音楽チャンプ2月11日琴音と丸山純奈の結果!審査員菅井が涙した「明日への手紙」が見逃せない【動画有】

この記事は8分で読めます

2018年2月11日放送の「今夜、誕生!音楽チャンプ」に出演の琴音さん丸山純奈さんの結果を動画とともに追っていきます。

3月末での打ち切りが報じられたテレビ朝日「今夜、誕生!音楽チャンプ」ですが、現在は、新潟の天才女子高生・琴音さんと徳島の天才合唱ガール・丸山純奈さんの2人の行方に目が離せません!そんな、2月11日の放送は2本立てです。

1つめは、先週2月4日の「歌唱チャンプ」で北海道のバンド女子高生・川村海月さんに勝利し優勝者となった新チャンプ、新潟の高校1年生・琴音さん初の防衛戦「第5回音楽チャンプ」です。今回の決定戦での課題曲は琴音さんにぴったりの「明日への手紙(手嶌葵)」です。辛口審査員の菅井秀憲さんが涙する歌声は必見です。

そして、2つめは、昨年12月放送の「中高生制服チャンプ」で優勝した徳島の中学2年生・丸山純奈さんの「デビュー企画」です。今回は、第3課題のロングトーン(課題曲「Woman“Wの悲劇”より」)と第4課題のリズム感(16ビート)(課題曲「Love Story」)に臨みます。

2月11日「今夜、誕生!音楽チャンプ」の出演者のプロフィールと得点、審査員のコメントや結果、優勝者が誰かをまとめました。




スポンサーリンク


テレビ朝日「音楽チャンプ」放送日2月11日概要

番組名:今夜、誕生!音楽チャンプ
放送日・時間:2018年2月11日(日)21時58分~23時05分
司会MC:関ジャニ∞村上信五・黒木瞳
審査員:森公美子(オペラ・ミュージカル歌手)、大本京(歌手MIYAKO・ボイストレーナー)、小柳ルミ子(宝塚音楽学校主席卒業、歌手・女優)、田中隼人(音楽プロデューサー)、菅井秀憲(声楽家・ヴォーカルディレクター)、ロボット審査員「チャンプくん」(声・木村良平)
ゲスト: 岡田結実、勝俣州和、宮本笑里

■歴代チャンプ

2017年10月8日「再起をかける!超実力派シンガーNo.1決戦」優勝者:JASMINE
2017年11月19日~26日「第1回歌唱チャンプ」優勝者:アルメリノ・アナリン
2017年12月3日「中高生制服チャンプ」優勝者:丸山純奈
2017年12月10日「第2回歌唱チャンプ」優勝者:森本真帆
2018年1月28日「第3回歌唱チャンプ」優勝者:川村海月
2018年2月4日「第4回歌唱チャンプ」優勝者:琴音

■2月11日「音楽チャンプ」出演者

第5回歌唱チャンプ
・琴音(現チャンプ・高1)
・太田彩良(山形のカラオケ大好き女子高生)
・寺西大樹(東京のラーメン大好き高校生)
・中山姫李(群馬のキャベツ畑で練習する高1)

デビュー企画
・丸山純奈(徳島の合唱ガール・中2)

テレビ朝日「音楽チャンプ」第5回歌唱チャンプ 出演者と結果

挑戦者3人の中から最高得点を出した人が現チャンプの琴音さん(高1)と課題曲「明日への手紙(手嶌葵)」で決勝戦を行い得点の高い方がチャンプとなります。

審査の結果はロボット審査員「チャンプくん」の持ち点100点(正確性審査)と、審査員4名それぞれが持ち点25点づつの100点満点(表現力審査)の合計200点満点の得点で評価されます。表現力審査では18点が普通の基準となります。

■琴音(ことね)のプロフィール【動画】


本名:山畑琴音(やまはたことね)
新潟県長岡市在住の高校1年生(16歳)
生年月日:2002年1月7日
小さい頃から内気な性格で笑顔が苦手。
小学生の時に歌に目覚め、歌でなら自分を解放できる。
歌を通して人と話せるようになったり、自分にとって歌は大事な存在。
母は礼子さん。
HP(シンガーソングライター琴音
Twitter(@kotone17utasuki
YouTube(琴音 琴音

2月4日放送「音楽チャンプ第4回歌唱チャンプ」では、審査員の菅井秀憲さんから、歌う前の発声練習が芸術!とコメントされていました。その発生練習がこちら。

審査員の森公美子さんは、琴音さんの声は「唯一無二」とコメント。
次回に向けて、菅井秀憲さんは「点数をつけるのを忘れてしまうような泣いたり、笑ったり、あっと驚いてしまったりする歌声を期待する」とのことで、2月11日の放送が楽しみです!

こちらは2月4日の歌唱チャンプ決定戦で勝利した琴音さんの「Hello,Again~昔からある場所~」動画です。

■琴音(高1)に挑戦する出演者3名と歌唱チャンプ結果

■太田彩良(山形のカラオケ大好き女子高生)
■寺西大樹(東京のラーメン大好き高校生)
■中山姫李(群馬のキャベツ畑で練習する高1)

■太田彩良(おおたさら)


山形県鶴岡市の羽黒高校に通う高校3年生(18歳)
地元ではすでに音楽活動をしていてファンもいるスーパー女子高生
YBC×歌唱王2017ファイナリスト

曲:高橋真梨子「for you」
得点:172.908(97.908+18+21+19+17)
審査員コメント:
田中隼人「本当に高校生が謳っているの?歌が大人っぽくてびっくりした。」「優しく歌うのと強く歌うのとギアが2つしかない。本来その間に何十段階もギアがあるはず。そこで感情表現をするんだけど、まだそれが見られない。そこを勉強していくともっと深みのある歌が歌える」

■寺西大樹(てらにしだいじゅ)


東京都八王子市在住の高校3年生(18歳)別名Dhia(でぃあ)
春から尚美ミュージックカレッジ専門学校ヴォーカル学科に進学。

曲:玉置浩二「メロディー」
得点:177.367(96.367+20+23+20+18)
審査員:
森公美子「こんな甘い声の人は中々いないので、素敵な歌手になるんじゃないかな」「本当の声の良さを自分でコントロール出来ていない。それは浅いブレスで、ブレスが入れば下の音も安定する。」
菅井秀憲「歌詞がもっとすぐ入ってくるかと思ったんです。歌いすぎなんだと思うんです。顔を上げて歌うこと」

■中山姫李(なかやまひめき)


群馬県前橋市の私立共愛学園に通う高校1年生(16歳)

曲:椎名林檎「罪と罰」
得点:166.968(90.968+21+20+16+19)
審査員コメント:
森公美子「チャンプくんにはあなたの歌は計れない。この個性の凄さ、私はね、好きだわ。あなた化ける!」
菅井秀憲「今、凄い悩んでるんです。僕、大好きでしょうがなくて、破壊力とか何かを爆発していくビッグバンを起こせる人じゃないかと。ただそれが本物かどうか、今はどっちなんだか分からない。椎名林檎の音楽に頼ってできているだけなのか。」

琴音さんに挑戦するのは、寺西大樹(東京八王子のラーメン大好き高校生)!!

■第5回歌唱チャンプ決定戦結果【動画】

5週勝ち抜きで賞金100万円とスターへの道が開ける!
課題曲:明日への手紙(手嶌葵)

■挑戦者:寺西大樹(東京・高3)
得点:176.167
正確性審査:97.167
表現力審査:79:19(森公美子)20(大本京)22(田中隼人)18(菅井秀憲)
審査員コメント:
田中隼人「自分に出来る最大限をきちんと歌にこめて歌えてる」「サビの一番高い所を苦しそうに謳っている顔がセクシーに見えて、一生懸命歌っているのが伝わったので好印象」
森公美子「ソフトな素敵な声が持ち味。ソフトな声が好き」「サビまで気持ちは伝わってきたんだけど、サビの所で若干ピッチ(音程)が下がってしまったりとかそういうものが出てしまったんですよ」

■現チャンプ:琴音(新潟・高1)

得点:188.736(歴代最高得点!!)
正確性審査:94.736
表現力審査:94:24(森公美子)23(大本京)24(田中隼人)23(菅井秀憲)
審査員コメント:
森公美子泣かされた。琴音ちゃんの世界の中にずるずると惹きこまれちゃって、何も書いてない」「アカペラの時に、時が止まったかのように、ずっとあなたの所に集中した。未来から誰かに手紙をもらったっていう気持ちになっちゃう。素直に聴けた」「これを作った池田綾子さんって知ってるんですけど、池田綾子さんに曲を作ってもらえばいいと思ったくらい。私、綾ちゃんに言っとくわ」
田中隼人「一言でいうと、女神が降りてきたのかと思うくらい惹きこまれました。すごい歌だった」「アカペラのところ、アドリブだよね。アドリブと言うか元々無いメロディー。カラオケで採点してるのにもかかわらずそういう事しちゃうし。そこで僕は、あ、もうこれは持ってかれたなと本当に思って」
大本京「何回もゾクゾクゾクゾクっていうのが来たんですよね。それぐらい声の魅力、あなたの世界がきらめいていた。素晴らしかった」
菅井秀憲「幻影のような声にも関わらずものすごく芯がある。声の芯ではなく、精神自体の芯だと思う。」「音無き所に音がどんどん聴こえてくるような気がして、時空を操れる女の子」「彼女は多分、自分の為にうたっている。人のために歌えってよく言うんですけど、それはコントロールであって、自分のためにうたっていくべき。あなたが自分の為に歌うことで、ここまで周りの人に響かせられるのは奇跡だと思います。」

優勝者は琴音さん!!歴代最高得点で琴音さんが、歌唱チャンプ1週勝ち抜きです。

次回の琴音さんは「魂のルフラン」に挑戦して新たな魅力を開花させるとのこと。

次回の「音楽チャンプ」放送日は2月25日(日)になります。
(2月18日は平昌オリンピック カーリング男子 日本×スウェーデンの放送で音楽チャンプはお休みです。)

2月25日の音楽チャンプが待ち遠しいですね!




スポンサーリンク


丸山純奈デビュー曲「ドラマ」配信開始!

丸山純奈さんは作詞作曲を杉山勝彦さんが手がけたオリジナル曲「ドラマ」でデビューすることになりました!!
夢を追う自分を応援してくれる家族、その家族に対する感謝の気持ちを表現したとのこと。

music.jpにアクセス殺到中のため、「mora」もご利用ください。

テレビ朝日「音楽チャンプ」丸山純奈デビュー企画の結果

「丸山純奈デビュー企画」は、
中高生制服チャンプで優勝者となった丸山純奈さんが、審査員から出される5つの課題曲を合格すれば、デビューが決定となるプロジェクトです。

審査は審査員4人が持ち点1人25点満点の計100点満点で得点をつけ、80点以上で課題クリアとなります。

1月28日の放送で課題1と2をクリアした丸山純奈さんが第3と第4の課題に臨みます。

■課題1「リズム感」【動画】

課題曲:プリンセスプリンセス「M」
得点:83点

■課題2「表現力」【動画】

課題曲:西田敏行「もしもピアノが弾けたなら」
得点:85点

■課題3「ロングトーン(語尾を美しく伸ばせるか)」【動画】

課題曲:薬師丸ひろ子「Woman“Wの悲劇”より」
ポイント:息づき(ブレス)のタイミングが取りづらいサビでの表現力
得点:82
22(森公美子)19(田中隼人)23(小柳ルミ子)18(菅井秀憲)
審査員コメント:
田中隼人「「ああ時の河を(ブレス)渡る船に(ブレス)オールはない」がスゴくもったいない。ノンブレスでいってほしい。いったらよりエモーショナルに感じられる。それを感じたかった」
菅井秀憲「「(強がっても)ふるえるのよ、声が」同じCフラットの音だけど、裏にオーケストレーションがある。そこにはなんかの意味がある。そういうとこを感じて歌うのがアーティストとして必要」「(個人的に)やって欲しいことがピアノの伴奏で一緒に息を合わしながら楽曲を作っていく練習をしたら体中に響くことからどう変化していくのか、そういう勉強をしてもらいたい」

■課題4「リズム感16ビート(細かいリズムで歌えるか)」【動画】

課題曲:安室奈美恵「Love Story」
ポイント:メロディーの中に細かいビートが刻まれている。棒読みにならず、細かいビートに乗って歌えるか。
得点:80
22(森公美子)21(大本京)20(田中隼人)17(菅井秀憲)
審査員コメント:
菅井秀憲「「Love Story」を歌うことが課題ではなくて16ビートを克服してもらいたいという課題。そこではあなたはBAD、Goodにはならない。」「グルーヴにのってこの曲を歌わなければこのステージを僕はOKを出して良いのかと思うんです。それができたらスゴいじゃんさらに。最強ですよ。プレッシャーを超えてって最後にどういう輝きをするか、そこだけが見たいわけ」

■課題5:TBA

■丸山純奈プロフィール


名前:丸山純奈(まるやますみな)
生年月日:2003年11月14日
年齢:2018年2月11日現在、14歳(中学2年生)
中学校:徳島市国府中学校
出身:徳島県徳島市在住
Twitter(@suuuuumina1114

徳島の名門合唱団「徳島少年少女合唱団」に所属、担当はソプラノ。
2016年9月に徳島市万代中央ふ頭イメージソング「ミズイロ」を披露するために結成されたロックバンド「POLU(ポル)」で丸山純奈さんはオーディションに合格しボーカルを担当しています。
「POLU(ポル)」は2017年9月18日放送の「MUSIC STATION ウルトラFES2017」にアマチュアミュージシャン1組枠のオーディションに勝ち抜き出演を果たしました。

POLU 1st mini ALBUM「mizuiro」収録曲「Sing」MVフル動画



スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク




Recommend