音楽チャンプ3月4日琴音の結果と丸山純奈は無料ダウンロード開始!審査員菅井「あなたをチャンピオンにしてよかった」【youtube動画有】

テレビ

2018年3月4日放送の「今夜、誕生!音楽チャンプ」に出演の琴音さんの結果と丸山純奈さんのデビューについてまとめています。

琴音さんは歌唱チャンプ3度目の防衛戦となります。課題曲は中孝介「花」(youtube動画有)です。結果を審査員のコメントとともに追っていきます。

「中高生制服チャンプ」で優勝し「デビュー企画」の5つの課題をクリアした徳島の中2の丸山純奈さんは審査員の杉山勝彦さん作詞作曲のデビュー曲「ドラマ」を初披露し無料ダウンロード配信が開始となりました。

スポンサーリンク


テレビ朝日「音楽チャンプ」放送日3月4日概要

番組名:今夜、誕生!音楽チャンプ
放送日・時間:2018年3月4日(日)21時58分~23時05分
司会MC:関ジャニ∞村上信五黒木瞳
審査員:森公美子(オペラ・ミュージカル歌手)、大本京(歌手MIYAKO・ボイストレーナー)、田中隼人(音楽プロデューサー)、小柳ルミ子(宝塚音楽学校主席卒業、歌手・女優)、菅井秀憲(声楽家・ヴォーカルディレクター)、ロボット審査員「チャンプくん」(声・木村良平)
ゲスト: 川田裕美、剛力彩芽
歌唱チャンプ出演者:琴音(現チャンプ)荒金理香武田優一濱住夏海
デビュー企画企画出演者:丸山純奈

歌唱チャンプ歴代優勝者一覧

2017年10月8日「再起をかける!超実力派シンガーNo.1決戦」優勝者:JASMINE
2017年11月19日~26日「第1回歌唱チャンプ」優勝者:アルメリノ・アナリン
2017年12月3日「中高生制服チャンプ」優勝者:丸山純奈
2017年12月10日「第2回歌唱チャンプ」優勝者:森本真帆
2018年1月28日「第3回歌唱チャンプ」優勝者:川村海月
2018年2月4日「第4回歌唱チャンプ」優勝者:琴音
2018年2月11日「第5回歌唱チャンプ」優勝者:琴音
2018年2月25日「第6回歌唱チャンプ」優勝者:琴音

現チャンプ 琴音プロフィール【youtube動画】

琴音さんの本名は、山畑琴音(やまはたことね)。新潟県長岡市在住で、生年月日は2002年1月7日の現在、16歳の高校1年生です。

小さい頃から内気な性格で笑顔が苦手。MCの村上信五さんは「喋りでは声も遠くに飛ばないのに、なぜ歌ったらあれだけの違いが出るんだ」と不思議がるほど。琴音さんは、口下手だけど歌でなら自分を解放することができ、歌を通して人と話せるようになったのだそう。歌は琴音さんにとって大事な存在と語ります。

琴音さんはいつも歌詞を見ながら、テクニックや内容をを含め、どういう風に歌っていくのかを考えているそうで、独特の琴音ワールドを創り上げていきます。

歌唱前の発声練習動画

琴音さんはいつも歌う前に発声練習をするのですが、辛口審査員の菅井秀憲さんはその発声練習を「芸術!」と称賛。その発声練習の動画がこちらになります。

第4回歌唱チャンプ「Hello,Again~昔からある場所~」【youtube動画】

得点:175.429点(ロボット95.429+審査員80)

第5回歌唱チャンプ「明日への手紙」【youtube動画】

得点:188.736点(ロボット94.736+審査員94)
*歌唱チャンプ歴代最高得点

第6回歌唱チャンプ「魂のルフラン」【youtube動画】

得点:175.627点(ロボット93.627+審査員82)

第7回歌唱チャンプ挑戦者プロフィールと予選結果

挑戦者1.濱住夏海


濱住夏海(はまずみなつみ)さんは、千葉県出身、1996年9月3日生まれの現在、21歳。神田外語大学英米語学科に通う現役大学生シンガー。2016年から1年間は交換留学生として、米・フロリダ国際大学で過ごす。海外への夢を持っていて洋楽もこなす。就職活動はせずに歌手一本でいきたいと願う。

2015年8月に開催されたDSK主催のギター女子イベント「第2回ギタ女カフェ」で彗星のごとく現れグランプリを獲得しています。


予選曲:おかえり(絢香)
得点:ロボット94.713+審査員76(19+21+18+18)=170.713点
審査員コメント:
田中隼人ビジュアルがプロっぽい。歌ってる立ち姿もプロ感がある。意外とそういうのってレッスンではどうにもならない持って生まれたもの。グループにいたらスゴい華があるしすぐデビュー出来そう」
菅井秀憲「褒めてあげたいところは、リズムの取り方がすごく良い。腰で取ってたからブレない。」

挑戦者2.武田優一


武田優一さんは、宮崎県出身、1995年12月3日生まれの現在22歳で、東京在住。
武田優一さんが歌に目覚めたきっかけは、スナックを経営しているお母さん。お店のオープン前にお母さんとカラオケすることが楽しみだった。
高校生時にSuiseNのユニットを組み地元宮崎で路上ライブなどで活動をつづけ、2016年の夏、20歳の時に上京します。
東京でも週に5日アルバイトをしながらイベントや路上ライブ、全国での路上ライブを行っていました。夢は宮崎で凱旋ライブをすること。応援してくれる母親のためにも歌手として活躍できるようになって、早く楽をさせてあげたい。
2013年開催「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION4」では約3万人の中から160人まで残る(17歳)。
2015年開催「SONY オーディション」ファイナリスト(19歳)。
2017年開催の「SPIRIT VOCAL AUDITION」に合格し、男性ボーカルユニット「SPIRIT」の新しいメンバーとなり現在に至ります。

武田優一さんのYoutubeに今回の音楽チャンプ課題曲である中孝介「花」のyoutube動画がありました。


予選曲:青春の影(チューリップ)
得点:ロボット91.820+審査員78=169.820点
審査員コメント:
菅井秀憲「声は若々しい、両性みたいな人。」「天井に向かって歌って声が伸びているのが、もう少しストレートにこっちに(亜相手側に)突き刺さるようにやればいい。それがなぜ出来ないのかはジェスチャーが多いから。ジェスチャーと眉の動きで逃げちゃう。もしかしたらあなたは、スタンドマイクにして直立不動で歌ったら一回、違う歌が歌えるかもしれない」

挑戦者3.荒金理香


荒金理香(あらかねりか)さんは、兵庫県出身、1999年6月7日生まれの現在、18歳の現役女子高生です。
普段の主食は納豆ご飯とおかずは週3でスーパーの売れ残ったコロッケと暮らしは質素。
5歳からダンスを習い、2009年(10歳)で舞台デビュー。2010年から4年間はダンスボーカルユニットのメインボーカルとして活動をしていましたが、2014年、ORC200ヴォーカルクィーンコンテストでグランプリを獲得しソロ活動をスタート。大阪を中心に舞台出演やLIVEで活動中。
グランプリを獲得した時の賞金で家族にくら寿司のお寿司をご馳走し、いくらを32貫食べたんだとか。
歌手として成功してもっと親孝行がしたい、家族に高級寿司をご馳走したいと願う。
2014年日テレ「歌唱王」に中学3年生で出場し全国8位となっています。その時のyoutube動画がこちらになります。
阿部真央「側にいて」


予選曲:流星群(鬼束ちひろ)
得点:ロボット95.213+審査員85(22+22+22+19)=180.213点
審査員コメント:
森公美子「良かったよ。流星群は自分の声に自信がないと歌えないのよ。それで歌い上げたっていうのと、歌詞がガンガン刺さってきた。あ、涙出そう。そういう歌の方面でどんどんトライしてほしい。がんばって!」
大本京「高校生でここまで自分で考えて歌を組み立てたのは高評価したいと思う。声もいい太くて。高い声は練習すればいくらでも出きるけど、その野太い声をしっかり磨いていけばいい。あなたの声だけを聴いてみたい。」

琴音さんに挑戦するのは、挑戦者3の荒金理香さん(高3・兵庫)に決定です!

第7回歌唱チャンプ決勝戦・得点と結果

挑戦者3人が予選を行い、最高得点を出した人が現チャンプの琴音さんと課題曲「花(中孝介)」で決勝戦を行います。得点の高い方がチャンプ(優勝者)となります。

優勝者は5週勝ち抜きで賞金100万円とスターへの道が開けます。
琴音さんは今回が3週目の防衛戦となります。

審査の結果は正確性審査をロボット審査員「チャンプくん」が持ち点100点で行い、その後、表現力審査を審査員4人が持ち点それぞれ25点づつ(18点が普通の基準)の100点満点で行います。合わせて200点満点の合計得点で評価されます。

村上信五「制服対決になんねんな。性格も真逆やからな。」

課題曲「花(中孝介)」について

審査員・田中隼人「この楽曲はものすごくシンプルなメロディで構成されているんだけど、中さんが歌うときって、民謡っぽい節まわしで歌っているので、その通りの節まわしをするのは違うし、そのまま歌うと単調に聞こえてしまうので、2人の個性を発揮しやすい曲なんじゃないか」

挑戦者:荒金理香

兵庫県在住の現役女子高生、18歳(高3)。
力強い声と、高校生離れした歌唱テクニックを持つ。
得点:176.619点
正確性審査:93.619点
表現力審査:83点:22(森公美子)21(大本京)21(田中隼人)19(菅井秀憲)
審査員コメント:
森公美子「すごく音域が広い。明るく聴こえたのはそこだと思う。ものすごくレンジが広くて持っているものは素晴らしい。」

現チャンプ:琴音【動画】

新潟県在住の現役女子高生、16歳(高1)。
魅惑の声で自分の感情を解放する天才シンガー。


得点:183.166点
正確性審査:94.166点
表現力審査:89点:24(森公美子)22(大本京)22(田中隼人)21(菅井秀憲)
審査員コメント:
森公美子「琴音ちゃんて歌い始めると何かが降りてくるよね。憑依体質っていうのかな、ふわーっと何かに包まれるように琴音ワールドが始まるんだよね。今回の場合は、Aメロはウィスパーでいったでしょ、その捕まえかたの構成の仕方、建築のような(歌の)組み立て方が素敵だった。あなたは私が言ってても普通に聞いてるよね、、これがスゴイと思うの。何もいうことはありません。」
菅井秀憲「『もしもあな・たが』ってあるじゃない、僕それ、凄いイヤなんだけど、あなたのは許せるんだよね。言葉を途中で切っても許せるのよ、なぜか、ずっとそれ考えていて、、あなたは止めているけど手放してはいないんだなその言葉、って思ったのよ。だから切っているようで切っていないんだよね、流れて聴こえる。あなたにとって言葉って人とのコミュニケーションなのかなって。普段は無口なのかもしれない、歌っている時が一番、喋れている時なのかなって、それって天才肌だなって思う。モリクミさんが「憑依される」って言ってたけど、僕はあなたの人と繋がりたい祈りなんじゃないかなって感じる。あなたの歌は祈りに近いんだよね。とくにバラードは。このまましばらくいな、でもいつかね、爆発するとき来るよ、君の中で。」

琴音さんが3週連続優勝で、チャンプ防衛です!!

菅井秀憲「あなたの歌は人を元気にさせることができるんだと思う。そこを見せてくださいよ。『あーあ、あーあああ』(の発声練習の)ように「花」も、もっといけたらいいなと思うんだけど、あれのがものすごく心躍るんだよね。」

丸山純奈デビュー曲「ドラマ」無料ダウンロード開始!

丸山純奈さんは作詞作曲を番組の審査員の杉山勝彦さんが手がけたオリジナル曲「ドラマ」でデビューすることになりました!!
夢を追う自分を応援してくれる家族、その家族に対する感謝の気持ちを表現したとのこと。

丸山純奈・無料ダウンロード配信サイト

music.jp」他から無料でダウンロードが可能です。
music.jpにアクセス殺到中の場合、「mora」「TSUTAYA」をご利用ください。

デビュー曲「ドラマ」【動画】

昨年2017年12月に音楽チャンプに初出場し「中高生制服チャンプ」で優勝者となった徳島の天才合唱ガールの丸山純奈さん(中2)。

「お母さん、おばあちゃん、おじいちゃん、お父さん、ほんまに感謝してますし、恩返しを歌で出来たらいいなと思っているので、歌手になりたいです。」

優勝後、丸山純奈さんのデビュー企画が始まり、プロに必要な5つの課題をクリアし、ついにデビューの日を迎えました。

丸山純奈「この曲は、自分が家族とかお母さんへの感謝の気持ちをすごい書いてくださってる詩で、自分もより一層、気持ちが入る歌詞です」

母親・丸山由紀子さん「初めて歌詞を見せてもらった時に私はもう、号泣してしまって、この子が歌うのを想像したら、私は平常心で聴けない気がして・・・」

「♪もしも わたしが ドラマ撮れるのなら 送り迎えハンドルを握る お母さんを主役にしたい」

「♪私、決めたよ。そばにいられない時は、この声で抱きしめるって」

感想を聞かれた母親の由紀子さんは大号泣でした。

村上信五さん「すっごい親孝行ですもんねこれは。」

審査員・菅井秀憲他コメント

そしていつも辛口コメントだった審査員の菅井秀憲さんの言葉に、審査では涙を見せなかった丸山純奈さんの目に涙が・・・




スポンサーリンク


コメント