大坂なおみのブーイング理由はなぜ?【フル動画】謝罪するのはセリーナの方じゃないの?

9月8日の全米オープンテニス女子シングルス決勝で、大坂なおみ選手がセリーナ・ウィリアムズ選手に見事勝利して日本人初のグランドスラム制覇を果たしましたが、表彰式では、観客からブーイングの嵐が起こり、大坂なおみ選手が表情を曇らせて涙ぐむシーンが見られました。

称えられるべき優勝者の大坂なおみ選手へのブーイングが起こった理由はなぜなのでしょうか?表彰式のフル動画で振り返ってみたいと思います。

そして、ブーイングのきっかけとなったセリーナ選手とラモス主審とのやり取りの経緯をまとめてみましたが、謝罪するのはセリーナ選手のほうじゃないかとの思いがふつふつを沸き起こっています。




【フル動画】全米オープンテニスで大坂なおみへのブーイング理由はなぜ?

大坂なおみ選手が優勝した2018年全米オープンテニス・女子シングルの表彰式のフル動画がこちらになります。

表彰式の開会を告げると同時に観客席から聞こえてきたのは歓声ではなく「ブー」という低い音の合唱でした。

式が始まって30秒後、ブーイングの中で視線を落とした大坂なおみ選手は、被っていたサンバイザーで顔を隠し、左手で右の目に溢れた涙をぬぐう仕草をするのでした。

気づいた横にいたセリーナ・ウィリアムズ選手が大坂なおみ選手に近付き肩を抱き慰め、反対の男性も大坂なおみさんに何か言葉をかけています。

このシーンだけを見ると、まるで観客のブーイングは大坂なおみさんだけへ向けたもののように思いますが、実際のところはどうだったのでしょうか。

観客のほとんどが、地元アメリカのテニス界のレジェンドで、出産を経てコートに戻ってきたセリーナに対し、ホームの全米オープンで24回目の優勝をしてもらたい、という期待を持っていただろうと考えた大坂なおみ選手は、ブーイングはセリーナ選手に勝利した自分に向けられたものと捉えてしまったようでした。

でも、大坂なおみ選手の決勝でのプレーは何も恥ずべきことはなく、このブーイングは、むしろ、決勝の試合を台無しにしてしまった審判や大会関係者に向けてのものでした。

現に、この後、5分15秒頃に大坂なおみ選手が優勝者として名前を呼ばれるのですが、観客席からは歓声の嵐が聴こえて来ます。観客が大坂なおみ選手に対して反感を持っていたら、このようなリアクションは無いはずです。

それではブーイングの理由はなんだったのでしょうか。

ブーイングの発端はセリーナ選手の違反行為と暴言【動画】

ブーイングのきっかけとなったのは、第2セットのセリーナ選手と審判のやり取りで、セリーナ選手は審判から3度の罰則を受け、1ポイントと1ゲームのペナルティを課されてしまったのでした。

1.客席のコーチからコーチング(指導)をしたペナルティ(警告のみ)

2.ラケットをコートに叩きつけて壊したことでのペナルティ(1ポイントのペナルティ)

3.審判に対する暴言に対してのペナルティ(1ゲーム)

第1セットを6-2で大坂なおみ選手に取られたセリーナは、第2セットで巻き返しを図ります。

そんな第2セットの第2ゲーム中、セリーナ選手のコーチで客席にいたパトリック・ムラトグルー氏の両手の動作がコーチング(指導)と判定され、カルロス・ラモス主審から警告を受けます。

コーチングは、通常のWTAツアーの試合では認められているものの、格の高いグランドスラム(四大大会)では違反行為となっています。

第2セット1-3となった第5ゲーム、大坂なおみ選手がブレークバックに成功し2-3としたところで、セリーナ選手が怒りのあまり、ラケットをコートに叩きつけて壊してしまいます。

ラケットを壊した行為により、先にコーチングで警告を受けていたセリーナ選手は1ポイントのペナルティを課されてしまいます。

コーチングとの合わせ技でペナルティを課されたと知ったセリーナ選手は、ラモス主審に迫り、「私はコーチングなんて見てないわ。そんなずるなんてしないんだから。私をずる呼ばわりするなんて謝りなさいよ」と猛抗議し、観客もブーイングでセリーナを支持します。

その後、4-3で大坂なおみ選手にリードを許すしてしまったセリーナ選手はコートを入れ替わるチェンジオーバー時にラモス主審にせまり「嘘つき、謝れ」大坂なおみ選手に対してポイントをあげたことを「泥棒」呼ばわりしたのでした。

この暴言を受けて、ラモス主審はペナルティとして1ゲームを大坂なおみ選手に与え、大坂選手は5-3とリードを広げ、優勝まで後1ゲームとなったのでした。

観客からはセリーナ選手を支持する激しいブーイングが続く中、セリーナ選手はプレー再開を拒否して、大会審判の判断を要求します。

「これはフェアではない」と声を荒げるセリーナに同情する観客たち。

続く第9試合はセリーナ選手がキープして5-4となりますが、続いての第10ゲーム、大坂なおみ選手はメンタルを崩すことなく、優勝を果たします。

試合後、セリーナ選手のムラトグルーコーチは、コーチングをしていたことを認めています。

セリーナ選手はどうやらそのコーチングは見ていなかったようなので、コーチの行為で選手が違反を受けるのは可哀想、というのはあるようですが、我慢強苦プレーする大坂なおみ選手をどうやっても崩すことが出来ず、そのイライラをホームの観客のブーイングを味方に終始、馬時雑言を浴びせ続けたのは品格とは程遠い姿でした。

試合後の表彰式には通常であれば主審は参加するものなのですが、ラモス主審は試合の内容もあって、表彰式が始まる直前に会場を後にしたのでした。

主審は警備にエスコートされて立ち去ったとのことなので、どれだけ観客から憎悪の目を向けられていたかが分かります。そんな不穏な空気の中で、表彰式は始まったのでした。




大坂なおみへのブーイングに対するネットのコメント







コメント