友山裕之助が真由子の結婚相手!旦那の顔画像と経歴プロフィール、馴れ初めとは?

津川雅彦さんの娘で女優の真由子さん(44歳)が俳優の友山裕之助(ともやまゆうのすけ)さん(45歳)と結婚していたことが報じられました。結婚相手の友山裕之助さんは、どのような人物なのでしょうか。

友山裕之助さんの顔画像や経歴プロフィール、10年来の交際関係にあった真由子さんとの馴れ初めについて調べてみました。




友山裕之助が真由子の結婚相手【顔画像】

友山裕之助のWikiプロフィール

本名:友山裕之助(ともやまゆうのすけ)
出身地:東京都中央区
生年月日:1973年2月16日
年齢:45歳(2018年8月現在)
職業:俳優
家族:両親、弟、妹
事務所:アクターズプロモーション(2007年5月破産) → ユニット N.A.S.

真由子のWikiプロフィール

本名:加藤真由子(かとうまゆこ)
出身地:東京都世田谷区
生年月日:1974年3月18日
年齢:44歳(2018年8月現在)
身長:164㎝
特技:日本舞踊、三味線、英語
趣味:ゴルフ、スキー、スキューバーダイビング

出身大学:早稲田大学第二文学部卒業
出身高校:インターナショナルスクール
職業:女優

家族:父親(津川雅彦)、母親(朝丘雪路)
事務所:グランパパプロダクション

友山裕之助と真由子の馴れ初めは?

友山裕之助さんと真由子さんの馴れ初めは、今から10年以上前の2007年以前になります。

当時、友山裕之助さんはアクターズプロモーションに所属して、刑事ドラマにゲスト出演する等していましたが、アクターズプロモーションは資金繰りが悪化して、当時の社長が自殺、2007年5月16日に事務所は破産となってしまいました。

そこで、同月、真由子さんは、友山裕之助さんと一緒に劇団ユニットN.A.S.を旗揚げします。

この時点で、ある程度、真由子さんと友山裕之助さんは親しい間柄にあったものと思われます。

こちらは2006年に設立された友山裕之助さん公認のmixiコミュニティの画像になります。33歳頃の友山裕之助さんはめちゃイケメンですね。

そして、こちらは、劇団ユニットN.S.A.旗揚げ後の2007年9月の公式ブログの画像になります。34歳頃の友山裕之助さんになります。

2008年:友山裕之助と真由子は結婚を考える仲だった

恋人同士となった2人は結婚も考える仲となりましたが、父親に結婚の話しができるような状況ではありませんでした。

2008年末、真由子さんの父親の津川雅彦さんは経営するおもちゃ店「グランパパ」がバブル崩壊で6億円以上の負債を抱えてしまいます。

負債返済のため35年間住んだ世田谷の自宅も手放さなければいけなくなり、結婚の話しどころではなかったとのことです。

それでも2人の交際はしっかりと続いていたようで、

こちらは、お笑いタレントの大森うたえもんさんが2009年5月6日に自身のブログに投稿した画像ですが、向かって右に写っているのは、真由子さんと友山裕之助さんです。

真由子さんのお薦めの三宿の隠れ家に大森うたえもんさん夫婦と一緒に食事に訪れた時のもので、真由子さんと友山裕之助さんの親密度合いが見て取れます。

津川雅彦は友山裕之助を真由子の結婚相手を認めなかった

津川雅彦さんは最近まで、友山裕之助さんを真由子さんの結婚相手として認めることはなかったといいます。

津川雅彦さんの真由子さんへの溺愛ぶりは有名で、その大きな理由が、真由子さんが生後5か月の時に起こった誘拐事件でした。

当時(1974年)は、誘拐事件で人質が無事に戻ってきたケースは多くなく、津川雅彦さんは犯人を捕まえるために「娘の命は諦める」覚悟をしていました。

真由子さんの誘拐事件の経緯ついては、こちらの記事をご参照ください。

津川雅彦の娘の真由子を誘拐した犯人の名前や動機とは?完全犯罪ならずの誤算に迫る!
津川雅彦さんと朝丘雪路さんの一人娘の真由子さんが誘拐され、身代金を要求される事件が1974年に起こりました。 深夜に自宅から連れ去られた5か月の愛娘、真由子ちゃん。 誘拐犯人は時代の盲点をついた完全犯罪を目論んでいました。 犯...

奇跡的に無事に戻ってくることとなった娘の真由子さんを、津川雅彦さんはこれまで以上に愛するようになりました。

真由子さんも父親のことが大好きで、成人後も津川雅彦さんと一緒にお風呂に入ることをいとわなかったほどでした。

そんな津川雅彦さんにとっては、真由子さんの彼氏は誰でも反対する勢いだったようですが、それに加えて、友山裕之助さんは俳優の職業に就いているものの、売れている訳では無かったことが津川さんが結婚に反対した理由だったようです。

津川雅彦さんと朝丘雪路さんの娘の真由子さんを利用しているのではないか、と疑ったほどだったといいます。

そんな環境の中でも、真由子さんと友山裕之助さんの交際は続いていたようで、

津川雅彦さんの気持ちがやっと変わることになったのが、2014年に入ってからのことだったようです。

2014年は朝丘雪路さんの最後の舞台となった「花や…蝶や…」の公演があった年で、

真由子さんが演出・主演を務め、認知症の症状が出ているものの朝丘雪路さんは日舞の振付と出演にと活躍し、無事、千秋楽を迎えることができましたが、2人を支えてくれたのが友山裕之助さんだったのだそうです。

2016年頃には、真由子さんはエンゲージリングのようなものを付けていることが報じられるようになりました。

そして、朝丘雪路さんは2018年4月27日に82歳でお亡くなりになりましたが、最期まで見続けたのも真由子さんと友山裕之助さんだったのだそうです。

朝丘雪路さんが亡くなった後、自身も肺と心臓の病気を患っている津川雅彦さんは、自分に何かあった時のことを思い、娘の真由子さんと友山裕之助さんの結婚をついに許すこととなりましたが、津川雅彦さんの本名の加藤姓を守るため、友山裕之助さんに婿入りすることを条件としたとのこと。

真由子さんと友山裕之助さんは、朝丘雪路さんの四十九日が明けた後に婿入りする形で入籍となりました。

そして、朝丘雪路さんの一周忌が終わった来年には、2人は披露宴を予定していたとのことで、津川雅彦さんも真由子さんの花嫁姿を見ることを楽しみにしていたと言います。

残念ながら津川雅彦さんは2018年8月4日、心不全のため東京都内の病院で78歳で死去されました。

津川雅彦さんも、娘の真由子さんに見守られての最期だったとのことです。

きっとその真由子さんの横には友山裕之助さんもいらっしゃったのではないでしょうか。

津川雅彦の娘の真由子を誘拐した犯人の名前や動機とは?完全犯罪ならずの誤算に迫る!
津川雅彦さんと朝丘雪路さんの一人娘の真由子さんが誘拐され、身代金を要求される事件が1974年に起こりました。 深夜に自宅から連れ去られた5か月の愛娘、真由子ちゃん。 誘拐犯人は時代の盲点をついた完全犯罪を目論んでいました。 犯...







コメント