【得損】余ったパン粉で絶品フレンチトーストレシピ!10分で簡単にバタコやんが世界一の味にリメークの作り方

この記事は3分で読めます

揚げ物を作る時に余ったパン粉を使って、たった10分で高級ホテルの絶品フレンチトーストにリメークする方法を2月8日放送の「得する人損する人」でバタコやんが紹介していましたので、レシピや作り方をまとめました。実際に作ってみましたので画像とともに紹介しています。

余ったパン粉を絶品フレンチトーストにする裏ワザは2つあり、生地にハチミツを混ぜてしっとりさせることと、卵焼き器のフライパンを使うことで、世界一と称されるフレンチトーストと同じような形に簡単にすることができます。

実際に作ってみたところ、これパン粉で作ったの?と思うようなしっとりフレンチトーストが出来上がりました!

リメークレシピを披露してくれたのは、得損ヒーローズ6番めのバタコやんです。
バタコやんはパンの技能と知識を幅広くもった人に与えられるパンシェルジュ2級の資格を持つパンのスペシャリストなんです。

バタコやん流余ったパン粉でフレンチトーストの簡単リメークレシピを見ていきましょう。

スポンサーリンク


【得損】余ったパン粉で絶品フレンチトーストレシピ

2月8日放送の「得する人損する人」で、主婦が捨てるのは惜しいと悩む余りがちなもったいない料理の2位となったのが「余ったパン粉」でした。

揚げ物を作るときに余ったパン粉は卵などがついてしまって、他に使い道もなくて困ってしまいますよね。

それが、たった10分で某高級ホテルで世界一と称される絶品フレンチトーストそっくりにリメークできるんです。

ちなみにこの世界一と称される某高級ホテルとは、ホテルオークラのことですね。
ホテルオークラのフレンチトーストは朝食の時間帯のみ、しかも数量限定でしか供されないため、幻のフレンチトーストと言われているんだとか。
専用の食パンを使用し、卵液に24時間浸して15分かけて焼き上げる絶品フレンチトーストの味の特徴はプリンのようなトロッとした食感です。どこまで近づけることができるのでしょうか。

◎材料

・余ったパン粉 30g
・牛乳 50ml
・卵 1個
・バター 適量
・ハチミツ 大さじ2

使ったもの
・小さめボール
・計量カップ
・フォーク
・大さじ
・卵焼き器
・フライ返し
・ガスコンロ

◎作り方
1.余ったパン粉は卵や牛乳、小麦粉がついていても全く問題なし!
余ったパン粉30gに対し牛乳を50ml、溶いた卵1個を加え、フォークなどでよく混ぜ合わせます。

パン粉は粉々なので、卵液も染み込みやすいし、味が均一につくという良さがあるとのこと。
しかも、パン粉の中の卵や食材の残りかすなども一緒に混ぜられるので無駄なく使えます。

2.1にハチミツ大さじ2を加えてさらに混ぜ合わせます。

世界一のフレンチトーストのしっとり感を再現するために使用するのがハチミツです。
パチミツは砂糖に比べて食材に浸透するスピードが2倍で、化粧品にも使われるほど保湿性が高い食材なんです。熱を加えても水分を蓄えることができる為、焼けば生地がしっとりするとのことです。

3.卵焼き器のフライパンにバターを適量しいたら、2の卵液を浸したパン粉をすべて流し込みます。

4.フレンチトーストの形を整えながら、中火で片面3~4分ずつ焼きます。


5.仕上げにバターをお好みでのせ、ハチミツをかけたら出来上がりです。

坂上忍「すっごくおいしい!口の中に入れた時にトロッととろけるから、びっくりこれ」「口の中入れると遜色ない」

子供たち「こんなおいしいの食べたことない!」

新川優愛「ふわふわでぷるっぷるですごく美味しいです!」

作ってみた感想は、とっても簡単でした!
まぜて、卵焼き器で焼くだけです。
卵焼き器に入れた時はまだパン粉がぶつぶつした状態なので、これで大丈夫なのかな?と思うのですが、ひっくり返してみると、見事に固まっているじゃないですか!
食べてみた感想も、しっとり重みがある美味しさでした。
これなら余ったパン粉じゃなく、フレンチトーストを作るなら、これからはトーストじゃなくパン粉で作ろう!って思うほどです。ぜひ、試してみてください。

*「得する人損する人」でおなじみのイタリアンの鬼才・小林シェフ曰く、
フレンチトーストにするなら、特にじゃがいものコロッケを作る時に残ったパン粉がお薦めとのこと。じゃがいものデンプンで、さらにもっちり美味しいフレンチトーストになります。

但し、肉や魚用に使ったパン粉はその風味が残ってしまうこともあるので、塩・コショウやケチャップで味付けをしたオムレツ風にしたほうがおいしくなるとのことです。



スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク




Recommend