ペンタゴン・ペーパーズ動画フルを無料視聴!新作映画もDVDより配信レンタルで快適に

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』の動画フル配信を無料で視聴する方法についてご紹介しています。

記事の後半では、読者様から寄せられた映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』のあらすじや見どころをご紹介していますので、合わせてお楽しみください。

↓今すぐ『ペンタゴン・ペーパーズ』のフル動画を観るにはこちらをクリック↓

 

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』は、スティーブン・スピルバーグ監督のもと、メリル・ストリープとトム・ハンクスの2人のオスカー俳優が初共演した実話を元にした社会派ドラマ系の映画です。

 


*紹介している情報は、2018年9月24日時点のものです。現在は配信を終了している場合がありますので、詳細は各VOD公式ページにてご確認ください。
映画『ペンタゴン・ペーパーズ』のフル動画を今すぐ観る

 

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』動画フル配信を無料で視聴する方法!

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』のフル動画を安全・確実に無料で視聴するには、公式動画配信サービスの無料トライアルを利用するのが最もおすすめです。

U-NEXT

≫映画『ペンタゴン・ペーパーズ』を今すぐ観る

 

DVDレンタルと違って、

観たい!と思ったら今すぐに観れるのが動画配信です。

借りたり返したりといった面倒な手続きはいりませんし、
借りたい作品がレンタル中で借りれなかったってこともありません。

 

最近の動画配信サービスでは、最新映画の動画配信日がDVDレンタルと同時は当たり前、Blu-rayやDVD販売よりも動画配信が先、というケースも増えてきているんです。

「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」のフル動画を配信しているVOD公式サービスの配信状況一覧とその比較、おすすめはできませんが、Dailymotion(デイリーモーション)やパンドラなどのリンクも合わせて紹介していきます。

 

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』動画配信状況一覧・比較

2018年9月24日現在、国内主要VODサービスでの映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』のフル動画の配信状況がこちらになります。

U-NEXT 〇(日本語字幕・吹き替え)
Hulu
Netflix
ビデオマーケット 〇(日本語字幕・吹き替え)
ビデオパス 〇(日本語字幕・吹き替え)
FOD
dTV 〇(日本語字幕・吹き替え)

上記の動画配信サービスの中で、映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』は日本語字幕・吹き替え版共にU-NEXTビデオマーケットビデオパスdTVで配信されていますが、

1.無料登録が簡単

2.無料期間が長い

3.有料作品視聴用のポイントがもらえる

4.作品ジャンル・本数が充実している

5.解約が簡単

上記5点のチェック項目から、U-NEXTが一番、お得と判断します。

≫U-NEXTはこちら

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』をお得に観たい方におすすめはU-NEXT

U-NEXTでは、現在、無料体験キャンペーンを実施中で、31日間無料で見放題作品を見ることが出来ます。

無料体験キャンペーン期間中に解約すれば、お金は一切かかりません。

ビデオマーケットも無料期間がありますが、U-NEXTが31日間なのに比べて、ビデオマーケットは初月が無料になる設定となっています。

これはどういうことかというと、登録した月の月末までが無料期間になるということです。

例えば、9月1日に登録したら、無料期間は9月30日までですが、9月25日に登録しても、無料期間は9月30日までとなります。

それに対して、U-NEXTは登録した日から31日間になりますので、9月25日に登録した場合、無料期間は10月25日までとなり、ビデオマーケットよりもお得です。

そして、U-NEXTに無料登録すると、特典として600円分のポイントを貰うことが出来ます。

U-NEXTの作品には、

・見放題作品

・レンタル作品(要ポイント作品)

の2種類があります。

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』は、劇場公開から間もない最新作のため、540ポイントが必要なレンタル作品ですが、この特典の600円分のポイントを使って無料で視聴することが出来ます。

ビデオパスやdTVもレンタル課金が必要ですが、こういった特典ポイントは貰えませんので、U-NEXTが最もお得です。

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』を今すぐ観る

 

動画配信サービスを使うもう1つのメリットが、お目当ての映画以外も一緒に楽しめるところですよね。

U-NEXTは、配信動画数が12万本、その内、見放題作品は8万本と日本最大級の配信本数を誇っています。

こちらも最新映画なのでレンタル作品となりますが、スティーブン・スピルバーグ監督の最新SF映画「レディ・プレイヤー1」も今すぐ観ることができます。

追加料金の要らない見放題作品であれば、

スティーブン・スピルバーグ監督の社会派映画なら、

・シンドラーのリスト

・プライベート・ライアン

・リンカーン

・ミュンヘン

・カラー・パープル etc.

スピルバーグ監督のSF映画やパニック映画の見放題作品であれば、

・レイダース / 失われたアーク《聖櫃》

・ジョーズ

・宇宙戦争

・マイノリティ・レポート

・未知との遭遇

・ジュラシック・パーク

などが追加料金無しの見放題で楽しめます。

見放題作品は、洋画の他にも、邦画、国内ドラマ、海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、ディズニー作品など8万本、動画以外にも、雑誌、漫画、書籍も楽しめます。

あと、これはあまり知られてなかったりするのですが、U-NEXTはアダルト動画も5千本以上が見放題です。

上記の動画配信サービスでアダルトを扱っているのはU-NEXTだけです。

ご家族利用の場合も、U-NEXTなら1つの契約で最大4つのアカウントが作れ、同時に別の作品を別のデバイスで視聴ができるので、家族に知られることなく楽しむことができます。

アダルト専門チャンネルに契約しているとクレカの引き落とし名で家族にばれるケースがありますが、U-NEXTならその点も安心です。

無料体験期間はたっぷり31日間ありますので、あなたの興味のある見放題作品をとことん楽しんで、気にいったら継続を、合わなければ解約をしちゃいましょう。

この手のサービス会社には、解約手続きをわざとめんどうにしているようなところもありますが、U-NEXTは解約は簡単にできるので安心です。

解約は、パソコンやスマホからログイン後、メニューの「設定・サポート」→「契約内容の確認・変更」と進み、お手続きの「解約はこちら」のリンクから簡単に手続きすることが出来ます。映画『ペンタゴン・ペーパーズ』を今すぐ観る

 

もし、すでにU-NEXTは登録済みの場合は、ビデオマーケットをおすすめします。

ビデオマーケットは無料登録時に540円分のポイントを貰えますので、ここから432ポイントを使うことで、映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』を無料で観ることが出来ます。

≫ビデオマーケットで今すぐ観る

 

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』はDailymotionやパンドラで観れる?

無料で動画を視聴できるサイトとして有名なのが、Dailymotion(デイリーモーション)やパンドラなど、海外の動画共有サイトですよね。

これらのサイトに映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』のフル動画があるとすると、違法にアップロードされたものになります。

おすすめはできませんが、違法にアップロードされたものでも、視聴するだけなら法律違反にはなりませんので、主要な動画共有サイトで映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』が無いか調べたリンクをご紹介します。

これらの動画は違法にアップロードしたものなので、

・低画質&低音声

・次に見ようと思ったら削除されていた

・うざいくらいに広告が表示される

・ウィルス感染や個人情報漏洩

などのデメリットや危険が報告されていますので、視聴は自己責任でお願い致します。

上記のサイトで見つからない場合は、下記のボタンからご視聴ください。

映画『ペンタゴン・ペーパーズ』をU-NEXTで今すぐ観る

 

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』のあらすじネタバレと感想・見どころはどこ?

30代男性

「ペンタゴン・ペーパーズ」のあらすじ

ベトナム戦争を分析及び報告した国防総省の最高機密文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」を内部告発によってニューヨーク・タイムズがスクープします。

 

ワシントン・ポスト紙とキャサリン・グラハムとベン・ブラッドリーもペンタゴン・ペーパーズについて取材を進めていきますが、徐々にベンが暴走していきます。

 

ワシントン・ポスト紙は、何度も機密文書をリークし経緯などがあることから政府に目をつけられており、さらに最初にスクープしたニューヨーク・タイムズと関係性もこじれたことからニューヨーク・タイムズと政府との間で情報公開の在り方を巡って裁判になります。

 


「ペンタゴン・ペーパーズ」の感想・みどころ

まず、出演者が高価だと思いました。

 

キャサリン・グラハムをメリル・ストリープが演じ、ベン・ブラッドリーをトム・ハンクスが演じています。

 

ブラッドリー・ウィットフォードやブルース・グリーンウッドといった名優も多く登場しているので、より物語の重厚性が増していると感じました。

 

ストーリー性に感じても機密文書に関する政治的にデリケートなテーマとなっており、徐々にスクープするマスコミ側が極度な使命感や名声に駆られていく人間模様が面白いと感じました。

 

そして、徐々にマスコミ同士や政府と対立する姿もよかったと思います。

50代男性

「ペンタゴン・ペーパーズ」のあらすじ

共産主義との戦いを標榜したベトナム戦争にアメリカが介入して早や幾年。当初、楽観視されていたこの戦争が、終わりの見えない闘いの様相を呈していた1971年。

 

アメリカ国内では厭戦の世論が巻き起こるものの、政府は不都合な真実を国民から隠し、戦争の矮小化を企てていました。

 

そんな中、べトナム戦争を詳細に記したアメリカ国防総称・ペンタゴンの最高機密文書=通称「ペンタゴン・ペーパーズ」を入手したニューヨーク・タイムズが、その内容の一部を報道します。

 

これを受けて競合紙ワシントン・ポストの発行人キャサリン・グラハムと、同紙編集主幹のベン・ブラッドリーらが、民主主義の前提である報道の自由を貫くため、記事の掲載を妨害する政府と戦い、ベトナムの真実を世に問う社会派の作品です。

 


「ペンタゴン・ペーパーズ」の感想・みどころ

ベトナム戦争しのアメリカ社会を描いた社会派ドラマだけあって、前半は特に娯楽作品として鑑賞するのは難しいというのが偽らざる感想です。

 

しかし中盤以降、政府に不利な報道を、その圧力に負けずに、ワシントン・ポストという会社の存続と、報道の自由という点から、タイトルちもなった「ペンタゴン・ペーパーズ」を掲載に踏み切るあたりから、物語としても手に汗握るスリリングな展開を魅せてくれます。

 

特にワシントン・ポスト紙編集主幹のベン・ブラッドリーを演じる、名優トム・ハンクスの与える印象が強力で、観るものを否応なしに引き込む魅力を発揮していると思います。

30代男性

「ペンタゴン・ペーパーズ」のあらすじ

1971年、アメリカはベトナム戦争の影響で混沌としていました。

 

国防総省は、戦争についての膨大な文書を保存していましたが、漏洩した文書の一部が、ニューヨーク・タイムズによってスクープされてしまいます。

 

遅れをとったワシントン・ポストのキャサリンとベンは、政府が隠していた驚きの真相を白日の下に晒すべく、残りの文書の全容を解明しようと試みます。

 

しかしそれは政府を敵に回すことに等しく、自らは逮捕され、会社にもダメージを与えてしまうことになります。

 

本当に正しいことは何なのか、彼らは葛藤しますが、決断の時はすぐそこまで迫っていました。

 


「ペンタゴン・ペーパーズ」の感想・みどころ

何と行っても、キャサリン役のメリル・ストリープの演技に注目です。

 

もはや説明の必要も無い位の世界的な女優ですが、この映画でまたしても新たな彼女の一面が見られて嬉しく思います。

 

映画の見どころとしては、彼女の変化に注目です。

 

この映画の時代は、まだまだ男性優位社会です。

 

男性に囲まれたなかで、女性であるキャサリンが奮闘する姿に心を打たれます。

 

当初は少々おどおどした一面も見せていた彼女でしたが、段々と精神的に成長して行き、最終的に見せてくれる彼女の姿には圧巻です。

 

たった一人の女性である筈なのに、ここまで幅広く表現してみせてくれるメリル・ストリープはやはり只者ではありません。

映画『ペンタゴン・ペーパーズ』を今すぐ観る

*紹介している情報は、2018年9月24日時点のものです。現在は配信を終了している場合がありますので、詳細は各VOD公式ページにてご確認ください。

コメント