ストロベリームーン2017はいつ?意味や画像と時間帯や方角、6月9日の満月を見ると幸せになれる!

ライフ

ストロベリームーン2017はいつでしょうか。ストロベリームーンとは、6月の満月のことを意味するので、今年2017年のストロベリームーンは6月9日(金曜日)になります。

夏至の頃の満月は、月の高度が低いことから、赤みを帯びた温かい色合いに見えるんです。

6月9日の夜は空を見上げて、ストロベリームーンを楽しみたいですね。

ストロベリームーンを見ると、「幸せになれる」とか、「好きな人と一緒にみると、その人とは永遠に結ばれる」との言い伝えもあるのだそうです。

ここでは、ストロベリームーン2017について、その意味の詳細や見える時間帯や方角について、写真画像とともに見ていきたいと思います。

ストロベリームーン2018年の時間はいつ?なぜ赤いかの理由や画像、6月28日の満月を見ると幸せになれる!
2018年のストロベリームーンの時間はいつでしょうか。ストロベリームーンとは、6月の満月のことを意味するので、今年2018年のストロベリームーンは6月28日(木曜日)になります。 ストロベリームーンがなぜ赤いかの理由は、夏至の頃の満月...

スポンサーリンク


ストロベリームーン2017とは2017年6月9日の満月

2017年6月9日は満月です。

夏至に近い6月の満月は高度が低くなり地平線に近い位置を移動するので、朝日や夕陽が赤く見えるのと同じ理由で赤みを帯びて見えるんです。

夏至の日の太陽の高度は1年で最も高くなり、昼の長さが一番長い日となります。太陽と正反対の軌道を通る夏至の月は、出ている時間は1年で最も短くなり、高度も最も低くなります。

今年2017年の夏至は6月20日なので、夏至と満月のタイミングが遠くではありますが、1年間を通してみれば、6月9日が一番、夏至に近い満月となります。

ストロベリームーンの満月は、地平線に近い軌道を通るので、月の出や月の入りに限らず、ずっと赤みを帯びて見えるというわけです。

ストロベリームーンの名前の由来・意味

ストロベリームンの名前の由来は、ネイティブアメリカンと言われていて、6月はアメリカでは苺の収穫期だったそうで、この時期の月が赤く見えることからストロベリームーンと呼ばれるようになったのだそうです。

苺の収穫時期ではないヨーロッパでは、ストロベリームーンではなく、「ローズムーン」と呼ばれています。

ストロベリームンを見ると幸せになれる

ストロベリームーンを見ると、「幸せになれる」とか、「好きな人と一緒に見ると、その人とは永遠に結ばれる」との言い伝えがあるそうです。

赤みを帯びた満月が神秘的な力を宿しているように見えることや、アメリカでは苺の収穫時期ということで、「果実が熟す」ことから、「恋の機が熟す」ことを暗示しているんだそうです。

スポンサーリンク


ストロベリームーン2017の時間帯や方角

■2017年6月9日の月の出・日の入り時間と満月の時間

2017年6月9日の満月の時間は、中央標準時間で22時10分になります。

2017年6月9日の主要都市の月の出、日の入り時間:

月の出 日の入り
札幌 18時42分 19時13分
東京 18時31分 18時56分
大阪 18時47分 19時10分
福岡 19時05分 19時28分

月が出たばかりの時間帯は、まだ日が落ちておらず、空が明るいので、日の入り30分後ぐらいの20時頃から満月となる22時台までが見ごろとなりそうです。

夏至のころの満月は高度が低く、月の出の方角は真東より南寄りとなります。月の高度が一番高くなる南中は23時半~0時半の時間帯なので、満月となる22時台までは、東南の空に見えるでしょう。

6月9日の天気は、九州から関東にかけては梅雨の晴れ間が広がる予報となっており、日本の広い範囲でストロベリームーンが楽しめそうです。東北から北海道の日本海側は残念ながら雨の降るところがあるとのことです。

今年2017年のストロベリームーンが待てないあなたに、昨年2016年のストロベリームーンを収めたツイッターやインスタグラムの画像をご紹介します。

素敵なストロベリームーンが楽しめますように!

ストロベリームーン2018年の時間はいつ?なぜ赤いかの理由や画像、6月28日の満月を見ると幸せになれる!
2018年のストロベリームーンの時間はいつでしょうか。ストロベリームーンとは、6月の満月のことを意味するので、今年2018年のストロベリームーンは6月28日(木曜日)になります。 ストロベリームーンがなぜ赤いかの理由は、夏至の頃の満月...



スポンサーリンク


コメント