カラオケバトル2018春のグランプリ結果順位!優勝してトップ7になるのは誰?(2018年3月28日放送)

テレビ

2018年3月28日(水)に、THE カラオケバトル「2018春のグランプリ4時間SP」が放送されるので、出演者20名のプロフィール(動画有)、曲名や得点、A、B、Cブロックに分かれた予選と決勝、優勝者が誰になるのかの結果順位を4ページに分けて更新していきます。

2018春のグランプリ」は、U18四天王堀優衣(トップ7兼)、鈴木杏奈(トップ7兼)、佐久間彩加」(佐々木麻衣さんは不参加)や「RiRiKA宮本美季翠千賀熊田このは海蔵亮太」ら今日現在の『トップ7』の称号を持つメンバーを始め、2017年4月からの得点ランキング上位20人だけが出場できる半年に1度のカラオケバトル頂上決戦です。

決勝に進出した出演者7名が新しい『トップ7』の称号を手にすることができます。

2018年間チャンピオン決定戦(2018年10月17日放送)の結果はこちらから

カラオケバトル2018年間チャンピオン決定戦結果順位!優勝は誰?(2018年10月17日放送・出演者と曲目一覧)
2018年10月17日(水)夜6時55分から、THE カラオケバトル2018年間チャンピオン決定戦4時間SPが放送されるので、優勝者が誰になるのか、新トップ7に入れ替わりはあるのか、出演者18名のプロフィールと、曲目一覧や得点を予選・セミフ...




「カラオケバトル2018春のグランプリ」3月28日の出演者と曲、予選結果

2018春のグランプリ出演者20名

Aアマチュアブロック Bプロブロック Cプロブロック
熊田このは(中3)TOP7 岡田賀江 須藤香菜
小豆澤英輝(高3) Daisy×Daisy 坂本理沙
鈴木杏奈(中2)TOP7・U18四天王 安藤常光 高橋りな
前田麻耶(大1) おかゆ 宮本美季 TOP7
佐久間彩加(中1)U18四天王 海蔵亮太 TOP7 KIKURI
堀優衣(高2)TOP7・U18四天王 翠千賀 TOP7 中村萌子
元永航太(高3) RiRiKA TOP7

*各ブロック上位2名が決勝に進出することが出来ます。
*各ブロック上位2名に加えて、予選敗退者の中から最高得点者1名が敗者復活枠で決勝進出をすることが出来ます。
*Bブロックを今すぐ読む
*Cブロックを今すぐ読む
*決勝戦を今すぐ読む

これまでのトップ7
・鈴木杏奈(中2)
・堀優衣(高2)
・熊田このは(中3)
・宮本美季(ジャズ)
・翠千賀(オペラ)
・海蔵亮太(カラオケ世界王者)
・RiRiKA(元宝塚)

 

現在のU-18四天王
・鈴木杏奈(中2)
・堀優衣(高2)
・熊田このは(中3)
・佐々木麻衣(16歳)*2018春のグランプリは不参加

Aブロック 最強アマチュアブロック

A-1.熊田このは(トップ7)


2017年8月23日「U-18歌うま甲子園」優勝
予選曲「見えないスタート(BENI)」(99.571点)
■プロフィール
福島県郡山市在住、くまもんLOVEの15歳・中学3年生。
カラオケバトルデビュー7ヶ月でトップ7入りしたU-18最強の超新星!
2017年3月のU-18歌うま甲子園春の選抜新人戦に初出場し予選・決勝共に99点台で初優勝!(予選99.433点・決勝99.102点)
2017年8月23日U-18歌うま甲子園優勝(予選99.571点・決勝99.702点)。
2017年10月18日年間チャンピオン決定戦で敗者復活で決勝進出となりトップ7となる(予選99.472点・決勝98.825点)。
■曲目:サクラ~卒業できなかった君へ~(半崎美子)
■得点:99.161

A-2.小豆澤英輝


■プロフィール
島根県出身。
生年月日:1999年8月5日(18歳・高校3年生)
地元島根の高校を卒業し、この春からは上京し明治学院大学へ進学する。
母と二人三脚の哀愁ボイスの最強男子。
2014年第2回歌唱王優勝。
2017年6月U-18歌うま甲子園・夏の頂上決戦予選で100点満点を獲得(U-18男子史上初)
■曲目:KissHug(aiko)
■得点:99.123
■ゲストコメント:
野口五郎「お母さんの教え方が上手くて・・・いつプロになってもおかしくない」

A-3.鈴木杏奈(トップ7・U-18四天王)


2017年6月21日「U-18歌うま甲子園2017夏の頂上決戦」優勝(予選100点・決勝99.586点)
予選曲「Diamonds<ダイアモンド>(PRINCESS PRINCESS)」
■プロフィール
栃木県下都賀郡在住の14歳・中学2年生。
初出場は2014年5月の小学5年生の時で、3年にわたりU-18大会を牽引する実力者。
2016年11月U-18歌うま大甲子園・王座決定戦優勝(予選99.852点・決勝99.802点)
2017年6月U-18歌うま大甲子園・夏の頂上決戦優勝(予選100点・決勝99.586点)
2018年1月U-18歌うま大甲子園・最強王座決定戦準優勝(予選100点・決勝99.749点)
■曲目:六本木純情派(荻野目洋子)
■得点:99.691

A-4.前田麻耶(大学生王者)


2018年1月31日「全日本大学生歌うま王決定戦2018」優勝(予選98.776点・決勝99.603点)
決勝曲「NAO(HY)」
■プロフィール
北海道北広島市在住、胆振管内むかわ町出身。
星槎道都大社会福祉学部1年の19歳。
駒澤大学付属苫小牧高校在学時からカラオケバトルに出場し、天真爛漫で毎回、超高得点を出すも優勝経験がなかったが、高校卒業後の2017年5月の全日本大学生歌うま王決定戦2017で優勝(予選100点・決勝99.812点)、続く2018年1月の全日本大学生歌うま王決定戦2018で優勝(予選98.776点・決勝99.603点)し二連覇を果たす。
優勝をたたえ、大学から学食3カ月分の食券を贈られました。
■曲目:長い間(Kiroro)
■得点:98.697

A-5.佐久間彩加(U-18四天王)


2018年2月21日「U-18歌うま甲子園 四天王争奪戦」優勝(予選99.458点、決勝99.368点)
決勝曲「未来予想図Ⅱ(DREAMS COME TRUE)」
■プロフィール
東京都多摩市在住の13歳の中学1年生。身長149㎝。
弱音発言をしながらも高得点連発の規格外歌姫。
2017年2月の春のグランプリ予選で、番組史上初の小学生で100点満点を出し最年少トップ7となるも、秋の年間チャンピオン決定戦でまさかの予選敗退となりトップ7から陥落する。
U-18四天王の1人である竹野留里ちゃんの広告卒業により空いた1枠を争う2018年2月のU-18歌うま甲子園・四天王争奪戦で優勝し、新U-18四天王となり復活を果たす。
2017年2月8日チャンピオンズカップ2017優勝(決勝99.396点)
■曲目:流星群(鬼束ちひろ)
■得点:99.514

A-6.堀優衣(トップ7・U-18四天王)


2017年10月18日「2017年間チャンピオン決定戦4時間スペシャル」優勝(予選99.661点・決勝99.956点)
決勝曲「GetAlong Together(山根康弘)」
■プロフィール
2017年の年間チャンピオンとなった7冠の最強高校生。
栃木県足利市在住、17歳の高校2年生。
2016年春のグランプリ優勝。
2017年10月2017年間チャンピオン決定戦優勝(予選99.661点・決勝99.956点)。
地元足利市では「あしかが輝き大使」に就任。
■曲目:WILL(中島美嘉)
■得点:99.978

音程正確率97% 表現力96点 ロングトーン5 安定性10 リズム真ん中 ビブラート4.5
ほぼすべての項目で文句なし。ビブラートの減点(0.5)が無ければ100点の可能性あり。

A-7.元永航太(U-18最強王者)


2018年1月4日「U-18歌うま大甲子園最強王座決定戦」優勝
決勝曲「待っている女(五木ひろし)100点」
■プロフィール
2018年1月4日放送の2017年U-18歌うま大甲子園・最強王座決定戦で予選・決勝ともに100点を獲得し初優勝を果たす。
大分県宇治市出身では歌うま男子として有名な高校3年生(18歳)。
祖父の影響で幼い頃から演歌漬けの日々を過ごす三山ひろしファンの演歌男子。
この春、地元の中津東高校を卒業し4月からはジムの仕事に就くとのこと。
■曲目:ちょっと、せつないな(山内恵介)
■得点:99.646

Aブロック得点結果まとめ

元永航太99.646
ちょっと、せつないな(山内恵介)

出場者 Aブロック予選得点と結果
熊田このは 99.161
サクラ~卒業できなかった君へ~(半崎美子)
小豆澤英輝 99.123
KissHug(aiko)
鈴木杏奈 99.691
六本木純情派(荻野目洋子)
前田麻耶 98.697
長い間(Kiroro)
佐久間彩加 99.514
流星群(鬼束ちひろ)
堀優衣 99.978
WILL(中島美嘉)




Bプロブロック

B-1.岡田賀江


2017年11月22日「歌の異種格闘技戦ルーキーズカップ」優勝(予選98.692点・決勝99.038点)
決勝曲「PRIDE(今井美樹)」
■プロフィール
広島カープの菊池選手激オシの歌姫
3歳年上の姉の真実さんと音楽ユニット「Mebius」を結成し2008年にメジャーデビューし、広島を拠点に活動するご当地シンガー。
■曲目:あなたに逢いたくて~Missing You~(松田聖子)
■得点:98.379

B-2.DaisyXDaisy


2018年2月28日「2018春のグランプリ最終枠争奪戦」優勝(予選99.516点・決勝99.611点)
決勝曲「あなたに逢いたくて~Missing You~(松田聖子)」
■プロフィール
不思議系和風アニソンシンガー
生年月日:1983年10月4日(34歳・自称永遠の10歳)
出身地:愛媛県新居浜市
全世界で人気の漫画「FAIRY TAIL」のアニメ版のテーマ曲を歌うアニソン界で人気のアニソンシンガー。
アニソンシンガーなのにこぶしが武器!
その訳は、実家は30年以上続くカラオケ教室で、幼い頃から演歌の英才教育を受けて育ったから。
2017年12月20日「最強女子ボーカリストカップ2017」準優勝
2018年2月28日「2018春のグランプリ最終枠争奪戦」に優勝し2018春のグランプリに出場を果たす。
■曲目:桜色舞うころ(中島美嘉)
■得点:99.528

B-3.安藤常光


2018年1月17日「歌の異種格闘技戦」3位
決勝曲「ふれあい(中村雅俊)」100点
■プロフィール
音楽の世界を極めたオペラ教授48歳。
「最低でもトップ7、そして、革命の旗手になる!」と豪語する。
東京藝術大学生学科卒業後、3年間ドイツへ留学。
若手オペラ歌手の登竜門と言われるラインスベルク音楽祭で日本人唯一のソリストに選出される。
現在は、石川県国立金沢大学で音楽教師を目指す学生達を指導する大学教授。
日本最高峰のオーケストラ「東京交響楽団」で100人規模の大合唱を束ねる指揮者としても活躍。
2018年1月17日「歌の異種格闘技戦」で予選98.746点、決勝で100点を獲得するも予選・決勝ともに100点を出した宮本美季に敗れている。
■曲目:スローモーション(来生たかお)
■得点:98.495

B-4.おかゆ


2017年10月11日「2017年間チャンピオン最終枠争奪戦」優勝
決勝曲「酒と泪と男と女(河島英五)」
■プロフィール
歌手を目指していた亡き母の夢を受け継ぎ、夜の盛り場をギター片手に渡り歩く「平成の女流し」26歳。
哀愁漂う歌声が武器。
2017年4月12日歌の異種格闘技戦ルーキーズカップで初参戦(予選98.156点・決勝97.647点で3位)
2017年10月11日2017年間チャンピオン最終枠争奪戦優勝(予選99.260点・決勝99.250点)
2017年12月20日最強女子ボーカリストカップ優勝(予選99.007点・決勝99.550点)
■曲目:ごめんね・・・(高橋真梨子)
■得点:97.260

B-5.海蔵亮太(トップ7)


2017年4月26日「全国統一最強歌うま王決定戦」優勝(予選99.668点・決勝99.840点)
予選曲「素直(槇原敬之)」
■プロフィール
今年6月メジャーデビューを決めたアカペラ日本一&カラオケ世界一の最強王者
世界最大のカラオケ大会「KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS」の2016年優勝者(日本人で2人目の快挙)
大学時代にアカペラ大会で優勝(グループのリードボーカル)
■曲目:たいせつなひと(さだまさし)
■得点:99.978
音程96% 表現力98点 ロングトーン4.5 安定性10 リズム真ん中 ビブラート4.5
ほぼすべての項目が高評価!

B-6.翠千賀(トップ7)


2017年6月14日「歌の異種格闘技戦」優勝(予選99.484点・決勝100点)
決勝曲「千の風になって(秋川雅史)」
■プロフィール
東京芸大卒の「高音オペラ魔女」
2016年間チャンピオン決定戦で予選・決勝ともに100点を獲得し、林部智史・宮本美季とともに年間チャンピオンに輝く。
これまで優勝5回を数え2年半トップ7として君臨するも、2018年1月17日歌の異種格闘技戦では、初出所湯の須藤香菜(99.762点)に99.758点の僅差で敗れ予選敗退となる。復活をかけ、春のグランプリに挑む。
■曲目:いい日旅立ち(山口百恵)
■得点:99.979

Bブロック得点結果まとめ

出場者 Bブロック予選得点と結果
岡田賀江 98.379
あなたに逢いたくて~Missing You~
Daisy×Daisy 99.528
桜色舞うころ(中島美嘉)
安藤常光 98.495
スローモーション(来生たかお)
おかゆ 97.260
ごめんね…(高橋真梨子)
海蔵亮太 99.978
たいせつなひと(さだまさし)
翠千賀 99.979
いい日旅立ち(山口百恵)




Cプロブロック

C-1.須藤香菜


2018年1月17日「歌の異種格闘技戦」準優勝
決勝曲「カントリー・ロード」(100点)
■プロフィール
実力モンスター級のミュージカル女優
2018年1月17日「歌の異種格闘技戦」で初出場し、予選99.762点(初出場史上最高点)、決勝で100点を獲得するも、予選・決勝共に100点を出した宮本美季さんに続いて準優勝となる。
■曲目:夢やぶれて‐ I DREAMED A REAM-(華原朋美)
■得点:99.638

C-2.坂本理沙


■プロフィール
挫折を味わったカラオケ世界大会日本代表シンガー
世界最大のカラオケ大会「KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS」の2017年日本代表
生年月日:1994年6月8日(23歳)
愛媛県松山市出身。
日本人の父親とフィリピン人の母親(クレアさん)を持つハーフ。
約6000組の参加したCmオーディションでグランプリを獲得しレオパレス21のCMソング「それぞれの夢」のボーカルに抜擢される。
2017年アニメ「進撃の巨人」テーマ曲のボーカルにも抜擢される現在、注目のシンガー。
R!N/Gemieの名前で活動中。
2018年1月17日「歌の異種格闘技戦」では予選で99.439点の高得点を出すも、99.762点を獲得した須藤香菜に僅差で敗れ予選敗退となりました。
■曲目:Anniversary(KinKi Kids)
■得点:99.360

C-3.高橋りな


2017年12月20日「最強女子ボーカリストカップ2017」3位
決勝曲「僕が一番欲しかったもの(槇原敬之)」
■プロフィール
オスカープロモーション所属の23歳のモデルシンガー。
去年2017年9月にカラオケバトル出演をきっかけに念願のメジャーデビューを果たし、剛力彩芽主演ドラマ「フェイス―サイバー犯罪特捜班―」の主題歌「ネガイボシ」を歌う。
2017年12月20日最強女子ボーカリストカップ2017(予選99.453点・決勝98.775点)
■曲目:M(PRINCESS PRINCESS)
■得点:98.310

C-4.宮本美季(トップ7)


2018年1月17日「歌の異種格闘技戦」優勝(予選100点・決勝100点)
予選曲「OPEN ARMS(JOURNEY)」
■プロフィール
1983年10月17日生まれの34歳。
東京・私立吉祥女子高等学校音楽科を卒業後、2003年米名門のバークリー音楽大学に進学し、2005年に2年半で飛び級卒業、2006年の年間最優秀賞を受賞した超エリートジャズシンガー。
2016年間チャンピオン(予選・決勝ともに100点を獲得し、林部智史・翠千賀とともに優勝に輝く)
2017年9月6日歌の異種格闘技戦20優勝(予選100点・決勝100点)
唯一手にしていないタイトルである「春のグランプリ」獲得を目指す。
■曲目:春の歌(スピッツ)
■得点:99.687

C-5.KIKURI

2017年10月11日「2017年間チャンピオン決定戦 最終枠争奪戦」
予選曲「逢いたくていま(MISIA)」
■プロフィール
強面なのにとってもフレンドリーで歌声は優しい。
2004年、彼の歌声にほれ込んだEXILEのATSUSHIが自身の男性4人組コーラスグループ「COLOR」に抜擢、現在はソロで活動中のR&Bシンガー。
■曲目:川の流れのように(美空ひばり)
■得点:99.040

C-6.中村萌子


■プロフィール
最もトップ7になりたい不屈の女ミュージカル・シンガー
2016年3月23日プロ激オシ!新生シンガースペシャルで初出場初優勝。
その後も高得点を連発するも、トップ7の宮本美季、翠千賀の前に敗れてきた。
2017年3月14日2017春のグランプリ4時間スペシャルでは、99.541点を出すも宮本美季(99.732点)に敗れ、予選8位(7位は99.587点で佐々木麻衣)、
2017年10月18日2017年間チャンピオン決定戦では99.330点で、翠千賀(99.561点)に敗れ、連続で予選8位となる(7位は99.362点でRiRiKA)。
■曲目:花の首飾り(ザ・タイガース)
■得点:99.751点
音程正確率98% 表現力95点 ロングトーン5 安定性10 リズム真ん中 ビブラート4.5
音程正確率が圧巻!表現力もハイレベル。

C-7.RiRiKA(トップ7)


2017年3月15日「2017春のグランプリ 4時間スペシャル」優勝(予選99.910点・決勝99.985点)
決勝曲「時の流れに身をまかせ(テレサ・テン)」
■プロフィール
2017年春のグランプリ王者が連覇を狙う。
感情が高ぶり泣きながらも高得点をたたき出す宝塚の涙ジェンヌ。
宝塚89期生「花咲りりか」として花組娘役として活躍。
これまでの優勝は6回を数える。
■曲目:見えないスタート(BENI)
■得点:99.526

RiRiKaさん、2年半守り続けてきたトップ7から、まさかの陥落となりました。

Cブロック得点結果まとめ

RiRiKA99.526
見えないスタート(BENI)

出場者 Aブロック予選得点と結果
須藤香菜 99.638
夢やぶれて‐ I DREAMED A REAM-(華原朋美)
坂本理沙 99.360
Anniversary(KinKi Kids)
高橋りな 98.310
M(PRINCESS PRINCESS)
宮本美季 99.687
春の歌(スピッツ)
KIKURI 99.040
川の流れのように(美空ひばり)
中村萌子 99.751
花の首飾り(ザ・タイガース)




決勝戦 新トップ7と曲・得点結果 優勝者は誰?

敗者復活枠はAアマチュアブロックの元永航太くん(99.646点)になりました。
決勝戦では、予選の得点が低いメンバーから順番に歌いその都度、得点発表となります。

1.元永航太(予選99.646)
決勝曲:憧れのハワイ航路(岡晴夫)
得点:98.984
「トップ7になって嬉しいという気持ちから今までずっと頭真っ白で・・・」
初のトップ7で気持ち良く歌い過ぎて得点が延びませんでした。

2.宮本美季(予選99.687)
決勝曲:太陽と埃の中で(CHAGE and ASUKA)
得点:99.928
決勝曲の得点が3日前からガタンと落ちたため、この3日間はこの曲しか練習で歌っていなかったのだそう。
そのため、予選曲の得点は伸びなかったようですが、さすがの得点をたたき出しました。

3.鈴木杏奈(予選99.691)
決勝曲:美しき残酷な世界(日笠陽子)
得点:99.726
パワフルな歌声で100点を狙いに行くも宮本美季さんに0.202点届かず敗退となりました。

4.中村萌子(予選99.751)
決勝曲:風唄(森山直太朗)
得点:98.225
春のグランプリのディフェンディングチャンピオンのRiRiKAと宮本美季をやぶりCブロックトップ通過をしトップ7となるも、油断したのか点数が伸びませんでした。

5.堀優衣(予選99.978)
決勝曲:You’re the Only…(小野正利)
得点:99.486
宮本美季に「だてに場数踏んでないので..完璧です」と言わしめた魂の熱唱を披露するもわずか及ばず。
「難しいですね・・・」連覇とはなりませんでした。

6.海蔵亮太(予選99.978)
決勝曲:薔薇のように咲いて桜のように散って(松田聖子)
得点:99.806
宮本美季「個人的にものすごく好みの声なんで..だけど譲りません!」
海蔵亮太「きびしい・・」

7.翠千賀(予選99.979)
決勝曲:愛は時を越えて(大橋純子)
得点:99.668
翠千賀「練習どおりいってれば軽く超えてる点数だと思います!」
宮本美季「負けすぎです、私、この方に。今日勝たなかったらヤバいです」

2018春のグランプリ優勝は、宮本美季さんです!

決勝戦 新トップ7と曲・得点結果まとめ

新トップ7 予選・決勝得点と結果
元永航太 98.984(予選99.646)
憧れのハワイ航路(岡晴夫)
宮本美季 99.928(予選99.687)
太陽と埃の中で(CHAGE and ASUKA)
鈴木杏奈 99.726(予選99.691)
美しき残酷な世界(日笠陽子)
中村萌子 98.225(予選99.751)
風唄(森山直太朗)
堀優衣 99.486(予選99.978)
You’re the Only…(小野正利)
海蔵亮太 99.806(予選99.978)
薔薇のように咲いて桜のように散って(松田聖子)
翠千賀 99.668(予選99.979)
愛は時を越えて(大橋純子)

https://shirutoku.info/karaokebatoru-20180228


https://shirutoku.info/20180104-u18







コメント