【真相】岡田有希子の自殺の新事実!遺書の俳優は峰岸徹や神田正輝でなく舘ひろしだった?(画像・動画有)

昭和を代表するアイドルだった岡田有希子さんが1986年に自殺した真相の新事実が、12月2日放送のTBSテレビ「爆報THEフライデー」で明らかになると報じられました。

岡田有希子さんは当時18歳、デビューして3年目で、ポスト松田聖子と言われた人気絶頂のアイドル歌手でしたが、1986年4月8日、所属事務所のサンミュージックが入居している東京・四谷のビルの屋上から突然、飛び降り自殺をして亡くなりました。

岡田有希子さんの自宅からは、日記風のノートが発見され、そこには遺書として、憧れていた俳優の峰岸徹さんにふられたことが書かれてあったと報じられました。

ところが、その後、岡田有希子さんの自殺の原因は、神田正輝さんであるとの報道や、真相は舘ひろしさんだとも噂されました。

数々の報道や噂をまとめるとともに岡田有希子さんの自殺の真相に迫りたいと思います。

岡田有希子さんの画像や、当時のニュース動画もご紹介します。

岡田有希子の経歴・プロフィール

岡田有希子さんは1967年8月22日生まれ。
本名、佐藤佳代。愛知県一宮市生まれ、名古屋市熱田区育ち。
身長155cm、体重44kg、スリーサイズは、86-58-84のEカップ。

1984年、「スター誕生!」を経て、シングル「ファースト・デイト」で歌手デビュー。

キャッチフレーズは、
「いつまでも一緒にいてね」
「ステキの国からやって来たリトル・プリンセス」、
愛称はユッコ。

1985年、テレビドラマ「禁じられたマリコ」初主演(峰岸徹と共演)。
1986年、シングル「くちびるNetwork」でオリコンチャート初登場1位。

「くちびるNetwork」は当時、芸能活動休止中の事務所の先輩の松田聖子さんの作詞で、カネボウ化粧品のCMソングとなりました。
同年4月8日、所属事務所サンミュージックの入居するビルの屋上から飛び降り自殺をする、享年18歳。

岡田有希子の自殺の真相と新事実 ニュース動画

岡田有希子さんが飛び降り自殺をしたのは1986年4月8日午後0時20分頃。
こちらは当日午後のワイドショーのニュース動画になります。

ニュース動画によると、岡田有希子さんは、当日の朝10時過ぎ、引っ越したばかりの東京・青山の自宅マンションで手首を切ってガス栓をひねって自殺を図りますが、発見され119番されて、北青山の病院に運ばれました。

岡田有希子さんの傷の具合は大したことないとして、サンミュージックの元専務の福田時雄さんが、病院から東京・四谷の事務所へ連れて帰り、社長室にて付き人を含む3人で話をしていましたが、福田専務が相澤社長からの電話のため席を外した隙に、岡田有希子さんは付き人の目を盗み、屋上へ行き飛び降りたのでした。

福田時雄さん曰く、岡田有希子さんは躁鬱の激しい子でしたが、仕事はコンサートやドラマにと忙しく、仕事が原因ではないとのことでした。

岡田有希子の自殺の真相と新事実 遺書・日記に峰岸徹の名前

岡田有希子さんの青山の自宅からは「遺書」が見つかりました。
1度目の自殺の後、警察が発見し、その翌日、岡田有希子さんの両親に手渡されたそうです。

遺書には、「男優の峰岸徹さんにふられた・・・あこがれていたのに、最近冷たくされて悲しい・・・勝手なことをしてごめんなさい・・・」と岡田有希子さんが憧れていた俳優の峰岸徹さんの名前が残されていたと報じられました。

岡田有希子さんと峰岸徹さんは、その前の年から始まった連続テレビドラマ「禁じられたマリコ」で共演をしていました。

okadayukiko-minegishitoru
fc2.com

当時、峰岸徹さんは42歳、岡田有希子さんとは24歳差でした。

岡田有希子さんの訃報を受け、峰岸徹さんは「正直、ものすごくショックです。僕は兄貴のつもりでいたんですが、彼女はそれ以上のプラスアルファがあったのかもしれない。それが愛だったら、責任を感じます」とコメントしました。

サンミュージックの相澤会長は後に、亡くなる円実の岡田有希子さんの行動を公表しています。

岡田有希子さんは前日の深夜、世田谷区・成城の峰岸徹さんの自宅前に1人訪れ、朝方、泣きながら帰宅したのだそうです。当時の峰岸徹さんは元妻との間に小学生の娘がおり、新しい婚約者もいたそうです。

事務所に保管されていた日記ノーとには、岡田有希子さんの峰岸徹さんへの想いや、喜ぶさま、成就しない恋と知った苦悩が綴られていたそうです。岡田有希子さんは峰岸さんに憧れ、プラトニックな愛を持ち続けて自殺したというのです。

2008年、峰岸徹さんは肺がんにより亡くなっています(享年65歳)。

岡田有希子の自殺の真相と新事実 神田正輝・舘ひろし

それから数か月後、週刊サンケイ(1986年6月12日号)が、岡田有希子さんが想いを寄せていたのは、峰岸徹さんではなく、神田正輝さんであったと報じました。

岡田有希子さんは事務所の先輩である松田聖子さんを通じて神田正輝さんと知り合い、神田さん一筋で、神田正輝さんの子どもを妊娠するに至っていたというのです。

ところが、1986年4月7日(岡田有希子さん自殺の前日)、松田聖子さんは神田正輝さんの子どもを妊娠していることを発表しました(妊娠4カ月)。

神田正輝さんは松田聖子さんを選んだことをショックに岡田有希子さんは自殺をしたと言うのです。

更には、神田正輝さんの所属する石原プロモーションは当時、絶大な力を持っており、峰岸徹さんに岡田有希子さんの恋愛相手となることを依頼したのだそうです。

別の週刊誌では、岡田有希子さんの本当の相手は、峰岸徹さんでも神田正輝さんでもなく、舘ひろしさんだと報じられました。

生前、岡田有希子さんは好みのタイプとして、藤竜也さん、舘ひろしさんを挙げていました。
こちらは岡田有希子さんと舘ひろしさんが並んだ時のもの。「ザ・ベストテン」と思われます。

okadayukiko-tachihiroshi
twitter.com

岡田有希子さんは嬉しくてたまらないといった表情をしていますね。

松田聖子さんと神田正輝さんを通じて舘ひろしさんと知り合った岡田有希子さんは恋に落ちますが、舘ひろしさんは遊びだったことを苦に自殺をしたというのです。

果たして真相はどうなのでしょうか。

神田正輝さん(65歳)、舘ひろしさん(66歳)は両名ともご健在ですので、もしこのどちらかが真実だったとしても、さすがに「爆報THEフライデー」では放送できないのではと思われます。

結局、テレビではたわいもない新事実が出て、美談として放送される可能性が高いです。

「爆報THEフライデー」での新事実と詳細については、情報が入り次第、追記していきます。

愛をください | 岡田 有希子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで岡田 有希子の愛をください。アマゾンならポイント還元本が多数。岡田 有希子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また愛をくださいもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

  1. SKです。当時のF専務の事をあえて匿名で山崎と書いてましたが。続きです。当時の話を振り返ると、「F専務が社長から電話が入ったので」と付き人と有希子を残して部屋を出た後、有希子がトイレに行くので、付き人がついても行かずに、屋上から飛び降りをさせてしまったと。話が都合よすぎてはいませんかね。F専務・マネージャー・社長の三人の緊急記者会見では、あわあわした様子なく、溝口マネージャー以外は冷静にも見えました。何か隠しているんでは?ともみれましたが。当時自殺のほこさきは峰岸とおるさんにむけられ、かわいそうな気がしました。ただ自殺の前日に一切電話をしてないと嘘をついたのは、自殺の後でファンの逆襲他色々かんがえられるので、本当の事を言う訳がないのもわかりますが。自分の書いた文が全てでたらめだったにしても、自殺を許してしまったF専務に重大な過失があるようにも思え。ほこさきは峰岸徹さんにすりかえられてた気がしてなりません。

  2. SKです。続きとなりますが…。急遽休みとなったのは4/8の事で4/7の元のオフと合わせて連休となり、訂正です。有希子の自殺後峰岸は後の森本ワイドで、前日に電話のやりとりは、「してない」と言ってましたが、これは死人に口無しの真っ赤な嘘だったと思われます。33年経って冷静に考えると、一度目の自殺未遂は男女関係のもつれかもしれないですが?2度目の自殺は、誰が自殺に追いやったのか?ということになります。数学の理論からしても、有希子が屋上を乗り越え着地した地面にたどり着くには、助走をつけふみきり版でもない限り落ちた場所に着地するのは不可能だったと思います。飛び降りたのは屋上じゃなく社長室7階だったのが正解。社長室から飛び降りるにしても、窓を開ける時間に数秒時間がかかるのでは…一緒にいた筈は山崎専務と女性の付き人。なぜこの二人のいる前で有希子が飛び降りなきゃいけなかったのか?最初の自殺は色々噂されてました俳優陣かもしれないですが「未遂」で終わって生きているので攻める必用もあるのか?と思いました。故相澤会長が10年後に全てを暴露するような事を言ってましたが、結局そのまま他界。有希子を2度目の自殺に追いやったのは、誰でしたと言える訳が有りません。有希子が「ちょっとティッシュを…」とトイレに行った振りをしてそのまま屋上から飛び降りたは、作り話もいいとこです。後に溝口マネージャーがサンミュージックのトイレで自殺はご存知。故相澤社長も故溝口マネージャーももう少し早く事務所に着いていたら。と後悔してもしきれなかったでしょうね。

  3. 他のサイトでも書かさせてもらってます。SKと申します。自分も34年目の真相ということで、色々調べてきましたが、有希子がロッキー4の試写会の後友人を待たせて、公衆電話から峰岸宅に電話をしていたみたいで。その時峰岸のフィアンセとお話ししたかと推測されます。有希子もそれまでに峰岸に結婚相手が居るとは思ってなかっただろうし。何度か強引に待ち合わせの時間も、峰岸は来なかった。4月7日は急遽休日になり、この日前の恋人神田正樹の松田聖子との妊娠報道。少し前の遠藤やすこの自殺も手伝ってか。「私はただ遊ばれていただけ」と気がついた時、生きる気力を無くした。妊娠報道の次の日に飛び降り自殺。4/7の妊娠報道は有希子も知ってた筈だし。峰岸とはっきりけじめをつけたかったのだろう。夜中成城を歩いていたのは事実だし。3月終わりぐらいから、有希子はおかしくなっていた。

  4. 早く真実を知りたいただのぶりっ子だったのか?でもそれってSMAPぐらいショックだわー。真面目なふりしてー。どのぐらい見たいなねー。でもファンだっらたの子の子見て怖がらずに子どもうめて2人子ども男幸せです!不感症女とかも言われて可愛そうだと思いますー。事実が言えなかった悔しさありそうですね

  5. そもそも単一的な理由だと断定すること自体が愚考。
    誰とどうとかではなく
    誰と誰が絡み自分がどうで周りがどうか。
    それぞれが纏わりついて心が逃げられなくなる。
    悲劇のヒロイン思考が膨らむときもあれば単純な恥、知られてようと知られてまいと自分の浮気などから逃げることもある。

  6. 真実を知っているのは岡田有希子本人のみ。
    もはや、永遠の謎だ。

  7. 亡くなられて翌日報道されているのに
    その前に警察関係者から聞いただと
    コメントでも嘘を書く奴がいるのには本当に呆れるわ

  8. 当時、自死が報道されるより前に、警察関係者から舘ひろし氏が原因でと聞きました。

    その後、館氏と同じプロダクションの年配のおじさん俳優が相手と報道されたので驚きました。

    おじさん俳優もさっさと認めてました。

    推測ですが、若手人気トップの館氏を守るためだったのでしょう。

    真相は永遠に分からないでしょう。

    分かるのは、マスコミや、テレビの言うことなんか今も昔も信用できないと言うことと、芸能界は恐ろしい所と言うことでしょう。

    今でも話題になるのは、それだけ衝撃的な事件だったからでしょう。

    • 芸能界が恐ろしいと言うより嘘が多いマスコミやネットの情報が尚更
      恐ろしくさせているようだ

  9. やはりヒドイ男だな!

  10. そんな、見てたわけでもないのに
    何が真実だなんて社長と専務と付き人の女と本人以外にはわからない

  11. 芸能人大変やな

  12. 今年で33回忌かな?真実は佐藤佳代しかしらない、その商品が投身自殺したからこの女は生きる事をやめた、別に死ぬ事もないのにな。命を無駄にしただけ!当時ファンでもないが生きようが死のうが自分次第。

  13. 早く知りたいです。神田さんたちさんどっちななんで石原裕次郎なの?松田聖子はやりそうだー。岡田有希子さんはめられたの??です匿名希望へーべ

    • あんまりガセネタ話を本気にしない方が良いですよ

  14. びっくりです。いまだかつて本当にわかっていないたちさん一緒に出演しただけじゃなかったのですか?この2人に聞いて見たいです。大好きな峯岸さんはなくなってるしだれにも話していないのだからー。なんだかかわいそうだしコネの人うかばれていないー。ですでもシック受けけても知りたいご冥福をお祈りします…。

    • 報道番組が嘘を伝える訳が有りません
      神田正輝や館ひろしの話は週刊誌売上目的に作られたガセネタ話です

  15. 新聞社に送った文面が知りたいです。かってに手が動いてます。ゆきこさんはどうしてしんだんですか?気持ちがかわらなかったのですか?。現代病だったような気がします。今さわがれるのは嫌みたいですが私この頃子供でき怖くて忘れましたがまた出会いました

  16. 真相は石原裕次郎の生贄。その為に館・神田・峰岸の三枚でカバー。

    • 石原裕次郎が相手。峯岸は、仕事を餌に作られた身代わり。昔も今も裕次郎のイメージ を守るため謎扱いのゆっこのじさつのしんじつ。

  17. いうほど美人でもなかった

  18. 家庭環境が複雑だった事も関係していると思う。父親は有希子さんが出来た時、中絶を迫ったらしい。今日聞かされてまだ記事を読んでいないが。父親はもう子供は要らないと思ったのか、他の理由が有ったのか…。Wikipediaを読んだが、胎盤異状で出産時は危険だったと。 有希子さんは中学生の時に、両親の離婚の話し合いを聞きガス自殺を図った。その為離婚出来ず、佳代(有希子)が20歳になったら離婚すると決めていた。実際に有希子さんが他界した後、両親は離婚した。 石原プロとサンミュージックは、枕営業の関係だったと。でも石原プロが枕営業でイメージダウンを嫌がった。峰岸徹さんを身代わりにして、有希子さんに関するインタビューをさせた。石原プロは峰岸さんを悪者にする代わりに、仕事を増やすと条件を出したという説が出ている。

  19. 違いますよ。
    当時、峰岸さんも館さんも成城に自宅が
    ありましたよ。
    3月21日のことがきっかけにはなったと
    思います。

    神田さんは、見当違いもいいところです。

    仕事の面でも、努力ではどうにもならない
    ことを悟ったり、あんなに喜んだ
    レコ大が出来レースだったことなど、
    憤ってたのもあると思います。