テレビ

TEPPEN(テッペン)ピアノ2018冬1月の結果順位!歴代優勝者を抑えて山口めろんが新女王へ

2018年1月12日放送の「TEPPEN第16弾【大白熱のピアノ頂上決戦】」では、芸能界No.1のピアノTEPPEN(テッペン)の称号をかけて、歴代優勝者の松井咲子(2012年)、森保まどか・HKT48(2015年)、こまつ(2016年)、杉浦みずき(2017年)と、ふかわりょう、山口めろん、石綿日向子、大石絵理、杉浦みずき、匠、花田優里音の10名が対決しました。

2018年初のピアノTEPPENに輝く優勝者は誰となるのでしょうか。

2010年に、さゆりさんの優勝でスタートして、今回で12回目を迎えるTEPPEN2018冬の出演者と演奏曲、審査員の得点と結果順位、そして、決勝戦で優勝者が誰になるかまでを追っていきます。今回の優勝者を含めた歴代優勝者もご紹介しています。




ピアノTEPPEN2018冬 決勝戦の出場者と演奏曲・得点結果

決勝戦は出場者が自由に選曲し、アレンジした曲を演奏します。
採点は、4名の特別審査員(NOKKO、秦万里子、清塚信也、木嶋真優)が各100点、観客50名が各2点の500点満点となっています。採点の一番、高かったピアニストが優勝となります。

1.こまつ
楽譜が読めない天才パフォーマー、第11回準優勝
演奏曲:山口百恵「ひと夏の経験」
得点:419点(NOKKO:83、秦:85、清塚:88、木嶋:94、観客:69)

2.匠
父・志垣太郎を超えたい二世俳優
演奏曲:KinKi Kids「硝子の少年」
得点:399点(NOKKO:86、秦:82、清塚:84、木嶋:84、観客:63)

3.石綿日向子
アイドルになれなかった音大生
演奏曲:AKB48「恋するフォーチュンクッキー」
得点:442点(NOKKO:90、秦:90、清塚:89、木嶋:92、観客:81)

審査員・清塚信也「音数が多い中で聴いている方は一番、聴きたい音、所謂、歌の旋律になっている音をちゃんと組みだして自分で表現なさっているところが素晴らしいと思いました。」

4.山口めろん
あと一歩の不思議系アイドル
演奏曲:斉藤和義「歩いて帰ろう」
得点:443点(NOKKO:90、秦:89、清塚:87、木嶋:93、観客:84)

山口めろん「楽しかったです。ミスタッチとかもあったんですけど、音楽って生ものだなっていうのがわかるような楽しい演奏ができたので悔いはないです。」

審査員・秦「ぺダリングがほんと良くなりましたね。」「楽譜を見ていないことによる気の入れ方もとても良かったと思うし、手数がいっぱいあって、色々なパターンの音楽が中に入ってた。だからこそ、こういう曲って、聴いてる人がリズムを取りながらきくので、今度はリズムを狂わないようにするのが次の課題ですね。」

5.花田優里音
最年少13歳の女優、
演奏曲:ZARD「負けないで」
得点:430点(NOKKO:90、秦:87、清塚:86、木嶋:94、観客:73)

花田優里音「自分の心の中で、歌いながら弾くことができて、ちょっと、は!と思ってしまったところも、この曲に応援されて励まされて、立ち直れた部分があるかと思います。」

ゲスト・芳根京子 「なんかもう、心にガツンと届いて、私も明日から「がんばんなきゃな」って勇気をもらいました。」

審査員・木嶋真優「今の13歳の優里音さんしかできない演奏だったと思います。真っすぐ人に伝えられる演奏だった」

最終順位
1位:山口めろん 443点
2位:石綿日向子 442点
3位:花田優里音 430点

ピアノTEPPEN(テッペン)2018冬の優勝者は、山口めろんさん!

ピアノTEPPEN(テッペン)歴代優勝者
第1回(2010年)さゆり(かつみ♥さゆり)
第2回(2011年)さゆり(かつみ♥さゆり)
第3回(2012年)松井咲子(akb48)
第4回(2013年)さゆり(かつみ♥さゆり)
第5回(2014年冬1月)松井咲子(AKB48)
第6回(2014年秋9月)さゆり(かつみ♥さゆり)
第7回(2015年冬1月)さゆり(かつみ♥さゆり)
第8回(2015年秋10月)森保まどか(HKT48)
第9回(2016年冬1月)こまつ
第10回(2017年冬1月)松井咲子
第11回(2017年秋9月)杉浦みずき
第12回(2018年冬1月)山口めろん




ピアノTEPPEN2018冬 1回戦の出場者と演奏曲・結果

決勝進出をかけた予選(1回戦)は、1対1の直接対決となります。
誰と誰が戦うかは、各対戦の直前にルーレットで組合せを決定していく形となりました。
1回戦の課題曲は「冬の名曲」。
対決の判定は、4名の特別審査員(NOKKO、秦万里子、清塚信也、木嶋真優)が各1票、客席にいる51名の一般審査員が過半数で1票の合計5票の内、3票以上獲得したピアニストが勝利となります。

■1回戦第1試合「杉浦みずき vs こまつ」

ルーレットで選ばれたのは、前回2017年優勝者の杉浦みずきさんと、前回準優勝で2016年優勝者のこまつさんでした。1回戦第1試合から、歴代優勝者同士のTEPPEN対決となりました。

杉浦みずきさん(ピアノ歴16年)は、大阪でフリーアナウンサーとして活動する現役女子大生でしたが、ピアノTEPPEN2017年秋で優勝者となり、一夜にして人生が変わったピアノTEPPEN新女王。ピアノは4歳から弾き始め、名門教室に通い、数々の賞を受賞する音楽エリート。

演奏曲:MISIA「Everithing」
難関ポイント:曲後半の音数が多い大サビ
判定:清塚信也 1票

こまつさん(ピアノ歴18年)は、中学からピアノを始めるますが、家庭はピアノ教室に通う余裕はなく独学で学びます。故に楽譜は読めません。高校卒業後、上京し路上ライブで生計を立てる日々を過ごしてきました。技術ではなく想いのこもった演奏で音楽エリートに立ち向かいます。

演奏曲:中島美嘉「雪の華」
難関ポイント:広い音域を強く弾く大サビ
判定:NOKKO、秦万里子、木嶋真優、観客 4票

こまつさんが、決勝進出!
————————————-

■1回戦第2試合「匠 vs 大石絵理」

(ピアノ歴24年)さんの父親は俳優の志垣太郎。匠さんは一人息子の29歳。ピアノは5歳から毎日練習を重ね、現在はヘビーメタルバンドで活動中。ピアノで父を超えたいと願う。

演奏曲:レミオロメン「粉雪」
難関ポイント:サビの直前の腕の交差の連続
判定:秦万里子、清塚信也、木嶋真優、観客 4票

大石絵理(ピアノ歴12年)さんは、バラエティ番組で活躍するタレント。ピアノを始めたのは3歳で、ピアノ講師の母とピアノ漬けの毎日を過ごしてきたピアノエリート。

演奏曲:globe「DEPARTURES」
難関ポイント:テンポが速く音数が多いサビ
判定:NOKKO 1票

匠さんが、決勝進出!
————————————-

■1回戦第3試合「森保まどか vs 石綿日向子」

森保まどか(ピアノ歴12年)さん(HKT48)がピアノを始めたのは4歳の時。大きなコンクールで数々の賞を受賞した実力で、ピアノTEPPEN2015の優勝者となるも、曲の難度を上げ挑んだ前回の2017秋のピアノTEPPENでは、ミスを連発し1回戦で敗退してしまう。ピアノTEPPEN返り咲きを狙います。

演奏曲:広瀬香美「ロマンスの神様」
難関ポイント:速いサビの直前の3回のグリッサンド奏法
判定:0票

石綿日向子(ピアノ歴16年)さんは、偶然、出演したテレビ番組で可愛すぎる女子高生と話題となりスカウトされ芸能界デビューし、現在はモデルとして活動する。本当の夢はAKI48や乃木坂46に入りたくて6年間オーディションを受け続けてきたという。松井咲子や森保まどかは憧れの存在。ピアノは3歳から始めた現役音大生。アイドルになれなかった雪辱をピアノで果たす。

演奏曲:SPEED「WHITE Love」
難関ポイント:テンポが速く音数が多いサビ
判定:NOKKO、秦万里子、清塚信也、木嶋真優、観客 5票

石綿日向子さんが、決勝進出!
————————————-

■1回戦第4試合「山口めろん vs 松井咲子」

1回戦の第4試合は前々回大会(第10回)の優勝者で合計3回の優勝を誇る松井咲子さんと、前々回大会の準優勝者の山口めろんさんの因縁対決となりました。

山口めろん(ピアノ歴24年)さんは、普段は大好きなメロンを主食にするため原宿で普及活動を行っている不思議系アイドル。ピアノは4歳から始め、今も毎日練習を欠かさない。ピアノTEPPEN第10回準優勝、第11回4位。

演奏曲:イルカ「なごり雪」
難関ポイント:大サビの広い音域をカバーし切ない情景を表現する伴奏
判定:NOKKO、木嶋真優、観客 3票

松井咲子(ピアノ歴23年)さんは圧倒的なピアノの実力でこれまでにピアノTEPPENを3度優勝している元AKB48の絶対王者。

演奏曲:SMAP「夜空ノムコウ」
判定:秦万里子、清塚信也 2票

山口めろんさんが、決勝進出!
————————————-

■1回戦第5試合「ふかわりょう vs 花田優里音」

ふかわりょう(ピアノ歴34年)さんは音楽一家の末っ子として育ちかつてはピアニストに憧れ音大を志望していたのだそう。現在43歳。

演奏曲:TRF「寒い夜だから・・・」
難関ポイント:大サビの高速演奏
判定:木嶋真優 1票

花田優里音(ピアノ歴8年)さんは、NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」でヒロイン尾野真知子の娘役を熱演した13歳の女優。ピアノでもすでに4つの賞に輝く実力者。講師をしている母の影響で0歳からピアノに触れている生まれながらのピアノエリート。

演奏曲:松たか子「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」
判定:NOKKO、秦万里子、清塚信也、観客 4票

花田優里音さんが、決勝進出!







COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。