんから別れを切り出したところ、河合義隆さんは1990年4月30日、自殺をはかって亡くなったのでした。荻野目慶子さん25歳、河合義隆監督、享年43歳でした。

2人目の不倫相手は、深作欣二監督です。
河合義隆さんが亡くなった2年後の1992年頃、2人の関係は始まったとされています。
当時、ガンに冒されていた深作欣二監督は、荻野目慶子さんとの体の関係を保つために、がん治療に必要な女性ホルモンの投与を断ったとされています。
2003年河合義隆さんが亡くなるまで、2人の不倫関係は続いたといいます。

現在の旦那と知り合ったのは、2007年頃のことのようです。
5年の交際を経て、2012年、結婚へとなったそうです。

高校時代からの恋愛の末、結婚した荻野目洋子さんと、
壮絶な不倫関係の末、プライベートでは穏やかな幸せを掴んだ荻野目慶子さん、
姉妹でもこうも人生は変わってくるものなのですね。



スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Recomend

ミュゼ