カラオケバトル2018春のグランプリ結果順位!優勝してトップ7になるのは誰?(2018年3月28日放送)

この記事は12分で読めます

2018年3月28日(水)に、THE カラオケバトル「2018春のグランプリ4時間SP」が放送されるので、出演者20名のプロフィール(動画有)、曲名や得点、A、B、Cブロックに分かれた予選と決勝、優勝者が誰になるのかの結果順位を4ページに分けて更新していきます。

2018春のグランプリ」は、U18四天王堀優衣(トップ7兼)、鈴木杏奈(トップ7兼)、佐久間彩加」(佐々木麻衣さんは不参加)や「RiRiKA宮本美季翠千賀熊田このは海蔵亮太」ら今日現在の『トップ7』の称号を持つメンバーを始め、2017年4月からの得点ランキング上位20人だけが出場できる半年に1度のカラオケバトル頂上決戦です。

決勝に進出した出演者7名が新しい『トップ7』の称号を手にすることができます。




「カラオケバトル2018春のグランプリ」3月28日の出演者と曲、予選結果

2018春のグランプリ出演者20名

Aアマチュアブロック Bプロブロック Cプロブロック
熊田このは(中3)TOP7 岡田賀江 須藤香菜
小豆澤英輝(高3) Daisy×Daisy 坂本理沙
鈴木杏奈(中2)TOP7・U18四天王 安藤常光 高橋りな
前田麻耶(大1) おかゆ 宮本美季 TOP7
佐久間彩加(中1)U18四天王 海蔵亮太 TOP7 KIKURI
堀優衣(高2)TOP7・U18四天王 翠千賀 TOP7 中村萌子
元永航太(高3) RiRiKA TOP7

*各ブロック上位2名が決勝に進出することが出来ます。
*各ブロック上位2名に加えて、予選敗退者の中から最高得点者1名が敗者復活枠で決勝進出をすることが出来ます。
*Bブロックを今すぐ読む
*Cブロックを今すぐ読む
*決勝戦を今すぐ読む

これまでのトップ7
・鈴木杏奈(中2)
・堀優衣(高2)
・熊田このは(中3)
・宮本美季(ジャズ)
・翠千賀(オペラ)
・海蔵亮太(カラオケ世界王者)
・RiRiKA(元宝塚)

現在のU-18四天王
・鈴木杏奈(中2)
・堀優衣(高2)
・熊田このは(中3)
・佐々木麻衣(16歳)*2018春のグランプリは不参加

Aブロック 最強アマチュアブロック

A-1.熊田このは(トップ7)


2017年8月23日「U-18歌うま甲子園」優勝
予選曲「見えないスタート(BENI)」(99.571点)
■プロフィール
福島県郡山市在住、くまもんLOVEの15歳・中学3年生。
カラオケバトルデビュー7ヶ月でトップ7入りしたU-18最強の超新星!
2017年3月のU-18歌うま甲子園春の選抜新人戦に初出場し予選・決勝共に99点台で初優勝!(予選99.433点・決勝99.102点)
2017年8月23日U-18歌うま甲子園優勝(予選99.571点・決勝99.702点)。
2017年10月18日年間チャンピオン決定戦で敗者復活で決勝進出となりトップ7となる(予選99.472点・決勝98.825点)。
■曲目:サクラ~卒業できなかった君へ~(半崎美子)
■得点:99.161

A-2.小豆澤英輝


■プロフィール
島根県出身。
生年月日:1999年8月5日(18歳・高校3年生)
地元島根の高校を卒業し、この春からは上京し明治学院大学へ進学する。
母と二人三脚の哀愁ボイスの最強男子。
2014年第2回歌唱王優勝。
2017年6月U-18歌うま甲子園・夏の頂上決戦予選で100点満点を獲得(U-18男子史上初)
■曲目:KissHug(aiko)
■得点:99.123
■ゲストコメント:
野口五郎「お母さんの教え方が上手くて・・・いつプロになってもおかしくない」

A-3.鈴木杏奈(トップ7・U-18四天王)


2017年6月21日「U-18歌うま甲子園2017夏の頂上決戦」優勝(予選100点・決勝99.586点)
予選曲「Diamonds<ダイアモンド>(PRINCESS PRINCESS)」
■プロフィール
栃木県下都賀郡在住の14歳・中学2年生。
初出場は2014年5月の小学5年生の時で、3年にわたりU-18大会を牽引する実力者。
2016年11月U-18歌うま大甲子園・王座決定戦優勝(予選99.852点・決勝99.802点)
2017年6月U-18歌うま大甲子園・夏の頂上決戦優勝(予選100点・決勝99.586点)
2018年1月U-18歌うま大甲子園・最強王座決定戦準優勝(予選100点・決勝99.749点)
■曲目:六本木純情派(荻野目洋子)
■得点:99.691

A-4.前田麻耶(大学生王者)


2018年1月31日「全日本大学生歌うま王決定戦2018」優勝(予選98.776点・決勝99.603点)
決勝曲「NAO(HY)」
■プロフィール
北海道北広島市在住、胆振管内むかわ町出身。
星槎道都大社会福祉学部1年の19歳。
駒澤大学付属苫小牧高校在学時からカラオケバトルに出場し、天真爛漫で毎回、超高得点を出すも優勝経験がなかったが、高校卒業後の2017年5月の全日本大学生歌うま王決定戦2017で優勝(予選100点・決勝99.812点)、続く2018年1月の全日本大学生歌うま王決定戦2018で優勝(予選98.776点・決勝99.603点)し二連覇を果たす。
優勝をたたえ、大学から学食3カ月分の食券を贈られました。
■曲目:長い間(Kiroro)
■得点:98.697

A-5.佐久間彩加(U-18四天王)


2018年2月21日「U-18歌うま甲子園 四天王争奪戦」優勝(予選99.458点、決勝99.368点)
決勝曲「未来予想図Ⅱ(DREAMS COME TRUE)」
■プロフィール
東京都多摩市在住の13歳の中学1年生。身長149㎝。
弱音発言をしながらも高得点連発の規格外歌姫。
2017年2月の春のグランプリ予選で、番組史上初の小学生で100点満点を出し最年少トップ7となるも、秋の年間チャンピオン決定戦でまさかの予選敗退となりトップ7から陥落する。
U-18四天王の1人である竹野留里ちゃんの広告卒業により空いた1枠を争う2018年2月のU-18歌うま甲子園・四天王争奪戦で優勝し、新U-18四天王となり復活を果たす。
2017年2月8日チャンピオンズカップ2017優勝(決勝99.396点)
■曲目:流星群(鬼束ちひろ)
■得点:99.514

A-6.堀優衣(トップ7・U-18四天王)


2017年10月18日「2017年間チャンピオン決定戦4時間スペシャル」優勝(予選99.661点・決勝99.956点)
決勝曲「GetAlong Together(山根康弘)」
■プロフィール
2017年の年間チャンピオンとなった7冠の最強高校生。
栃木県足利市在住、17歳の高校2年生。
2016年春のグランプリ優勝。
2017年10月2017年間チャンピオン決定戦優勝(予選99.661点・決勝99.956点)。
地元足利市では「あしかが輝き大使」に就任。
■曲目:WILL(中島美嘉)
■得点:99.978

音程正確率97% 表現力96点 ロングトーン5 安定性10 リズム真ん中 ビブラート4.5
ほぼすべての項目で文句なし。ビブラートの減点(0.5)が無ければ100点の可能性あり。

A-7.元永航太(U-18最強王者)


2018年1月4日「U-18歌うま大甲子園最強王座決定戦」優勝
決勝曲「待っている女(五木ひろし)100点」
■プロフィール
2018年1月4日放送の2017年U-18歌うま大甲子園・最強王座決定戦で予選・決勝ともに100点を獲得し初優勝を果たす。
大分県宇治市出身では歌うま男子として有名な高校3年生(18歳)。
祖父の影響で幼い頃から演歌漬けの日々を過ごす三山ひろしファンの演歌男子。
この春、地元の中津東高校を卒業し4月からはジムの仕事に就くとのこと。
■曲目:ちょっと、せつないな(山内恵介)
■得点:99.646

Aブロック得点結果まとめ

出場者 Aブロック予選得点と結果
熊田このは 99.161
サクラ~卒業できなかった君へ~(半崎美子)
小豆澤英輝 99.123
KissHug(aiko)
鈴木杏奈 99.691
六本木純情派(荻野目洋子)
前田麻耶 98.697
長い間(Kiroro)
佐久間彩加 99.514
流星群(鬼束ちひろ)
堀優衣 99.978
WILL(中島美嘉)
元永航太 99.646
ちょっと、せつないな(山内恵介)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




Recommend

100円